エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
デザイナー紹介:佐藤亜沙美さん
編集宮後です。
久しぶりにデザイナー紹介記事です。

デザイナーの佐藤亜沙美さんから独立のお知らせをいただいたので、早速お会いしてきました。佐藤さんは祖父江慎さんのコズフィッシュに8年在籍したのち、今夏に独立。現在、神保町の元スタジオイワトがあったビルの3階に事務所を構えていらっしゃるそうです。

このブログでも紹介した『生誕100年記念 瑛九展』の図録は、コズフィッシュ時代に佐藤さんが手がけたもの。ほかにも『ファッションフード、あります』やINAX(現LIXIL出版)のシリーズ書籍など、以前から気になっていた装丁も佐藤さん担当ということがわかり、ぜひお話をうかがってみたいと思ったのでした。

最近のお仕事をいろいろ見せてもらったので、その一部をご紹介します。
b0141474_1126387.jpg

こちらは、造本装幀コンクールを受賞した『ギャートルズ』①②③。特色を使った本文といい、板紙に箔押しを施したコデックス装の表紙といい、普通ではないたたずまいが強烈に印象に残る本です。この本の造本について、2月20日に印刷博物館でトークイベントがあるそうなので、ご興味のある方はぜひ。


b0141474_11264433.jpg

b0141474_1127053.jpg

正方形の判型を踏襲し、毎回、興味深いテーマが展開されているLIXIL出版のシリーズからは、こちらの本『海藻』をご紹介。表紙のエンボスはグロスPPを貼った上から箔押に使われた版を空押ししています。実はこの版、1枚の銅版を切り分けて、押したもの。版をカットして押すという斬新な発想にびっくりさせられます。

b0141474_11273917.jpg

有名な古典を新しい装丁で見せたアランの『幸福論』の装丁もすごい。中味は6冊とも同じで、帯の色だけ変えて6種類つくったのだとか。この写真以外に白バージョンを加えた6種類があるそうです。私も以前チャレンジしましたが、実現できませんでした。どうやって実現できたのかうかがったところ、色ごとに1つずつ別のISBN(書籍の識別番号)をつけて流通させたのだとか。佐藤さんもすごいけれど、OKしてくれた出版社もすごいと思います(拍手)。

ここまではコズフィッシュ時代のお仕事。そしてここからは独立してからのお仕事です。

b0141474_11283218.jpg

b0141474_11284496.jpg

いとうせいこうさんの『親愛なる』と『キッチュなモノからすてがたきモノまで 文化屋雑貨店』。どちらもぱっと見ただけで、ただならぬたたずまい。手にとってじっくり見ると、書体や印刷加工へのこだわりが感じられて、思わず買って置いておきたいと思わせる本です。

佐藤さんが手がける本はどれも本好きの心に刺さる、買って持っていたいと思うものが多い気がします。コズフィッシュ時代に培った印刷加工の知識がベースとなり、ご自身でそれを昇華させているのではないでしょうか。

取材ということで話をうかがっていたのですが、途中から「どうしたら、面白い本がつくれるか」という話で意気投合。取次に却下されない特殊本の作り方とか、特殊仕様を出版社にOKしてもらうためのノウハウとか、デザイナーと編集者の実務話で盛り上がってしまいました。結局、チャレンジ精神ある編集者や出版社、デザイナー、印刷加工会社が連携していけば、もっと面白い本がたくさんできるのでは?という結論に達し、この日はお開きに。

高い紙が使えない、特殊加工はダメなど、特殊仕様の本がつくりづらい出版社もありますが、一方で面白い本をつくっている出版社もあります。他にはない本をつくりたいと考えている編集者のみなさん、ぜひ佐藤さんにご連絡を。

佐藤さんのお仕事はこちらのウェブサイトでどうぞ。
http://www.satosankai.jp/
[PR]
by dezagen | 2014-12-22 23:12 | デザイナー紹介 | Comments(0)