エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
さよならイベント予習4
宮後のほうです。
さよならイベント前、最後の予習です。

前回お伝えした創刊号以降の特集については、
このブログの右下にあるブログパーツ
「HISTORY OF DESIGN」をご覧ください。
歴代バックナンバーの表紙が楽しめます。

バックナンバーを見直してみると、
80年代後半はバブルの真っ最中で
企業広告もたくさん入り、
特集も多岐にわたってます。
時代の勢いのようなものを感じます。

90年代前半には初めてコンピュータの特集が登場、
新しい時代の幕開けを感じさせる内容が続きます。
広告デザインや海外記事なども入るようになり、
さらに時代感のある雑誌になっていきます。

95年に誌面を大幅リニューアルし、
サブカルチャーや映像なども取り入れますが、
96年に再びリニューアルとなります。

90年代後半には印刷特集や本づくり特集などの
人気特集が登場。以後、定番の特集となりました。

2000年代前半は、デザイナーに役立つ特集を中心に
印刷、文字などのノウハウものが続きます。
この時期の特集の多くが書籍化されました。

2000年代後半は、定番もの以外の特集にも
挑戦しながら、新しいテーマを模索していきます。
デザイン誌が一気に増えたものこの頃です。

駆け足でみるデザ現の26年。
デザインは、時代やテクノロジーと密接に関わりながら
すごいスピードで動いているのが分かります。

そして今年はさらに大きな社会的変化の年。
今後どうなっていくのか、その続きはさよならイベントで。
[PR]
by dezagen | 2010-03-28 01:33 | イベント