エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
「大正イマジュリィの世界」展
ライター、渡部です。

大変遅ればせながら、松濤美術館の『大正イマジュリィの世界』展に行ってきた。

簡単に言うと白井晟一つながり。白井晟一の展覧会を見ていて「設計した松濤美術館の『大正イマジュリィの世界』展まだ見てない」ということに気がついたからである。

入っていきなり、イラストレーターの浅生ハルミンさんに出くわした。
古書業も営む浅生さんなので、お奨めを聞いたところ「杉浦非水が断トツ」とのこと。
人により好みがあろうが、デザイン(当時の言い方からすれば図案)の視点からすると、確かに杉浦非水はずば抜けてうまい。書籍もパンフレットも、様々なところに応用可能な図案集の1つ1つ、全部ぴしっとその用途に収まっている。ディテールも細やかだ。
他約300点の作品(竹久夢二、村山知義、橋口五葉などなどなど)も、時代を反映した絵を見せてくれて面白いのだけれど、イラストレーションではなくデザイン、という境界線を見た気がした。

ちなみに「イマジュリィ」って何?と思っていたのだが、挿画、挿絵、ポスター、絵はがき、広告、漫画など大衆的な複製としての印刷・版画の総称、とのこと。

そして、白井晟一の建築(円形のギャラリー)は「ひょっとして私はここに一生閉じ込められて、お日さまを見ない生活を過ごしてしまいそう。まあ、それでもいいけど」と思うようなシェルター感のある空間だった。

「大正イマジュリィの世界」展
会期 ~平成23年1月23日(日) 17日(月)休館
入館料一般300円(240円)、小中学生100円(80円)。( )は10名以上の団体割引。
60歳以上の方、障がい者の方(付添1名含む)は入館無料。

b0141474_11242416.jpg

(展覧会フライヤーより)

詳細はこちらで
http://www.city.shibuya.tokyo.jp/edu/koza/11museum/tenrankaisyosai.html
[PR]
by dezagen | 2011-01-13 11:50 | 展覧会