エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
D-BROS 2013年カレンダー発売
編集宮後です。
D-BROSの2012年版カレンダーが9月1日に発売されました。
今年は以下の6種類です。
(写真提供:D-BROS)

ROLL12
Design: Ryosuke Uehara
カレンダーをめくってとめる立体的なカレンダー。
毎月めくるごとに、違う紙やインキがあらわれて
様々な表情に変化します。
b0141474_15252412.jpg



THE HIDER AND SEEKER
Design: Yoshie Watanabe
ページをめくるごとに色鮮やかな花々が広がる卓上カレンダー。
少女や動物、昆虫などのイラストはボールペンによる
手書きだそうです。
b0141474_15442938.jpg



joy by day by toy
Design: Noboru Naito
数字だけのカレンダーにいろいろなシールを貼って楽しむカレンダー。
発売以降、絵柄を変えて毎年発売される人気商品。
b0141474_15444340.jpg



WORLD
Design: Atsushi Hirano
地球上に存在する静物をテーマにしたカレンダーの第五弾。
すべてのイラストは鉛筆で手書きされています。
袋とじをはがすと、いろいろな動物があらわれるしかけ。
b0141474_15445523.jpg



2013 TYPEFACE CALENDER "Univers"
毎年違う一つの欧文書体でデザインされている
カレンダーのシリーズ。
今年は巨匠アドリアン・フルティガーが
デザインした名作書体Univers。
b0141474_1545351.jpg



2013 Creator's Diary
1年分のスケジュールが1枚につながった
蛇腹折りのカレンダー。
長期にわたるプロジェクトも一目で確認できて便利。
b0141474_15451363.jpg



今年は年始にドラフトのアートディレクター5組が独立しましたが、
DBROS製品についても引き続き同じアートディレクターが担当されていて
変わらない安心感があります。

カレンダーは毎年同じものを使いたいというお客様も多いので、
毎年がらっと変わってしまうのは考えもの。
大幅に変えるよりは、今まで評判のよかったものを
少し変えるというデザインのほうがよさそうな気がします。

基本のイメージは同じでも飽きさせずに
今年はどんなデザインなのか、わくわくさせてくれる
非常にうまいラインナップだなと思いました。

毎年続く商品のデザインって、むずかしいですね。

追伸:
D-BROSの一部商品が買えるオンラインショップが
オープンしたそうです。
www.d-bros.jp/brand/shopping/index.html
[PR]
by dezagen | 2012-09-04 07:52 | グラフィック | Comments(0)