エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
世界の美しい本〜珍書編
続けて珍書編です。
(本当はこっちを紹介したかったりw)

b0141474_13543097.jpg

『Kaugummi. Kommunikationskonzepte fur die Strasse』
(チューインガム 路上でのコミュニケーションコンセプト)
2008年、ドイツの最も美しい本入選

ガムの吐き捨てをやめさせるキャンペーンで
掲出されたポスターを集めたユニークな本。
吐き捨て防止ポスターがこんなにあるってある意味すごい。
噛んだままのリアルなガムの写真とか、
日本人的美意識だと「うえっ」って感じなんですが、
ドイツ的リアリズムなんでしょうか?


b0141474_1359460.jpg

『Schapen tellen』(羊を数えて)
2007年、オランダの最も素晴らしい本入選

タイトルどおり、羊を数える本。
羊が群れているだけの写真が延々と続く。
絵本の形をしているので、子供の寝かしつけにも使えそう。


b0141474_142056.jpg

『And Willem. Documentation of a Youth』
(そしてウィレム ある青年の記録)
2011年、世界で最も美しい本コンクール銅賞受賞(オランダ)

生まれてすぐ里子に出されたこの本の作者、ウィレムが
自らのルーツを調べた結果をまとめた本。
顔の上の茶色い四角は、調査に非協力的だった人を
塗りつぶしてるんだそう。塗りつぶすって処理がすごい。
そして超パーソナルな内容を本にするっていう発想もすごい。
さらに、これが「世界で最も美しい本」(世界中で14冊だけ選出)に
選ばれているのがすごい。理解を超えた一冊です。


b0141474_1473650.jpg

『Net niet verschene boeken』(出版されない本)
2010年、オランダの最も素晴らしい本入選

モアレだらけの本を集めた本など、ありえない架空の本を
100冊近く紹介した本。「これを本にする必要があるの?」
という疑問はさておき。日本なら完全にサブカル本だけど
すごく立派な装丁で、アートブックのようにつくられてます。


b0141474_1410681.jpg

『Atlas der abgelegenen Inseln』(離島の地図)
2009年、ドイツの最も美しい本

無人島ばかりを集めた本。
中はブルーグレー、オレンジ、黒の3色刷りで
とてもセンスよくまとめられています。
テーマは珍書だけど、デザインがとってもすばらしい。

こうして見ていると本当に個性豊か。
うらやましいほどの自由さ加減。
(ツッコミどころ満載)

商業出版の世界にいると、
こういう発想を忘れてしまいがちなので、
いけないなと自戒をこめて。
[PR]
by dezagen | 2012-07-26 07:58 | | Comments(0)