エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
チョコレート考6
ライター渡部のほうです。

昨日は午前に「サロン・デュ・ショコラ」最終日へ、午後に銀座資生堂パーラー銀座本店へ、とさらなるチョコレート探訪へと出かけていた。

ゴディバに端を発する今回のチョコレートパッケージ熱が始まる前は、「渡すんだったらやっぱり資生堂パーラーのラ・ガナシュかショコラヴィオンね♡」と思っていたのだが、サロン・デュ・ショコラでさんざんチョコレートを見て買った後、ラ・ガナシュ及びショコラヴィオンは

b0141474_16262961.jpg


「大きすぎる」

一番小さいものでそれぞれ16個入り、15個入り。
こうなるとご贈答だ。個人を相手にするバレンタインって感じじゃない。

資生堂パーラーではバレンタイン時期限定で、小さい4個入りパッケージも出しているのだが、こちらはパッケージが全く違って、紫がベースで隅に文字のみの箱+オレンジ色に蔦柄の入ったリボン、という組み合わせ。

http://parlour.shiseido.co.jp/event/index.html

この紫がですね、2種類あるのですけれども、なんというか、お坊さんの法衣色。
(参照:見知らぬ方のブログですが http://blogs.yahoo.co.jp/kaneo93/61006747.html )
「おじいさんにバレンタインチョコレート、仏前に置いておきますよ」チーン♪

資生堂パーラー銀座本店には限定商品もある。チョコレートコーティングのミルフィーユとかナッツとか、バレンタインに使えそうなものがあるにはあるのだが、仲條正義氏のパッケージ (参照:このサイトの真ん中くらい http://www.jagda.org/information/jagda/1305 ) が素晴らしすぎて「これ中條デザイン」と分かる人が分かる人にあげる、という意味でも限定感がある。

普及版のラ・ガナシュ及びショコラヴィオンを甥(20歳)に分け与えたところ、
「箱の中はオシャレじゃん」
箱もおっしゃれーだと思っていた叔母ショック。
甥から見ると、箱の唐草模様は和風。渋すぎるようだ。
誰でも喜んでくれる、どこに持って行っても喜ばれるのが資生堂パーラーと信じていたが、年齢や性別、恐らくバックグラウンドによって受け止め方も異なるのだろう。また1つ勉強。

でも資生堂パーラーはおいしい。
[PR]
by dezagen | 2012-01-31 16:34 | プロダクト・パッケージ