エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
福田秀之先生
ライター渡部のほうです。

今年4月から東京造形大学のグラフィックデザイン専攻、専任講師になって、早4ヶ月。
これまでフリーランスでやってきたので、「同僚」を持つのは初めての経験である。
で、その同僚の先生方の仕事を知ろう、と事務所訪問をすることにした。

本当はもう少し早くやろうと思っていたのだが、
なんだかんだ余裕がなくて、夏休みの8月になってしまった。

第一弾は、福田秀之先生の「スタジオ福デ」。

b0141474_834613.jpg


福田先生のプロフィールは、そのまま造形大のサイトからコピペであれですが。

1965年兵庫県生まれ。京都市立芸術大学美術学部 デザイン科卒業。1989年田中一光デザイン室入社。 1999年スタジオ福デ設立。ポスター・広告・エディトリ アル・シンボルマーク・ロゴ・サイン計画などグラフィ ック全般を手がける。

最近の仕事では、パークタワー、パークハイアットのグラフィック、清水文化会館マリナート(2012年8月開館予定 http://www.marinart.jp/ )など。
2000年から継続して手がけているセゾン美術館のポスターは、
福田先生のテーストが十分に発揮された作品群。

b0141474_8241924.jpg

b0141474_884373.jpg

b0141474_885364.jpg




色使いが美しい。
今のグラフィックデザインは様々なメディアがあるので、
アイデアが重視されるのだけれども
それ以前のグラフィックスキル、デザイナーの素質として色に対する感性の高さというのは
重要なのだなあ、と感じた次第。
[PR]
by dezagen | 2011-08-25 13:08 | デザイナー紹介