エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
マーチエキュート神田万世橋
編集宮後です。
9月14日、秋葉原にオープンする商業施設
「マーチエキュート神田万世橋」を一足早く見てきました。
(「マーチエキュート」とは、JR東日本ステーションリテーリングが手がける
エキナカ商業施設ブランド「エキュート」の新しい展開ブランド)

場所は秋葉原万世橋のたもと、元交通博物館があった辺り。
神田川沿いを走るJRの高架下が商業施設として生まれ変わりました。

報道資料によれば、もともとこの場所は1912年に万世橋駅が開業し、
ターミナル駅として栄えた場所。当時使われていた階段や壁面も残した状態で
リノベーションされていました。

万世橋から見たことろ。川沿いにはテラスもあっていい雰囲気です。
b0141474_13505755.jpg


入口のサイン。mAAchのロゴデザインはMR_DESIGNの佐野研二郎さん。
b0141474_13513830.jpg


川と反対側から商業施設を見たところ。1階に11軒のショップが並びます。
台東デザイナーズビレッジやフクモリなど地元に関係したショップも。
チェーン系店舗は入っていない、独自のセレクトです。
http://www.maach-ecute.jp/shop.html
b0141474_13523550.jpg


中はこんな感じ。高架下の構造がそのまま使われています。
コンクリートとレンガの壁面がいい感じです。
全体の設計は、みかんぐみ。
b0141474_13544995.jpg

b0141474_13552572.jpg

b0141474_13553317.jpg


文字っ子にはこちらのサインをどうぞ。
b0141474_13541449.jpg

b0141474_13542077.jpg


ほぼそのままの形で残された旧万世橋駅の階段。
1912と1935、2つの階段があります。
1943年に駅がなくなって以来、70年ぶりに公開されたそう。
b0141474_135638100.jpg


1935階段をのぼって2階へ行く途中の壁面。
白いタイルは当時のもの、うす茶色はその後の修復部分、
灰色は今回修復した部分だそう。
b0141474_13581027.jpg


2階のデッキにあった昔の駅名の看板。
両脇はすぐ線路でJR総武線と中央線が行き交います。
鉄道ファン垂涎のスポットかも。
b0141474_14323026.jpg


JRという巨大資本が入って、名だたるプロデューサーたちが
開発に参加していたので、どうなんだろうと思っていたのですが、
実際に現地に行ってみると、場の雰囲気はとてもよかった。
場所が秋葉原なので付近にはメイドやセーラー服のお姉さんもいたけど、
ここだけ別世界な大人の雰囲気でした。

プレスリリースを見返してみると、ターゲット層は30〜50代と書かれている。
たしかに代官山蔦屋書店的な落ち着き感があったけど、
今後こういう落ち着き感のある商業施設が増えてくるかもしれないと思ったのでした。

マーチエキュート万世橋
http://www.maach-ecute.jp/
[PR]
by dezagen | 2013-09-13 13:50 | インテリア | Comments(0)