エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
オキナ バンキッシュノートシリーズ
ライター 渡部のほうです。前回の続きでオキナです。

ノートというのは定番が多く、固定層があるだけに
新しい商品が出しにくい。
その中で画期的なアイデアでじわじわと新しいノートに人気が出てきたり、
かなり面白い分野でもある。

前回Project Paperを取材した、オキナからも
新しい発想でじわじわとファン層を増やしているノートがある。

オキナ 商品開発部 深川渉氏が開発、デザイン、
2009年9月から販売されている
「バンキッシュノート」というのがそれ。

b0141474_18504645.jpg


名前の「バンキッシュ Vanquish」とは「克服する、打ち勝つ」の意味。
「自分の弱い意志を」とか「戦いを」とか、かなり強い意味を持つ言葉なのだけれど
というのも、このノート、大人の学習を意識していることも
命名理由の1つなのだ。

バンキッシュノートの画期的なところは、むろん中身。
表紙の「400」「600」「800」というのは、
1ページに書く文字数のこと。
一見、横罫のノートなのだけれど、よく見ると、縦にドットの罫線が入っていて、
原稿用紙のように使うことができる。

b0141474_1904623.jpg


大学の授業や、社会人の資格試験などで「小論文」「論述」という課題がある。
普段PCで作業していても、試験時は紙で提出ということもあり
紙に自筆で書く練習は必須。
そのため文字数を計算しやすいノートが活躍するのである。

04年頃にも、オキナから縦ドット入り横罫ノートというのが出ていた。
その時は意匠的に受け止められ商品自体も消えてしまった。
そこに「文字数」というメリットを加え、
新しい商品として生まれ変わったというわけだ。
深川氏自身、資格試験の勉強を通して生まれたアイデアだという。

表紙「Vanquish」の文字はTrade Gothicという書体をベースにしている。
最初から大人向けを念頭に入れていたこともあり
奇をてらわず、普遍的なイメージで作った。

社会人になってからの勉強は、とかく途中で頓挫しがちなもの。
ノートを使いまくり、一冊を終えることで、
自分に打ち勝つ、そんな思いがノートの名前に込められている。

オキナHP
www.okina.co.jp/
[PR]
by dezagen | 2010-05-19 02:28 | これ誰取材記事