エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
妄想書店
編集宮後です。
書店さんから「本が売れない」という話をよく聞きます。いつもお世話になっている書店さんになんとか本を売っていただきたい。そのためにいろいろ考えていたら妄想がとまらなくなってきたので、「こんな書店があったらいいな」というのをつらつらを書いてみます。

スクール+書店
紙の本を買わざるをえないジャンルといえば資格試験でしょう。最近では英語だとTOEIC関連の本が売れているようですが、やはり資格ものは強い。というわけで、英語学校併設の書店があったらいいなと思います。英語の学校に通うついでに英語の参考書も買うとか。弱点別におすすめの参考書を教えてくれるとか。これはかなり親和性が高いと思いますが、どうでしょうか?同じ要領で、簿記や会計、MBA、受験のための進学塾なんかも展開できそうですね。書店内で模試が受けられればさらに良いです。

カルチャーセンター+書店
カルチャーセンターの中に書店があるといいなあと思います。楽器、コーラス、料理、絵画、スポーツなど、さまざまなジャンルがあるので、実用書を中心によく売れそう。講師の先生の本も売れるので、一石二鳥ではないでしょうか。

出版社+書店
すでに実行されている出版社もありますが、ジャンルを絞った専門書店が増えていくといいですね。編集者がお客さんの本づくりを手伝ったり、編集という作業が出版社の外に解放されていくと面白いんじゃないかと思います。編集者が指導しながら、みんなで本をつくるのも楽しそうです。

要するに、知識を提供するサービスと本を結びつけたところにビジネスチャンスがありそうです。いくつかフロアがある書店さんなら一部の階をスクールに貸すとか、書店とスクールが事業提携するとか、いろいろ考えられそう。
[PR]
by dezagen | 2015-01-26 21:21 | | Comments(0)