エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
テセウス・チャン展
編集宮後です。
ギンザ・グラフィック・ギャラリーで開催中の
テセウス・チャン展の記事をアップします。
b0141474_1859561.jpg

b0141474_1901264.jpg

b0141474_1911180.jpg


テセウス・チャンさんはシンガポールを代表する
グラフィックデザイナーで、2000年に雑誌『WERK』を創刊。

毎号1つ大きなテーマを決め、印刷技術を駆使した
ビジュアルマガジンを発行しています。

たとえば、日本のエディトリアルデザイナー藤本やすしさんを特集した号や、
ルイヴィトンとコラボレーションした号など、テーマはさまざま。
そしてとにかく印刷加工技術がすごい。
ページごとに違うサイズに断裁した13号(渡部さんと2006年に取材しましたよ)、
蛍光スプレーを小口までふきつけた12号など、完全に手作業の世界。

今回の展示にあわせてつくられた20号までの
バックナンバーすべてが展示されています。
(こちらの写真が20号。会場で販売しています)
b0141474_190885.jpg


1000部くらいしか刷らないそうなので、できる技ではありますが、
世界を見渡してもこれだけやっている雑誌ってないんじゃないだろうか
というくらい、過剰なエネルギーにあふれた雑誌なのです。

展覧会トークイベントでは、シンガポールデザインの現在について
お話いただきました。クリス・リーさんを中心に
デザインを普及する非営利団体The Design Societyが発足し、
デザインのフリーペーパーもつくっているそうです。アグレッシブ!
http://www.thedesignsociety.org.sg/

クリスさんは1月に大阪dddギャラリーの展示で来日予定。
タイポグラフィ雑誌『typography ti:』が取材した
アジアのデザイナーたちも来日するそうです。
http://www.dnp.co.jp/CGI/gallery/schedule/detail.cgi?l=1&t=2&seq=00000595

テセウス・チャンさんの展示は12月25日まで
ギンザ・グラフィック・ギャラリーで開催。
http://www.dnp.co.jp/gallery/ggg/
[PR]
by dezagen | 2012-12-14 19:05 | 展覧会 | Comments(0)