エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
ユルリク アトリエ訪問
渡部のほうです。

御茶ノ水、美篶堂さんが入っているビルに今年の3月から入居した、
クリエイティブユニット「ユルリク」のアトリエを訪ねた。

こちらの製品を見たことある方も多いのでは?

b0141474_16501758.jpg


ツバメノート www.tsubamenote.co.jp
から出ている、クリームノートシリーズ。

b0141474_16502669.jpg


あるいは、草型の付箋「GreenMarker」。

池上幸志氏とオオネダキヌエ氏によるユルリク。
彼らのデザインは紙素材だけに限らない。

b0141474_16554748.jpg


バッグやケースなど布モノも多く揃える。
面白いのは、この文具的グラフィック感覚と、プロダクトの感覚が
境目なく同じイメージで作られていること。

私が最初にユルリクを知ったのは「SanSuke」という名のペンケース。
建築で使う「三角スケール」略して「サンスケ」をモチーフにした布製のペンケースだった。
今年1月にその「SanSuke」を見せてもらいに行った時、
体育のゼッケンをモチーフにした「zekken」ケース

b0141474_1771095.jpg


を見、思わず即買い。
常時使うリーガルパッドとペン、名刺入れが入ってジャストサイズ。
ほぼ毎日持ち歩いている必需品となった。

見る人によっては、面白いモチーフを選んだグッズ、と受け取られそうだが、
ユルリクの製品は、文具の持つしっかとした存在感や魅力を引き出し、
他の製品に転化し、かつ、使いやすいプロダクトとしての配慮も忘れていない。

上のトートバッグにしても、網棚に乗せた時、
取り出しやすいよう取っ手が付いている。

こうした魅力を再度紙製品にも還元する。
アイデアが柔軟で、製品の質もよい。

聞けば、池上氏は元々ファブリック周りの仕事をしており、
その後鞄作りを学んだ。
オオネダ氏は、ステーショナリー関係の会社に勤め
シルクスクリーンを学んだ。
この二人のアイデア、手で学んだ経験がこれらの製品を生んでいる。

b0141474_17193822.jpg


ユルリクにはもっと色々、楽しい製品があるので、
是非、ウェブサイトをご覧あれ。

www.yuruliku.com
[PR]
by dezagen | 2010-04-30 17:22 | デザイナー紹介