エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
かみの道具4「ネンチャクシコウ」展
続けて六本木AXIS地下1階で今日から開催されている
「ネンチャクシコウ展」の会場リポート。

デザイナーと印刷加工会社が紙のプロダクトをつくるプロジェクト
「かみの工作所」の活動として開催されている「かみの道具展」。

昨年は特色をテーマにした展覧会でしたが、
今年のテーマは粘着。6組のデザイナー、建築家が
粘着技術を使った紙のデザインプロダクトを開発し、
展示販売するという展覧会です。

震災の影響で開催が1か月延期となりましたが、
本日無事に開催されました。

『かみの工作所の本』の編集をしていた関係で
ほぼ半年前から展覧会準備の様子を拝見していたんですが、
試行錯誤の末、最初のプランからまったく違う形になった方もいて
その途中過程もなかなかスリリングでした。

今日会場で撮影してきた写真とともに各制作物をご紹介します。

展示スペースのデザインは参加デザイナーの一人、
山田佳一朗さん。段ボールを重ね、
テープで固定した展示台が配置されています。
b0141474_3475792.jpg


会場入り口から順に、三星安澄さん、山田佳一朗さん、
安積伸さん、トラフ建築設計事務所、
サダヒロカズノリさん、寺田尚樹さんの作品が並んでいました。

b0141474_3524262.jpg

三星安澄|オリボン
折ることによって生まれる立体を追求している
グラフィックデザイナーの三星さんは立体型のリボンを考案。
粘着部分を張り合わせて固定することで、立体となり、
折り方によってさまざまな形のリボンができるという斬新なアイデア。
色展開についてはかなり迷ったそうですが、最終的には
メタリック箔押、原色、紅白の3種類になりました。

b0141474_3531844.jpg

山田佳一朗|トリノス
粘着材がついた不織布を巣の形に型抜きし、
部分的にはがしながら、立体として組み立てることで
鳥の巣のような形の入れ物になるプロダクト。
実際に組み立ててみると、簡単に巣の形になり、
折る角度によって自分の好きな形に調整できます。

b0141474_3533875.jpg

安積 伸|貼プランター
ロンドンで活動するプロダクトデザイナー、安積さんは
耐水紙の裏に粘着剤をつけたプランターを考案。
小さめの植木鉢がすっぽり入るサイズで、
キッチンの窓や壁に貼っても使えそうです。
試作段階ではプランターの大きさをどうするか、
何種類か制作して細かい検証が行われました。

b0141474_354615.jpg

b0141474_3542192.jpg

トラフ建築設計事務所|tapehook
昨年「空気の器」を展示したトラフ。
今年はテープ状のフックをつくりました。
半透明の薄い紙を水に浸して乾燥させると
紙とは思えない強度がでて、フックになるというアイデアです。
建築現場でおなじみのマスキングテープから着想したということで
tapehookとマスキングテープが一緒に展示されていました。

b0141474_3543337.jpg

サダヒロカズノリ|ミーーーラ
イラストレーターのサダヒロさんは、ミイラのポストカードを制作。
包帯のような表面の紙のはしを引っ張ると、
包帯をほどくように紙がはがれてゆき、
中からミイラがあらわれるという仕組み。
包帯のはがれ具合が絶妙で、くせになる楽しさです。

b0141474_3545085.jpg

寺田尚樹|Par Avion よく飛ぶ紙飛行機便箋
建築家の寺田さんは大好きな紙飛行機と粘着技術をあわせた
プロダクトに挑戦。粘着剤がついた便せんを折ると紙飛行機になり、
そのまま手紙としても送れるというアイデア。
実際に試させてもらったんですが、本当によく飛びます。
紙飛行機を研究しつくしている寺田さんならではの作品。

これらの製品はすべて会場で購入することができます。
ほか、過去のかみの道具展で制作された商品も販売されています。


かみの道具4 ネンチャクシコウ展
■会期 2011年4月27日(水)~ 5月22日(日)11:00~19:00 (無休)

■会場 リビング・モティーフ B1F「ビブリオファイル」内
東京都港区六本木5-17-1 AXISビル  リビング・モティーフ B1F 
Tel: 03-3587-2784
URL: www.livingmotif.com

http://www.kaminokousakujo.jp/exhibition/index.html
[PR]
by dezagen | 2011-04-28 03:34 | 展覧会 | Comments(0)