エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
明治チョコレート[後編]
昨日の続きです。

新旧を比べてみると
非常に細かいところが一つ一つ丁寧に変更されたことが分かる。
(ミルクチョコレート 左が旧、右が新パッケージ。以下同じ。
パッケージデザインは明治製菓社内)

b0141474_1729286.jpg


ミルクチョコレートはまずMeijiのロゴ文字がやわらかいmeijiへ。
筆記体のMilk Chocolateが小文字のmilk chocolateへ、
上下を飾るラインは房飾り付きから、シンプルな棒線へ
上下の面に書かれた明治ミルクチョコレート、
MEIJI MILK CHOCOLATEの文字は細身に変わっている。

微妙なところでは、地色の茶色はやや黒味を押さえ、よりミルク感が高く、
またサイズも65gから58gと若干コンパクトになっている。

と、構成要素それぞれはかなり変わっているが、
基本フォーマットを崩していないので
消費者も「同じ商品なのだな」と理解できる。

b0141474_17293397.jpg

ブラックチョコレートはBLACK CHOCOLATE の文字が
セリフ体からサンセリフ体へ、

b0141474_17295114.jpg

ハイミルクチョコレートは、
Hiがやや長体になり、筆記体のMilkは丸みが掛かった。
どちらもCHOCOLATEがchocolateと小文字に変更されている。

違和感のないリニューアルという点では、
ブラックチョコレートとハイミルクチョコレートは
うっかりすると気がつかないほど。

さすがにミルクチョコレートはmeijiロゴの印象が強いので
変更のインパクトは大きい。


新しいロゴはこちら。

b0141474_17867.gif


欧文小文字だけ、
とろけるようなmの文字の隣に笑顔のようなe、
そして人が寄り添っているようなiji。
親しみやすさが増したこのロゴはランドーアソシエイツの作。

「ブランドカラーはレッド。躍動感や命のよろこびを感じさせる色であり、
人間が生まれて最初に知る色でもあります。赤ちゃんからお年寄りまで、
常に身近な暮らしの中にあって、お客さまから愛され続ける存在でありたいという、
明治グループの変わらぬ思いが込められています」(明治製菓 広報室)

明治製菓の方が言うように、ロングセラー商品には支持するお客さんがいて、
その愛着も蓄積されたものがある。
私などはデザイン遺産という意味で寂しい感じもするのだが、
とはいえ、デザイン遺産と声高に言う人が
そのために日々チョコレートを食べているか、というとそうではない。

「赤ちゃんからお年寄りまで」実際の消費者の気持ちになって、
今「お菓子を食べる幸せ」を表すとしたら、
新ブランドマークの柔らかさはぐっとその気持ちに近づいたと言える。

いや、ホントに目の前にチョコレート8枚、
見てるだけでとろけそうな気分なのだった。

明治ホールディングス
明治製菓と明治乳業の新しいブランドマーク
http://www.meiji.com/about_package/index.html
[PR]
by dezagen | 2009-09-30 21:44