エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
thonic講演
編集宮後です。
開催中のTOKYO GRAPHIC PASSPORT 2010で聞いた
thonicの講演がよかったので、レポートします。
b0141474_1304023.jpg


thonicは、1993年にトーマス・ウィデルスホーヘンと
ニッキー・ゴニッセンが結成したアムステルダムの
デザインスタジオ。

今回は創設者の一人、ウィデルスホーヘン氏がプレゼンしたのですが、
手がけたデザインをスライドで紹介して終わりというのではなく、
なぜそのデザインになったのか、そのロゴはどうしてできたのか、
筋道立てて分かりやすく説明した素晴らしい内容でした。

メキシコオリンピックのロゴタイプの話から始まり、
それにインスピレーションを受けてつくった
イマンス・ファン・ベーニンゲン美術館のグラフィック、

テレビ局VPROのロゴ、

2008年ベネチアビエンナーレ国際建築展の
「out there: Architecture beyond Building」、

東京表参道にあるスパイラル
25周年キャンペーンロゴの話を続けて
45分間で説明していました。

Typographyのセッションだったので、
書体のディテールの話も図解で見せてくれました。
中でもおもしろかったのがVPROとスパイラル。

VPROの昔のロゴはこちら。
b0141474_1254870.jpg


これをリニューアルする際、最初、大文字だけで
「VPRO」と文字を並べてみたけれど、
VとOが▼と●の幾何学的な形に見えるのに対し、
PとRは文字の形が似ているのに隣合っていて
バランスが悪かったので、
大文字ではなく、すべて小文字で組んでみることに。

小文字だと「vpro」となり、折れ曲がっているvとr、
文字の形の中に丸をもっているpとoが
交互に出てくるのでバランスがとりやすかったそうです。

pとoにはさまれたrのカーブをさらに丸みを持たせて
形を整えるなどの微調整を行い、元のロゴで使われていた
三角形の記号を加えて最終的なロゴをつくったとか。
これが今のロゴです。
b0141474_1265183.jpg


「spiral」の25周年ロゴでは、
仲條正義さんがつくったロゴの形はほとんど変えずに、
1箇所だけ字間を詰めています。
さて、どこでしょう?
http://www.spiral.co.jp/

答えは、thonicの作品集『thonic en』p.9 をご覧ください。
vpro以外の作品もこちらの作品集で紹介されています。
[PR]
by dezagen | 2010-09-27 01:50 | イベント