エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
rooms24
編集宮後です。
久しぶりの更新です。

九段下の科学技術館で開催されているrooms24を見てきました。
roomsは2000年からスタートしたファッションとデザインの国際展示会。
アッシュ・ペー・フランス 株式会社が主催し、
新進気鋭のファッションブランド、プロダクトデザイン・雑貨ブランドが
出展する展示会として注目されています。
http://www.pr01.com/#pages/rooms24.html

プロダクトデザインは入口付近にありました。
こちらは、京都のクラフトスタジオPULL+PUSH PRODUCTS.が
ハンドメイドでつくっているポリエチレン素材のプロダクトブランド「PE(ぺ)」
フィルムを電気ごてで溶かしてつくっているそうです。
昨年のDESIGN TIDEにも出展されていました。
b0141474_14124826.jpg


こちらは出口付近にあった、ジュエリー雑ブランドe.m.。
ここだけ別スペースで、展示も凝っていました。
台東区が支援するTAITO ZAKKA FASHIONとe.m.のコラボレーション
「LOVE BY e.m.」を発表。靴、鞄、バッグ、帽子、ベルトのメーカー5社と
開発した商品もありました。
b0141474_1413476.jpg


こちらもジュエリーブランド「ROGAVA」。
アメジストやラピスラズリなどの石を繊細にカットした
アクセサリーを製造するブランドです。ペンダントトップと
チェーンはそれぞれ別に箱に入っていて、好きな組み合わせが可能。
パッケージ、グラフィック、空間デザインとも同じ世界観で統一されいました。
全体的にジュエリーブランドはこうした世界観の見せ方が上手。
b0141474_14131260.jpg


ただ、今年ちょっと残念だったのは、展示会場。
今年の会場となった科学技術館は五角形の建物のため、
各ブースを見て回るのが大変なうえ、
壁面のカーテンや壁の違和感が展示の世界観と合っていない印象が。
関係者に聞いてみると、毎年会場となっている国立代々木体育館が
今年は借りられなかったそう。
b0141474_14132691.jpg


そんな状況でどのようにブースをつくって製品を見せるか、
各ブランドの手腕が問われる展示でした。
[PR]
by dezagen | 2012-02-24 07:24 | イベント | Comments(0)