エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
世界の美しい本〜造本編
編集宮後です。
今編集してる本からご紹介です。

凸版印刷 印刷博物館で毎年行われている
「世界のブックデザイン」展。
「世界で最も美しい本コンクール」や
世界各国の造本コンクールに入選した本を集めて
開催されている展覧会なんですが、
そこで展示された美しい本をまとめた本をつくってます。

200点くらい紹介してるんですが、
ブックデザインが面白い本(造本編)、
テーマが面白い本(珍書編)に分けてご紹介します。
(Photo by Keiichi Murakami)


b0141474_13211328.jpg

『Nieuwsgierigheid(好奇心)』
2007年、オランダの最もすばらしい本入選

表紙や背にタイトルがいっさいなく、
小口にレーザーカットで入っているという本。
日本の取次流通では絶対にできない造本。
本の内容は好奇心の生成に関する論文だとか。


b0141474_13344637.jpg

『Een restructief van Lingotto』(リンゴットの再建)
2009年、オランダの最もすばらしい本入選

古い建物のリノベーションを手がけるリンゴット社の会社案内。
リユースの会社なので、飲料パッケージの紙を再利用して
表紙にしています。一冊として同じものがないレア本。


b0141474_1338686.jpg

『Kunst op Kamers 2008 De Rijp』(部屋の芸術2008年デライプ)
2008年、オランダの最もすばらしい本入選

オランダのデライプ村で開催されたアートイベントのカタログ。
小口を断裁せずに、山型のまま残して、村の家の屋根のように
見せています。表紙の色が見える、型抜きのケースもかわいい。
オランダの著名装丁家、イルマ・ボームによるデザイン。


b0141474_1326321.jpg

『Foster 40. Projects and Themes』
2007年、ドイツの最も美しい本入選

建築家、ノーマン・フォスターの作品集。
40の建築を紹介する作品集のパートと
建築コンセプトを紹介するパートが2冊にわかれ、
金属板でつながっている造本。
ちなみにすごく重い。。。


b0141474_13305623.jpg

『Designleren. Wege deutscher Gestaltungsausbildung 1897-2007』
(デザイン学 ドイツの造形教育の道)
2008年、ドイツの最も美しい本入選

ドイツのデザイン学の100年の歩みをまとめた研究書。
写真とテキストの2冊組。
一見、普通の2冊組の本ですが、表紙に磁石が入っていて、
ケースがなくても2冊をくっつけて収納できます。
金属板とか磁石とか、もはやプロダクトデザインですな。

これらはほんの一部。もうやりたい放題ですな。
でも、こうした本がヨーロッパで一般的に出回っているわけではなく、
アートブックだったり、会社案内だったり、特別につくられた本が多いようです。

返品されることが前提になってしまっている日本の書籍では、
できないデザインも多々ありますが、
いつかはチャレンジしてみたい本がたくさんありました。

次回は、「こんなのあり?」な珍書編です。
[PR]
by dezagen | 2012-07-26 07:20 | | Comments(0)