エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
福永紙工工場見学+コンペ開催
ライター渡部のほうです。

先日、大学の渡部ゼミで福永紙工の見学に行ってきました。

b0141474_144326.jpg

ゼミ生に抜き型を見せ、解説する山田明良社長。

福永紙工といえば「かみの工作所」。
www.kaminokousakujo.jp

福永紙工の印刷、紙加工技術とデザイナーの発想で、テラダモケイ(デザイン:寺田尚樹 www.teradamokei.jp)や空気の器(デザイン:トラフ建築設計事務所 www.kamigu.jp/category/select/cid/359)など、これまでなかった新しい紙製品を発表しています。

特に得意なのは厚紙の抜き加工。
厚紙を抜く機械で、箱の抜きが出てきた、と思いきや、なんと1mmを切る厚さの段ボールでした。
b0141474_13562713.jpg

この薄い段ボールにオフセット印刷もでき、抜き、折り、箱加工も可能です。

機械さえ導入すれば工場のできることが変わるというものでもありません。
機械を使いこなし「加減」を理解する職人さんあってこそ。
例えばかみの工作所のカード「ミーーーラ」 
www.kamigu.jp/category/select/cid/357/pid/9420 は、包帯がぐるぐると巻かれたようなミイラの形。上からそっと剥がしていくと、細い包帯のように切り込まれた紙が細い紙片とな1本でペリペリとめくれていく、楽しいカードです。
これは2枚の紙を弱粘着で合わせて、そこに抜き型を当てて作ります。下の紙は抜けないように、上の紙だけ、しかも布のようなテクスチャーのある紙を抜くようにするのは高度な技術。

「うちは別に特別な機械を入れているわけでもないんですよね」と山田社長は言います。「でもそこをアイデアと工夫で何かできないかな、と試行錯誤しているわけです」
最近は社員の紙工ディレクター(この職業名は初めて聞きました。斬新)宮田泰地さんが中心になり、紙器研究所なるものを始めたとか。1枚の紙からどんな構造ができるか、プロトタイプを作りながら研究しているそうです。

工場が単に外部から受注を受けるのではなく、内部から発信していく。こうしたことはデザイン媒体の取材では多く目にしてきたことなのですが、では一般的かというとそうでもないのですね(この件については長くなりそうなので、いずれブログで書こうと思います)。
福永紙工さんのようにアイデアを積極的に受け入れていく、実行に移す企業は本当に希少で、そして魅力的です。

さて、そんな福永紙工さんの「かみの工作所」からお知らせ。
「ペーパーカード」デザインコンペ 2015 www.kaminokousakujo.jp/compe2015
「気持ちを伝える」というテーマに即し、平面の紙を立体にできるペーパーカードのデザイン提案を募集します。
エントリー期間は6月1日〜8月31日。
グランプリ1名 商品化+ロイヤリティ。 優秀賞2名 商品化+ロイヤリティ 審査員賞 10名 

重要なのは参加費 3000円が必要、ということです。
企業主催で有料のコンペは少しハードルが高くなるかもしれません。ですが、その分、本気で商品化を目指す人が募集対象とも受け取れます。
応募者限定の工場見学(7月3日と8月3日の2日、各40名)を行うのも、工場の技術をきちんと知ってもらった上で作品を作ってもらいたいという気持ちから。

結果はもちろんですが、この工場見学でどんな質問が飛び出すのか、すごく気になります。

福永紙工さんの工場に行って思ったのは、工場内がとてもきれいだということ。印刷会社はインクも出れば、断裁した時の紙の繊維も溜まって行きやすい、非常に汚れやすい場所なので、新品のシンクのようなというわけにはいかないものの、機械もパーツからきれいに磨かれていて、大事に使われていると感じました。

b0141474_13581082.jpg

[PR]
by dezagen | 2015-05-29 10:00 | プロダクト・パッケージ