エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
美術展図録制作(続編)
編集宮後です。
2年前に書いた記事「美術展図録制作」
http://dezagen.exblog.jp/16795847/
のアクセスが急に増えていました。

アクセスが多くなった理由として、
「美術展のポスターはすてきなのに
図録ががっかりなことがあるのはなぜなのか?」という疑問を
もたれている方が多かったからではないかと思っています。

その後、図録をとりまく状況も変化してきているので
簡単に追記します。

美術館が入札で制作会社に図録制作を発注をする場合、
基本的には入札金額が安いところに発注されます。
そのため、ここ最近では非常に安い金額で
入札をしてくる会社もあると聞きました。

それにあわせて他社も価格を下げてしまうと
業界全体が低価格競争になってしまい、
品質面で妥協せざるをえない結果になりがちです。

そうならないために、がんばっている会社もあるので、
きちんとつくられている図録がちゃんと売れて、
評価されるようなサイクルになるといいなと思っています。

限られた予算の中で、いいものをつくろうとする姿勢は
図録からも自然と伝わってくるものです。
造本設計、印刷製版、本文組版など
細かい部分にそれが出てくるからです。

私の場合は、制作会社名、デザイナー名などを参考にして
いいなと思った図録を買うようにしています。

基本的に品切れでも重版されないので、
欲しいと思った図録は即買いが基本。
バーネット・ニューマンの図録を買いそびれてしまったのが
いまだに心残りです(泣)。
http://blog.excite.co.jp/dezagen/17928429/
[PR]
by dezagen | 2013-11-25 00:10 | その他 | Comments(0)