エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
ジャクソン・ポロック展ポスター
編集宮後です。
昨日はTDC DAY、今日はTDC賞の展覧会と
最近は文字にまみれる毎日です。
もうアルファベットしか見えてません。

そんな中、ずっと気になっていたのが
現在、国立近代美術館で開催中の
ジャクソン・ポロック展のポスター。

画像を勝手に張り付けられないので、
こちらのリンクからどうぞ。
http://pollock100.com/

メインタイトルで使われている
スラブセリフ系(セリフがぶっとい書体)のほか、
かなりいろんな書体が使われていますが、
破綻せずに見事に調和しています。

「ポロックとスラブセリフって合うなあ、
デザイナーの人、偉い!」と思って、
「これ誰がデザインしたの?」という疑問を
美術館にぶつけてみたところ、
「Glanzの大溝さんです」というお答えが返ってきました。

大溝さんは素敵な美術展のポスターを
たくさん手がけていらっしゃいます。
http://www.glanz-web.com/

最近、一見手抜きのような、わざと下手に見えるような
美術展告知デザインが話題になっていますが、
大溝さんのデザインのように、
「どんなポスターだったら見に行きたくなるか」という視点から
素直にデザインされたもののほうがいいと思うんですけどね。
[PR]
by dezagen | 2012-04-02 23:09 | 展覧会 | Comments(0)