エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
nanoblock
編集宮後です。
ずっと気になっていた世界最小級ブロック「ナノブロック」。
サイズはダイヤブロックの1/8の体積、
1つのポッチが4mmという驚愕のミニサイズブロックです。
(写真提供:株式会社カワダ)
b0141474_17525988.jpg


玩具でありながら、シンプルで洗練されたパッケージデザインが
すばらしいな〜と以前から注目していたのですが、
その製造販売元である株式会社カワダ 販売促進課の藤木義貴さんと
開発課の高橋大佑さんにお話をうかがうことができました。

ナノブロックのロゴ、パッケージデザイン、
ブランディングは誰がどのように行っているのでしょうか?

そもそもナノブロックが発売されたのは2008年10月末。
小さいブロックができないかと20年前に
社内でつくった試作がきっかけで生まれた商品だそう。
団塊の世代が引退する頃に大人向けの玩具を発売するべく
2006年頃から開発がスタートしたそうです。

同社の定番商品であるダイヤブロックは子供向けですが、
このナノブロックは大人向けということで、
最初は団塊世代の男性が好みそうな戦艦大和と、
パーツを自由に組み合わせられる基本セットを発売することに。
b0141474_1754109.jpg


その後、女性向けのシリーズを発売。
ハートと天使、バースデーケーキなどのかわいらしいモチーフ、
カラフルなパーツが瓶に入ったパッケージが女性にうけて、
好感触が得られたそう。
b0141474_17542898.jpg


続けて2009年4月に動物のシリーズを発売。
動物の人気度、カラーバランスを考えて、セキセイインコなど
6種類の動物をチョイス。
雑貨店やインテリアショップでも売れることを意識して、
透明の袋状のパッケージに入れました。
キャチーな外見と700円代という買いやすい価格が受けたのか、
東急ハンズやロフトにも販路を拡大していきます。
b0141474_17543948.jpg


以降、東京タワーや浅草雷門などの名所を集めた情景コレクションシリーズや、
ハローキティなどキャラクターとのコラボレーション商品など、
次々と新しい商品が登場。現在ではレギュラー商品約60種類、
コラボアイテムを含めると約130種類の商品が展開されるまでに成長しました。
b0141474_17545057.jpg


発売から4年経ち、ますますアイテムが増えているナノブロックですが、
いずれの商品にも必ずロゴを入れ、
パッケージまわりのデザインも統一感を出しています。
ナノブロックらしさとしてはずせないパッケージデザイン要素をうかがったところ、

・ シンプルであること(パッケージにいろいろな情報を入れすぎない)
・ 完成写真のまわりに十分な余白をとり、もののよさを引き立てる。
・中身(ブロック)が外から見えること

を意識しているそうです。

玩具といえば、隙間がないくらい情報満載のパッケージが多いなか、
ナノブロックは驚くほどシンプルで、よけいな要素がないのです。

白地にナノブロックのロゴと完成写真というシンプルなパッケージは、
最小限の要素で必要な情報を伝える強いデザイン。
今後、どんなシリーズが出てきても、
このパターンで統一感のある強いイメージをつくることができそうです。

ナノブロックは、アメリカ、ヨーロッパ、アジアにも
輸出されているそうですが、パッケージのデザインもほとんど
変えていないそう。世界にも通用するデザインなんですね。

共通でロゴタイプは6案に絞られた中から選ばれました。
発売当初のロゴよりも現在のほうが字間が広く、
よりロゴらしく変更されています。

で、肝心の「これ、誰がデザインしたの?」。
ナノブロックのロゴデザイン、パッケージデザインは
外部の制作会社PAM(パム)が担当し、
全体のデザインディレクションとブランド管理は
社内で行っているそうです。

先日、東京スカイツリー® 足元にある商業施設「東京ソラマチ」内に
できた直営店「ナノブロックストア」の監修も社内で担当。
パッケージから空間デザインまで、
統一されたブランディングが印象的でした。
b0141474_1755876.jpg


このブランドイメージがぶれずに展開されていれば、
どんなにシリーズが増えても、海外に広がっていっても、
強いブランドになることでしょう。
そんなことを考えさせられた取材でした。

ナノブロック
http://www.diablock.co.jp/nanoblock/
[PR]
by dezagen | 2012-10-05 17:49 | プロダクト・パッケージ | Comments(0)