エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
Tokyo Art Book Fair 2015
編集宮後です。
続けて、9月19〜21日で開催されたTokyo Art Book Fair。

昨年までユトレヒトの江口さんを中心に企画されていましたが、今年からPostの中島さんのチームによる企画で、会場構成なども少し変わりました。

今年は、スイス大使館協力のもと、スイスのブックデザインが展示されたり、オランダのブックデザイナー、イルマ・ボームの展示があったり、海外から多くの出版社が参加していたり、海外からの参加が目立った気がします。

b0141474_20422539.jpg

b0141474_20423027.jpg

スイスの展示(上)とイルマ・ボームの作品(下)。イルマの本の一部も販売され、大人買いしていく人も。

b0141474_2113287.jpg

昨年と変わらなかったのは、プリンター・ブース。紙や印刷加工にかかわる企業が出展している部屋で、紙の総合商社 竹尾の提供で、紙見本が持ち帰れるコーナーもありました。

b0141474_20504565.jpg

b0141474_20505843.jpg

今年よかったなと思ったのは、紙を使った会場のサイン。NTラシャを全紙サイズでランダムに貼り重ねただけですが、色もカラフルで美しく、高揚感もあり、会場をまとめるアイデンティティとしてもうまく機能していました。パンフレットのデザインもサインデザインに連動していて、よかったです。

あまりちゃんと見て回れなかったのですが、去年より出展者も来場者も増えている気がしました。私が日々直面している出版をとりまく現状と対照的な光景が繰り広げられていて、いろいろ考えさせられます。素敵な本をたくさん見て気持ちが高揚する一方で、この状況を生み出している原因を考えると無邪気に喜べなかったり。とはいえ、写真集やアートブックなどのビジュアルを中心とした本のよいところは、翻訳しなくても世界中で流通できる可能性があること。言葉の壁を越えて広がっていけるような本をつくりたいと思ったのでした。
[PR]
by dezagen | 2015-09-26 21:19 | イベント | Comments(0)