エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
ISOT国際文具・紙製品展その2
編集宮後です。
引き続きISOTのレポートから。

b0141474_1592370.jpg

最近、雑貨屋さんでよく目にする透明の付箋「stipee」。
黒いシルエットってところがいいですな。
知らない間にすごく種類が増えていて現在20種類あるとか。
最近、雑貨ショップでよく見かけます。

b0141474_225773.jpg

「D-BROSのシールカレンダー?」と思ってよく見たら、
違うメーカーさんから出ていたもの。うーん。

b0141474_251078.jpg

GRAPHのブースに出品されていたデザインレシート。
レシートの裏にデザイナーがデザインしたグラフィックが印刷されてます。
北川一成さんやgroovisionsなど、そうそうたるメンバーが参加。豪華です。

b0141474_275316.jpg

同じくGRAPH ブース内で見つけた、ヨシモリさんのコーナー。
金銀蒸着紙の取り扱いを行う同社の紙「クニメタルコグチ」を
使った名刺入れ。写真だとわかりにくいけれど、フタの断面が
45度にカットされていてピッタリ閉まる。
精度が高くてビックリしました。すごいです、これ。

1000個以上から、オリジナルで制作してくれるとのこと。
興味ある方はヨシモリさんへお問い合わせを。

b0141474_211991.jpg

ヨーロッパ民芸調のかわいいパッケージ。
これはこの中にキャンドルが入っていて
箱にして郵便で送れるキットなのです。

Trigon Graphic Service というデザイン事務所が
運営しているブランド「Titto」の製品でした。

有名文具メーカーを紹介していない
かなり偏ったセレクトですが、昨年よりも全体的に
デザイン系文具が増えている印象を受けました。

今後、いいアイデアや素敵なデザインの文具が
爆発的に売れる可能性もあるわけで、
デザイナーの方々に期待されている部分が大きいのではないかと。
楽しみにしてます!
[PR]
by dezagen | 2010-07-27 02:28 | イベント | Comments(0)