エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
CHAIR+、PROTOTYPE04
編集宮後です。
更新が遅れてしまいましたが、先週見てきた展示から。

AXISで19日まで開催されていた「SIDE 01  chair+(チェアプラス)」展。
デザイナー、建築家、編集者、ライター、プロデューサーで結成した
グループ「SIDE」によるデザイン展で、椅子をテーマにした作品を発表。

椅子そのものを展示している人、椅子=人が集まるところとして、
椅子+αな展開の提案をしている人など、椅子の解釈は人それぞれ。

b0141474_0481732.jpg

こちらは藤森泰司さんの椅子。人が座ると椅子自体が見えなくなり、
椅子自体の存在感が希薄になる作品。

b0141474_0483017.jpg

こちらは「1/100建築模型用添景セット」でも知られる
建築家、寺田尚樹さんの作品。添景セットと同じ要領で
ステンレスの薄い板をカットし、プラモデル的に組み立てたもの。
シルエットもきれいです。

「SIDE 01  chair+(チェアプラス)」展
(展示は終了しています)
http://www.sidedesign.net/more/



そのあと、東京ミッドタウンで開催されていた
PROTOTYPE 04 new action」展へ。
16組の若手デザイナーが製品化されていない
プロトタイプを発表する展覧会。

b0141474_049482.jpg

こちらはエントランスの壁面。
参加デザイナーのコメントと略歴が黒板風のフキダシに
書かれていて、見せ方も凝っています。

b0141474_051056.jpg

中に入ると、こんな感じで展示が。
プロトタイプ展なだけあって、
思考のプロセス、実制作で苦心した展などが
手書きで細かく書かれていたりして見応え十分。
やはりプロセスを見るのはおもしろい。

b0141474_0491766.jpg

b0141474_0493220.jpg

こちらは根本崇史さんの「Snow Dress」。
ラピッドプロトタイプとよばれる三次元立体形成システムを使い、
雪の結晶の形をしたアクセサリーを発表。

ラピッドプロトタイプは以前はかなり高価な技術だったのですが、
手が届く範囲になってきたようです。

b0141474_0494612.jpg

こちらはSIDES COREの「FRAMES」。
リボン状の金属をねじっただけで
椅子やテーブルをつくっている作品です。
ねじりの感じがすごくきれいで、しかも強度がある、
すばらしい作品です。今年のミラノサローネサテリテに出品され、
Design Report Awardを受賞しているので見た方も多いはず。

こちらの展示は、12月26日まで、東京ミッドタウン・デザインハブで開催。
ミッドタウンのクリスマスイルミネーションもキレイなので、ぜひ。
http://www.superprototype.net/
[PR]
by dezagen | 2010-12-20 01:27 | 展覧会 | Comments(0)