エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
ロンドンIneke Hans MIND-SETS 展覧会
ライター 渡部です。

香港、ドーハ経由ロンドン、ワルシャワ、ミラノ経由スペインジローナ、ドーハ経由香港、と、ぎゅうぎゅうな旅行をし、帰国して1週間。
旅行中に見たもの、見つけたものなど、まだきちんとアップしてなかったことに気がつき、今更だけどご紹介。

ロンドンアラムギャラリーで10月30日まで行われている、オランダ人デザイナー、イネケ・ハンスの個展『MIND-SETS』
www.thearamgallery.org
www.inekehans.com
b0141474_4232858.jpg

b0141474_4232021.jpg


イネケ・ハンスの製品だけではなく、古いモノ新しいモノを混ぜ、オランダの日常を模したのかな、と思うようなシーンを作って展示。
実は見ている間は気がついてなかったのだけれど、この展示は「sign 記号」「stretch 伸びしろ」「solve 解決」の3つのキーワードからなっている。
「sign 記号」は日常生活にもの。例えば、布団たたきや、じょうろや、靴や、その形がなんでそうなったか、あまり気がつかれていないもの。
そこから本当にそれでいいのだろうか、という「stretch 伸びしろ」を見つけていき、イネケ・ハンス自身が「solve 解決」し、つまりオリジナルのデザインに到る。というストーリー仕立て。

イネケ・ハンスは、小さい女の子のままごとセットみたいなところがあるなと思っていたのだが、その元々は、日用品の中から「sign 記号」、すなわち非常に分かりやすいフォルムを見いだし、発想を得ているからなのだと知る。

とはいえ、私のようなうっかりな、わー、かわいいなあ、という見方でも許されると思う(多分)。
[PR]
by dezagen | 2010-10-11 04:34 | 展覧会