エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
シーガルハウスとボブファンデーション
ライター渡部のほうです。

やや久しぶりのアップ。
新年度ダッシュをかけ過ぎて、インフルエンザに掛かっていたのであった。
外出禁止令が解けたので、取材へ。

某誌(いずれすぐ分かりますが)の記事のため、ボブファンデーション www.bobfoundation.com の2人と共に、彼らのカード類を刷っている、シルクスクリーン制作の会社 シーガルハウス www.seagullhouse.net に行ってきた。

シュルッ
b0141474_2015596.jpg


ぱっ
b0141474_203988.jpg


と、まあ、素人ではこう美しくは仕上がらない。
シルクを刷って35年の逢坂利喜さんの技。
驚いたのはエプロンもせず、服にインクも飛び散っておらず、そして見事なまでに紙の端っこまでぴっしりとインクが載っているが、台の上に残りインクなど全然付着していないことである。
全然。

今刷っているのは、ボブファンデーションの紙モノブランド Number 62 www.number62.jp 招待イラストレーターによるオリジナルの新作。

詳細はまた本誌で(まだ秘密)。

写真提供:ボブファンデーション
[PR]
by dezagen | 2012-04-22 22:36 | グラフィック