エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
Make Faire Tokyo 2012
編集宮後です。
12月1日、2日に日本科学未来館で開催されていた
Make Faireに行ってきました。

Make Faireというのは、世界最大のテクノロジー系DIYのイベント。
3Dプリンターやレーザーカッター、電子基板などを使って
DIYでプロダクトをつくる人々が集まる展示会です。

もともとは、オライリーが刊行している
テクノロジー系DIY雑誌『Make:』の祭典「Make: Tokyo Meeting」として
開催されていましたが、今年から全世界共通の「Make Faire」という名称になりました。

3Dプリンターなどでなんでも自分でつくってしまう「Makersムーブメント」を
紹介している本『Makers』の影響もあり、会場はすごい人でした。

こちらは入口に展示されていた水道橋重工のロボット。
実際に乗って、手を動かす体験試乗も行われていました。
b0141474_11385590.jpg


3Dプリンターやレーザーカッターでプロダクトをつくっている団体や
電子基板Arduinoを使ったシステムを発表する団体が出展。
会場は1、3、7階と3フロアに分割されていましたが、
統一したサインデザインがあったので迷うことなく見学できました。
b0141474_1139341.jpg

b0141474_11391150.jpg

b0141474_113924100.jpg


こちらは1階の出展ブースの様子。
作り込んだデザイン系ブースを見慣れていると逆に新鮮な簡素なつくり。
「なんでも自分でつくる」コンセプトにマッチしていて、これでも十分かなと思いました。
b0141474_11391742.jpg


岐阜のIAMAS内にあるラボのブース。
レーザーカッターで板をカットしたランプシェードや
アクリル板をカットしたアクセサリーなどを展示。
b0141474_11394084.jpg


こちらは主宰者、オライリージャパン社のブース。
オライリーの本は、プログラミングなどの専門書中心ですが、
動物イラストの装丁がかっこいい。
表紙の動物と中身は関係ないと思われますが、
どこかひかれるデザインです。
b0141474_11392977.jpg


会場ではMake:にちなんだTシャツ、マグカップ、メモ帳などの
グッズも販売されていました。

本家NHK出版さんのブログに詳細なイベントレポートが掲載されていますので、
興味のある方はこちらをどうぞ。http://pr.nhk-book.co.jp/makers/
[PR]
by dezagen | 2012-12-19 07:41 | イベント | Comments(0)