エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
アメリカのスーパーマーケット Kroger
ライター渡部のほうです。

昨年は全米、および世界第1位のスーパーマーケットWalmartの本拠地に行った
  http://blog.excite.co.jp/dezagen/22293459/ ので、今回は全米第2位のKroger(以下、クローガー)のお膝元、シンシナティに来ました。

(厳密には、スーパーマーケットという業態ではクローガーが全米第1位で、総合小売店でくくると第2位なんだとか。系列店などもあってややこしいので、ここではざっくり2位としておきます)

本社に一番近いクローガー。
b0141474_13105217.jpg
b0141474_13103091.jpg

都心なので、比較的小さめ。とはいえ、日本のスーパーマーケット規模で言うと大きいけど。

クローガーの創立は1883年。
創立者バーナード・クローガーのスローガンは「Be particular. Never sell anything you would not want yourself.(こだわりを持て。自分が欲しくない物は売るな」。時代が違うので比較するものでもないけれど、Walmartの最初のスローガンは「The Lowest Prices Anytime, Anywhere. (いつでもどこでも、どこよりも安く」。Walmartが価格勝負だとしたら、Krogerは品質勝負というところでしょうか。

クローガーの始まったシンシナティのOver Tha Rhineというエリアは、ドイツ系移民が多く移り住んで発展した町で、バーナード・クローガー自身もドイツ系です。今はいろんな出身の人達が混じっているようですが、ホテルやお店の人の対応(真面目。適度に親切、でもそんなに干渉しない)、場所の雰囲気(ローカル色は強くない。クローガーなど大企業が並び、P&Gの本社も近い商業地域。どこの都市にも見られるような均質的な感じ)成功した再開発活動などを見ていると、ドイツの系譜を受け継ぐアメリカの合理性を感じます。あくまで私感ですが。

品質中心だからなのか、Krogerのプライベートブランド商品のデザインは地味。主張が激しいPBとはちょっと違います。
靑地の四角に、楕円形の水色+中にロゴで、控えめ。よく見ないとクローガーの、というのは分からない感じ。
b0141474_13245433.jpg

b0141474_13261050.jpg


スパイスのデザインとか、いいと思うんですが、やはりクローガー色はひっそりしてます。
b0141474_13291386.jpg


色のきれいなサプリメントのパッケージ。
b0141474_13393337.jpg

なのに、残念。値段のタグのほうに目が行ってしまいます。

アメリカの一般的なスーパーマーケットの商品は、デザインをどんなに頑張ってもやっぱり値段が物を言うみたいです。
風邪薬のパッケージ(ホテルのエアコンが強すぎて鼻風邪引きました)。
b0141474_13593632.jpg

右上の赤地に黄色の文字。「ヴィックスのNYQUIL COLD & FLU LIQUICUPSの主要成分と比べて下さい。側面もご参照下さい」と。ヴィックスの商品と同じ主要成分が使われています。で、価格は半額くらい。パッケージにこういう宣伝文句を入れてしまうっていうのはすごくアメリカらしいと思います。強気というか。

行く海外の先々で、スーパーマーケットで売られる商品を見て、どんなデザインがその土地の人々に訴求するのかをずーっと観察中で、スーパーマーケット巡礼にアメリカにも来るようになりましたが、デザイン視点では、スーパーマーケットの本場(?)アメリカが一番残念な国。
デザイン頑張っても結局値段か、と。
同じ英語圏でもイギリスは毎月のように新商品が出たり、PBがリニューアルされたり、行くだけでワクワクするんですが。。
[PR]
by dezagen | 2015-03-27 14:10 | プロダクト・パッケージ