エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
London6
ライター渡部です。
「London」とタイトルつけてみたものの
明治チョコレートを間に挟み、すでに東京に戻ってきたのだった。
今回はおこぼれ写真を。

最終日、デザインミュージアム、
10月4日まで開催のSuper Contemporary展内にて。
b0141474_2585462.jpg

展示内容はロンドンのデザインの今後を考察、提案するというものだが、
付属的に1960年〜現在まで、年表を壁に表示。
障子の桟のような板に、上から一般の出来事、グラフィック、ファッション、プロダクト
というように項目毎に資料を並べ、会場全部の壁をぐるりと飾っている。
年表があると分かりやすいと思った次第。
会場およびパンフレットのデザインはBibliothèque

以下、これ誰がデザインしたの?と問いたいもの。
b0141474_394221.jpg

リキッドソープJapanese Spa、日本のイメージは「年」。

b0141474_3102143.jpg

最近イギリスでは(サンフランシスコもそうだったけど)
真空パックになった肉パッケージが多い。
肉もプロダクトなんだな、と思わせる。

b0141474_3121823.jpg

イギリスのレストラン、バーは全面禁煙。
よってこのような壁付け型の灰皿を付ける場が大変に多いのだが
吸い殻を入れにくく、灰がこぼれずにはいられない。

b0141474_3141959.jpg

ロッタリー(いわゆる宝くじ)の陳列台。
えらい派手、かつ、場所食う。
小さい雑貨店などに設置してあるのだが
毎日外に出し入れしてる店は大変だ。

b0141474_3162227.jpg

中近東系食材店にて。酢のパッケージ。
プラスチックだけど昔の壷風。
学食のパフパフソース入れを思い出した。

最後、デザインがどうこうというものではないが
b0141474_3301618.jpg

The next bus stop is closed 次のバス停は使用されていません。
懇切丁寧であり、じゃあバスストップの表示出すなよ、でもあり。
いたるところ、お休み中の駅、バス停の多いロンドンらしい表示。

以上。
[PR]
by dezagen | 2009-10-01 03:31