エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
スペインの雑誌apartamento
編集宮後です。
スペインのインテリア雑誌『apartamento』の
編集長&アートディレクターのトークイベントを
聞きに行ってきました。

b0141474_1701768.png

b0141474_16595841.png

http://www.apartamentomagazine.com/

よくある素敵なインテリアを紹介する雑誌ではなく、
そこに住んでいる人の個性が表れている住空間を
住人のインタビューとともに紹介する雑誌です。
いわば、その人となりが表れた空間がコレクションされてるんですが、
どれも個性的でおもしろいのです。

2008年に創刊され、春と秋の年2回刊行。現在11号を発売中。
編集長、アートディレクター、営業、マネジメントの
4名でつくっているそうです。

雑誌をつくるほか、雑誌名でイベントを開催したり、
ほかの企業とコラボレーションしたり、出版以外の活動もさかんです。
(すでに日本の企業ともコラボレーションしてるそう)

「この時代に自分たちで紙の雑誌を発行するのってかなり大変でしょう?」
という質問には、「紙でお店に置いてもらえば人の目にふれるし、
知ってもらうことができんだよ」とのこと。
リアルスペースで媒体を見せることで、それが雑誌の広告になるという仕組み。
ウェブサイトが案外あっさりしてるのはそういうわけなのかー。

「大きい雑誌が多い海外でなんでこのサイズ(B5よりやや小さめ)なの?」
という質問には、「紙の節約になるから」。小さめのほうが紙代がかからないし、
物質感が出るからいいのかも。ヨーロッパのインディペンデントマガジンには
このサイズのものも多いですね。

アートディレクターと名刺交換できたので、雑誌で使っている書体について
たずねたら、ぶわーっとしゃべってくれました(たぶんこの人、文字っ子だw)。
見出しはITC Clearface、本文はFutura。雑誌以外にも全部この書体を使っているので、
雑誌専用の書体を使っているように見える。カスタムタイプじゃなくて
市販のフォントだけど、一目でapartamentoだってわかる使い方です。

トークイベントの会場は目黒のHUB TOKYO。
http://hubtokyo.com/location/
2012年5月に工場を改装して誕生したオルタナティブスペース。

雑誌は作り手の意思やセンスがもろに出るし、
新しい思想や価値感を世に問うものだと思うので、
世界でどんな雑誌が出ているのか、やはり気になります。
とてもよい刺激になりました。
[PR]
by dezagen | 2013-06-20 17:17 | | Comments(0)