エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
本とのサロン2
編集宮後です。
先ほどの「本とのサロン」で私が紹介した本をお見せします。

フランスの老舗出版社ガリマール社が1990年代に出していた
子供向けしかけ絵本「知識の泉」シリーズ。
これでもかという特殊加工やしかけを駆使して
自然科学や芸術文化をわかりやすく説明している教育絵本です。

日本語版は同朋舎出版から1994〜96年にかけて
15タイトルがシリーズで出版されました。
とにかく子供向けとは思えないほど本格的な内容に驚愕します。
(内容はたぶん小学校中学年以上向け)

飛行機が飛ぶしくみや、いろいろな飛行物体を説明している
『風のつばさに乗って』。原書のタイトルもしゃれています。
飛行機の内部を説明するページでは銀紙にエンボス加工が。
b0141474_15553324.jpg

b0141474_15553858.jpg


これは水の循環を説明した『水は地球をめぐる』。
地球が水に覆われた惑星であることを説明するために
ビニールに水を入れた加工までしている凝りよう。
水が入っている本っていうだけでなんだかわくわくします。
b0141474_15554222.jpg

b0141474_15554598.jpg


こちらは印刷の歴史を説明した『版画とポスター』。
木版画のしくみをエンボス加工で説明したり、
カルトンを実際に再現してみたり、とにかくしかけがすごいです。
b0141474_15554791.jpg

b0141474_15555232.jpg

b0141474_15555057.jpg


この「知識の泉」シリーズは、全頁がグロスPP加工されていてツルツルなんですが、
それは巻末にあるこのシールを貼るため。間違ってシールを貼ってもまた剥がせるように
PPを貼ってるんですね。どんだけお金がかかるんだっていう今ではあり得ない仕様。
b0141474_15555458.jpg


今ではこんな豪華仕様の本は出版するのが難しいけれど、
理屈なく読んでいて楽しい。豊かな文化を感じます。

すでに版元がないので入手困難な本ですが、
自分が編集にかかわった本でもあるので、
「本とのサロン」で皆様に見ていただけてよかったです。
[PR]
by dezagen | 2013-01-07 19:16 | | Comments(0)