エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
バンコクにて ango工場見学
ライター渡部です。
ただ今バンコクにおります。

本日は、主に照明器具を作っているango http://www.angoworld.com/house.html の工場見学に行ってきた。

angoはイギリス人のデザイナー、アンガス・ハチェソンさんが2003年に設立。製品は繭やラタンなど現地の素材を使い、有機的なフォルムが特徴的だ。
有機的というのも、ひとつひとつ機械ではなく、職人の手によってつくられるため。

b0141474_2141779.jpg


後ろ姿で失礼。左がアンガスさん。右がデザイナーのアオン・ベンジャマパさん。

b0141474_2142153.jpg


作ってます。

b0141474_2144574.jpg


ハンダ付け。この製品だとハンダ付けするジョイントが1000とか2000とか。気が遠くなりそう。
1個作るのに大体1週間ほど掛かるとのこと。

b0141474_21474774.jpg


b0141474_21492810.jpg


ラタンとか、繭から出て来る絹糸のふわふわとか。
意外だったのは、こうした手作り感のある作品が、CGモックアップで作られていること。
もちろん最初はデッサンや手による実験から始まるのだが、製品にする前にはかなりしっかりした製図を作っている。

b0141474_21521555.jpg


この工場、倉庫部分はかなりがらーんとしている。
売れ売れなので、ストックを置いておく時間がないそうだ。
すごい…。
[PR]
by dezagen | 2011-06-27 21:54 | デザイナー紹介