エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
インテリアライフスタイル展
ライター渡部のほうです。

ブログ相方、宮後さんのポストにも書かれていましたが、今年のインテリアライフスタイル展。
かなーり時間が経ってしまってますが、渡部が気になったものをいくつか。

b0141474_538942.jpg

FIVE GOKAYAMA http://www.five-gokayama.jp
デザインチーム minna http://minna-design.com がデザインした和紙製品シリーズの一つ。顔料で染め、こんにゃく糊で揉み込んだ和紙を使ったカードケース。蛍光色が鮮やかに出ています。
和紙のステーショナリー、日用品は、深澤直人の「SIWA・紙和」シリーズなど様々出ていますが、地味な色味が多かったところに、新しい視点を持ち込んでいます。

b0141474_5384727.jpg

b0141474_53961.jpg

INSTANT JEWEL http://www.instantjewel.jp
宮後さんもチェックしていたこちら。やはり飛び抜けて良かったブースの一つです。
日本の工場が持っている技術、すでにある金型などを活かして、新しい発想のプロダクト=ジュエリーを作る、というもの。
プラスチックパーツを作っているのは、普段自動車、電気機器、医療用などの部品を製作しているツルミプラ http://www.turumipla.co.jp/
今回の新商品金属線のものはどこのメーカーのものか聞き忘れてしまいました。ごめんなさい。
INSTANT JEWELはブースのプレゼンテーションが非常にうまい。実際に売られる状態と同じ真空パックを壁に並べ、透明な袋に印刷された黄色、中のジュエリーのカラフルさが目立ちます。関係者に送られていた招待状もこの黄色印刷の透明袋に入っていたので、「あのDMを送ってくれたところだ」とすぐ分かります。
ジュエリーのデザインからブースのデザインまで手がけたのは大友学さんと小澤真奈さんのstagio http://stagio.co.jp 。大友さんはプロダクトがメインのデザイナーさんですが、数々の展示会に出展した経歴があるだけに、いかに見せるか、のツボを押さえています。

b0141474_5401159.jpg

光伸プランニングのmonopuri http://monopuri.jp
かみの工作所もそうですが、通常は印刷加工業や製造業をやっている会社/工場が自発的に発信したプロダクトが増えています。
光伸プランニング  http://koshin-p.jp は普段屋外広告やサイン・ディスプレーの印刷を行っている会社。紙だけでなく様々な素材への印刷技術に長けていることを活かし、デザイナーと協力し、アクリルやメッシュに印刷加工をした小物を製作、販売しています。今回の新作「POT」は波打つ形のコンクリートに印刷した小物入れ。
「これはどうやって印刷してるんですか!?」と思わず聞いてしまったのですが、教えてもらえませんでした(笑)。取材で聞きに行きたい。

b0141474_544042.jpg

b0141474_5441952.jpg

POLS http://pols.jp はできたてほやほやのテキスタイルブランド。
高度なジャガード織り技術を持つ兵庫の老舗テキスタイルメーカー丸萬 http://www.maruman-inc.jp とテキスタイルデザイナー梶原加奈子さん http://www.kajihara-design.com が協力し作られた製品は、異なる柄が織機で1回で織れてしまったり、4枚の布を合わせたように見えるのにこれまた1回の織機で出来てしまう、といった驚きの布地を活かしたもの。
梶原さんはすごいアクティブな人なんですよ、と聞いてましたが、今回初めてお会いして納得。お話をしてるだけでも、色んなアイデアがばんばん出て来るのですごいです。北海道と東京と産地をほぼ毎日のように移動しているという体力にも頭が下がります。
グラフィックデザイナーに白井陽平さん、コピーに安藤隆さん、とサン・アドの方々が参加。パンフレットは素晴らしく美しいです。

b0141474_5451712.jpg

proef http://proefdesigns.com のストッキング。ストッキング生地にフロッキーやメタリックのプリント。印刷で乗せている部分がかなり厚いので伝線しそうですが、伝線しないような柄、柄のサイズなどをストッキングメーカーと試行錯誤しながら作っているとのこと。

b0141474_546262.jpg

Acrylic Resin は、樹脂の機械パーツなどを作るワイザーリンケージ http://www.wiser-l.com/ の技術と、サン・アドのアートディレクター高井薫さんの発想で生まれたアクリル板の雑貨シリーズ。
モチーフがかわいいコックさんに蚊取り線香にカセットテープにでっかい盆栽、って、おしゃれーなインテリアライフスタイル展の中で突然膝がっくんをされたような、緊張をほぐす力の抜き具合。高井さんの、この塩梅の巧さにはいつも感激してしまいます。

b0141474_5465346.jpg

他にも色々面白いものが溢れていた今回のインテリアライフスタイル展ですが、やはり一番良かったのはアトリウムの展示。気持ちよかったです。
[PR]
by dezagen | 2015-06-24 05:47 | 展覧会