エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
台北 HOME HOTEL
ライター、渡部のほうです。

台湾紀行でもう一個、書いておきたいことがあった。
今回滞在したHOME HOTELについて。

ここ十数年、毎年1,2回は台北に行っているのだが、いつもホテル選びには悩まされる。
簡単に言うと、ホテルのレベルが低い。
もちろん世界中のあらゆるホテル、台北のすべてのホテルを知り尽くしているわけではないが、比較的海外旅行の多いホテル客としての目線は持っている。いわゆるブティックホテルにいつも泊まっているわけではない。ビジネスホテルの時もあるし、自費で行く時はかなり安い宿だったりする。
ただ宿泊する前にホテルのHPなどから受ける「ある程度こんな感じで泊まれるだろう」というイメージを、ある程度実際のデザイン(インテリア、備品など)が裏切らない範疇のもの、というのが私のホテルジャッジの基準となる。

台湾のホテルに関しては、HPの説明が不十分で、実際には見かけの立派さに気を取られて使いにくい什器備品が多い、というのがよくあるパターン。トータルなイメージの統一、というデザイン面で見たらほぼ壊滅的である。

そんな中で、全くホテルには期待せず、今回「HOME HOTEL」 www.homehotel.com.tw というホテルに泊まったのだが、ここが私の知る限り台北の中ではずば抜けていいホテルだった(コストパフォーマンス的にも)。

b0141474_22155820.jpg


こちら ↓ は私の泊まった部屋。一番お安いタイプ。渡部撮影(これ以外はすべてホテル提供)。

b0141474_2217520.jpg


この写真だけでは分かりづらいかもしれないけれど、木を基調にした落ち着くインテリアで、無駄がない。椅子の座り心地もいいし、常にホテルで悩まされる机とのバランス(高さが合ってない、収まりが悪いなど)もよく、スーツケースの置き場(広げるには狭すぎ、大体もてあます場所となる)も細長い棚にしたことで、荷物の整理が楽で、使わない時は棚の下に収納できる仕組みもいい。

室内インテリアを手がけたのは、蘇誠修氏。
作品リスト: http://www.inhouse19.com/tedsu/index.html
クラブやバーなど、割とギラっとしたデザインの多い人なのだが、今回は蘇氏お得意のミラーもブラウン系のフィルムを貼り控えめに使っていたり、私は泊まってないランクが上のお部屋にはブルーグリーン系中間色の穏やかなソファを用いたり、あれ?肩の力が抜けたかな?という感じ。

ちなみにこれまで台北のホテルで私が唯一、デザイン合格点を出した(生意気な発言ですが)ホテル、喜瑞飯店 アンビエンスホテル www.ambiencehotel.com.tw もこの方のインテリアデザイン。こちらはまぶしいほど白を基調にしたデザインで、まあ、こっちはこっちで泊まるのにちょっと覚悟がいるのだけれど。

備品のグラフィックもモノグラムの柄をベースに統一。

b0141474_22205860.jpg

b0141474_2220158.jpg


このホテルのCIを行った、BLANQのポートフォリオサイトでさらに詳細な備品、およびロゴのグラフィックを見ることが出来る。

http://www.behance.net/gallery/HOME-Hotel/1842307

「人」という漢字をベースにした「H」のロゴマークや、漢字のストロークを活かした部屋番号数字の文字はやや詰めが甘い気がするけれど、私の考える「ある程度」OKの範疇ではある。

ついでに言うと、HOME HOTELの重要なコンセプトはMade in Taiwan。
備品のマグカップ、お茶、家具、シャンプーなどのトイレタリー製品はすべて台湾製を選んでいる。
家電に関しても、高級感を出すならSONYかもしれないが、あえて台湾製にこだわりCHIMEI www.chimei.com.tw の液晶を選んだという。
一階に入っているブティックも台湾の素材、製造にこだわる prefer www.prefer.com.tw というブランド。

台湾製だけれど、伝統的な中華風や原住民風ではなく、今の台湾を見せるというコンセプトがしっかり貫かれている。
考えてみると、台湾の外資チェーン以外でブランディングをしっかりやっているホテルは本当に珍しい。台湾でもホテルの取材を何度かしているけれど、デザインはホテルのビルを設計した事務所が一括で、とか、社長が決めました、ということもしばしば。
HOME HOTELの強いブランディングは現ジェネラルマネージャーの王念秋さんの努力に負うところが大きい。アメリカに留学後、アメリカ系の広告会社、ブランディング会社に勤務、今に至るという経歴。CIを手がけたBLANQの王九思氏も、NYのパーソンズで学んでいる。
一度外に出て台湾を見る、という目線があるからこそ出来たのではないだろうか。

いつ来ても田舎っぽいな、と思っていた台湾もそろそろ国際スタンダードの時代に入ったと思わせる。
[PR]
by dezagen | 2011-09-14 23:05 | インテリア