エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
Roman and Williams
編集宮後です。
5月22日、代官山蔦屋書店で開催されたRoman and Williamsの作品集日本語版刊行記念イベントに参加してきました。

Roman and Williamsといえば、NYのAce Hotelの内装が有名で、泊まったことがある方も多いはず。独特の美意識に貫かれた空間デザインは他の追随を許さないものがあり、いま非常に話題になっています。

Ace Hotelのほかにもハリウッドセレブの住宅やFacebook本社の食堂など、さまざまな空間デザインを手がけています。

b0141474_15155475.png

b0141474_15155928.png

b0141474_1516286.png


どんな空間かは彼らのウェブサイトをご覧ください。素敵すぎて、ため息が出ます。。。
http://www.romanandwilliams.com

作品集の日本語版が刊行されたのを機に来日し、ご本人たちによるトークイベントが開催されたのでした。

b0141474_151699.jpg

b0141474_15161362.jpg


約1時間にわたり、自作についてスライドを見ながら語るお二人(写真中央)。すべてのスケッチは鉛筆で手書きで描かれ、25人のスタッフが図面に起こしていくそう。部屋に置かれている家具や小物なども世界中のさまざまな場所から自分たちで集めたもの。高価な家具から安価な雑貨まで、彼らの美意識によってミックスされ、独特な空間をつくりあげています。細部にまで気を配り、丁寧に愛情を注いでつくられるからこそ、人をひきつけてやまない空間ができるのでしょう。

Roman and Williams(事務所を運営しているのは、Robin Standefer さんと Stephen Aleschのお二人。Roman and Williamsという事務所名は二人のおじいさんの名前から)のお二人は、もともとはハリウッドで映画セットのデザインをしていたそう。映画の空間美術を手がけるうち、ベン・スティラーらハリウッドスターの自邸のインテリアを頼まれ、Ace Hotelの仕事で一躍注目を浴びることに。いまは大小さまざまなプロジェクトを抱えているそうですが、どの仕事にも共通した心地よさやあたたかさがあります。

日本で手がけた物件はまだないそうですが、将来お目にかかれるかもしれません。
実際に自分でその場所に行って体験するのが楽しみです。
[PR]
by dezagen | 2014-05-26 07:54 | イベント | Comments(0)