エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
へんてこどうぶつえん
「透かしプリントウッド」http://blog.excite.co.jp/dezagen/14860510/ で紹介した北幸加工 http://hokkokako.com/ と、6Dの http://rokud.com/ の共作、でもうひとつ。

 旭川商工会議所主催の「2010旭山動物園グッズコンテスト」でグランプリを受賞し、現在旭山動物園で販売されている「へんてこどうぶつえん」。
 ヨコ225×タテ200×幅55の木製パズルセット。中のパーツは、旭山動物園にいる動物の中から8体を選び、顔と名前を上、中、下、と3分割したもの。

 普通の組み合わせだと、こういうもの。

b0141474_7415517.jpgb0141474_7413980.jpg

 「へんてこ」に組み合わせると、こんな風になる。
b0141474_7423243.jpg


 小さいお子さんは、バラバラにした24のピースから正しい組み合わせを選んで楽しんで、少し大きくなって笑いのセンスも成長してきたら、へんてこな組み合わせも楽しめる、というか、むしろ後者がツボ。笑いのセンスがなくならない限り(重要です)は楽しめる、年齢を限定しない遊具だ。
 イラストレーターにtupera tupera http://www.k2.dion.ne.jp/~tupera/ を起用したのも、大人も満足するチョイス。

 木に「触れる」ことをかなり念頭に入れたデザインでもある。
「スライド式に開閉する方法で、額のような表の面から一見するとどうやって箱を開けるのかわからない箱のカタチをしています。作り手から見れば、形状も複雑ですし、手間もかかる仕様になっていますが、箱を開ける楽しみや、開ける手間によって木に触れる機会を増やすような遊び心を込めて考えました。無塗装仕上げなので木の質感も分かってもらえると思います。塗装部分は万一お子さんがなめてしまっても安心な無害な塗料にしています」

 商工会議所主催のグッズコンテストというと、地場産業を盛り上げる意味もあったと思うが、いかにも「地場」臭くなく、さらっと押しつけのない感じはさすが6Dだなあ、と感じる。

 現在は旭川動物園、もしくはベビー用品ショップ「3eggs」サイト http://www.3eggs.jp/?pid=25410383
 でのみ入手可能だが、全国の販売店を募集しているという。

詳細はこちらで
http://hokkokako.com/collabo/
[PR]
by dezagen | 2011-02-11 07:43 | プロダクト・パッケージ