エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
デザイナー紹介3:寺田尚樹さん
編集宮後です。
しばらく更新してなかったデザイナー紹介シリーズ。
今日は建築家、デザイナー、モデラー、料理研究家として
さまざまな活動をしていらっしゃる寺田尚樹さんの紹介です。

デザインショップなどで見かける紙でできた極小模型
「1/100建築模型用添景セット」のブランド「テラダモケイ」の
作者としても大活躍されています。

b0141474_20305775.jpg

一応説明しておくと、こちらがテラダモケイ。
もともとは建築模型の添景として使われる人物模型を
紙でつくってみたのが始まり。その独特な造形と
驚異的な細かさが反響を呼び、建築模型というよりは
楽しめるデザインプロダクトとして人気を博しています。
動物や都市など、随時新しいテーマで制作され、
現在では累計31アイテムまで販売されています。

すでに十分実績がある方なんですが、ここでご紹介しようと思ったのは
寺田さんのすごさがまだ世間様に伝わりきってないんじゃないかと思ったから。
建築家でこれだけ多彩な才能を発揮している方もめずらしいんじゃないでしょうか。

特にすごいと思ったのはグラフィックデザインと料理。
テラダモケイの添景のグラフィックもすべて寺田さん作。
建築家でこれだけグラフィクデザインができる人はいままで見たことがないです。
以前、なぜこんなにグラフィックが得意なのかうかがったところ、
プラモデルのパーツをずっと見ているうちに自然とわかるようになったとのこと。
いいプラモデルはパーツの配置がきれいで、グラフィックとしての完成度も高いんだそうです。

そして、いつでも店ができるくらいの腕前を誇る料理。
これも、どうしてそんなに得意なのかうかがったところ、
複数の料理書のレシピを並行して読んでいると、
大事なポイントはどの本にも登場するので自然と覚えてしまうのだそう。

そんな寺田さんがつくってくれる料理をいただきながら
トークが聞けるイベント「建築家の腹」が開催されていたので
早速うかがってきました。

広告製版社が運営しているスペース「Shibaura House」5Fで
シンガポールライスをいただきながら、テラダモケイの活動について
うかがってきました。

b0141474_1992131.jpg

b0141474_1992928.jpg

b0141474_1993519.jpg


次回は3月23日12:10〜12:50開催だそう。
メニューはクラムチャウダーとフリットだそうです。
先着15名まで。お申し込みはこちらからどうぞ。
http://www.shibaurahouse.jp/event/belly/?instance_id=

今春には、ショップもオープンするというテラダモケイ。
寺田さんが自ら取材・編集をしている新聞『月刊テラダモケイ』も創刊され、
その勢いはとどまるところをしりません。
これからも寺田さんの活動に注目していこうと思います。
[PR]
by dezagen | 2013-03-01 20:33 | イベント | Comments(0)