エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
デザ現さよならイベント補足2
再度、渡部のほうです。
再度、さよならイベントの補足です。

これから大学に通うと言っていた、その日はまだ高校生の方。
質問が鋭かったですね。
「デザ現で同じ人ばかり取り上げられているのは今後どうなるのか」

箭内さんは
「デザイナーの生命力はすごい。絶対俺は一線から退かないっていう意識は強い。
しかし若者だから出られないわけではない。名前でデザインする時代は終わっていくと思う」
というようなことを言っていました。

私はデザイナーの生命力というか生涯現役感から、
デザイナーのアンチエイジング法を紹介する裏サイトを作る、
と言ってたような気がしますが、
まあ、それが実現するかどうかはさておき。

同じ人ばかり登場する。
これはデザインに限ったことではなく、
どんな業界にもありますね。
箭内さんも芸能界での大御所の話をしていました。

常に先輩の動きを伺っていると、目の上のたんこぶが気になります。
ので、手っ取り早い方法としては「追わない」ことです。
先輩の歩んでいない道を開拓していけばいいのです。
デザイン専門誌じゃないところで話題になってみる。
違うメディアを作ってしまう。
こういうのは勢いのある若い人のほうが強いと思います。

私はライターなので、もっと「これまでにない人」
「これまでにないもの」を探していく努力をしないといけません。
大御所の方に言われても、ビビらないで
「それ、ダサイと思います」とはっきり言えるようにならんと。
[PR]
by dezagen | 2010-04-02 16:12 | イベント