エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
雑談 (自分の好きな)音楽とデザイン
ライター渡部のほうです。

学校の仕事がまだ終わりません(嘆息)。

今日昼間は宮後さんとの仕事。
久々にリアル宮後さんと会い、喋ったりして、ガスを抜いて刺激をもらってきました。

電車の往復時、読んでいたのが、今日amazonから届いた
『I Want My MTV: The Uncensored Story of the Music Video Revolution』 Rob Tannenbaum / Craig Marks 著 Plume刊
www.penguin.com/book/i-want-my-mtv-by-rob-tannenbaum/9780452298569
の数ページと
今日、図書館から借りてきた
『 ラジオのこちら側で』ピーター・バラカン著 岩波書店刊
www.iwanami.co.jp/hensyu/sin/sin_kkn/kkn1301/sin_k694.html
の飛ばし読み。

前者はMTVの全盛期(筆者曰く1981年から1992年)を、時期やトピックに分け、関係者のコメントを集めたもの。592ページというボリューム。
まだ本当に数ページしか読んでいないのですが、チャンネルとしてのMTVだけでなくプロモーションビデオ文化の成り立ち、受け止められ方、影響、などが分かる、(今読んでいる感触では)楽しい本です。

後者はラジオを中心にブロードキャスターの仕事をしているピーター・バラカンさんが、来日してからどんな風に仕事をしてきたかを綴ったもの。70年代半ばから現在に至るまで、日本で「洋楽」がどのように伝えられてきたか、また雑誌、ラジオ、テレビ、インターネットなどメディアの変遷と特性について書かれているところが面白いです。

突然音楽関係2冊、なんですが、最近になって
「自分は音楽を聴いていたのではなくて、音楽のヴィジュアルイメージを見てたのだった」
と気がついて、がーん、とショックを受けてたところで、
音楽とビジュアルイメージ(ポスター、雑誌などの印刷物での露出、レコード・CDジャケット、プロモーションビデオ、Youtube、配信メディアのインターフェイスなどなど)との関係について書かれた本はないかいな、と探しているところだからです。

昔から「渡部さんは音楽の趣味が悪い」と言われ続けていて、昔はたくさん聞いてたはずなのになぜ耳が肥えないのであろうか、というのは長年の疑問でした。
このところしばらく1982年〜1985年くらいの音楽を聞いたり、Youtube(便利だな。来年で10周年)を見たりしていて、はた、と、私は音楽じゃなくてミュージシャンのルックスとかジャケットとか、プロモーションビデオの映像とかそんなものから「好き」を選んでいたのだった、ということに気がついたのでした。

80年代は次々新しい手法のプロモーションビデオが出てきて、ポッパーズMTVやベストヒットUSAというTV番組が楽しみで仕方なかったし、グラフィック表現の媒体として適度に大きさがあるレコードが主流だったので、ビジュアルイメージに触れずに音楽を聴くほうが難しかったかもしれません。

残念ながら、レコードはCDにサイズダウンし、そして配信というほとんどグラフィックの要らないものになってしまいました。
プロモーションビデオも作っている人は作っていますが『I Want My MTV』の筆者が言うように1992年以降は、勢いがないように感じます。
ここ2,3年ほどK-popを聞いて、ではなく「見て」いるのも、韓国の音楽産業は動画配信、つまりビジュアルイメージを活用している唯一の国に見えるから、です。
でも、このK-popも映像依存が弱まっているように感じます。

日本のアイドルがいるじゃないか、と言われそうですが、日本は国内なので、広告イメージという別のグラフィック要素があること、歌詞の内容がそのままダイレクトに母国語として耳に入ってきてしまうので、ビジュアルイメージと同時に歌詞のイメージも入ってくること、で、他の要素も絡んできているところが少し違うと思うのです。

音楽とビジュアルイメージの関係性って何なのだろう、という新しい疑問にぶつかっているわけで、『I Want My MTV』 を読んで解消できればいいのですが、MTV本国アメリカから見たMTV文化なので、日本から見た「洋楽」(今言わないですねー、この言葉。外タレとかも言わないね)、つまりネットのない時代で情報に乏しく、ジャケットやビデオや雑誌という数少ない情報がミュージシャンに対するイメージの源泉だった環境だとまた違うのだろうなあ、疑問が続きそうだなあ、と思っています。

あ、ちなみに今日の取材は秋発売のTYPOGRAPHY06 に掲載予定です。
さて、学校の仕事に戻ります。
[PR]
by dezagen | 2014-08-06 21:00 | その他