エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
print galleryの展示
編集宮後です。
白金高輪にあるprint galleryでBernd Kuchenbeiserの展示を見てきました。

b0141474_11183262.jpg

b0141474_11184478.jpg


こちらのギャラリーは、もともとバーゼルでタイポグラフィを学び、デザイナーとして活動されてきた小泉均さんが開設したスペースで、現在は同じくバーゼルの卒業生である阿部宏史さんが運営されていらっしゃいます。白金高輪の商店街の奥にある小さなスペースですが、まだ日本に紹介されていないヨーロッパのデザイナーやタイポグラファーの作品を展示しているギャラリーです。いつも新鮮な作品を精力的に紹介してくださるので、たびたび足を運んでいました。「print」という名前のとおり、印刷物(ポスター、書籍、活版印刷物など)を中心に展示され、ご自身で企画された展示を中心に運営されているそうです。

10月3日から始まった「Bernd Kuchenbeiser: Black White Type Things」展は、ドイツ・ミュンヘンを拠点に活動するグラフィックデザイナー、ベルント・クーヘンハウザー(1969年生まれ)の書籍やポスターを展示した展覧会。クーヘンハウザー氏は、音楽レーベルECM、出版社ラース・ミュラー、文化交流期間ゲーテインスティテュート、アーティスト個人からの依頼を受け、幅広く活動するデザイナーで、「ドイツの美しい本」を数回にわたり受賞する実力派。

b0141474_11191320.jpg

b0141474_11192448.jpg


今回は彼から直接送ってもらったというポスターや書籍を展示されており、それらの作品をまとめた新聞形式の小冊子「Black White Type Things」(上)も会場で販売されています。この冊子はドイツで印刷されて運ばれてきたそう。

b0141474_11193450.jpg


スイス系のタイポグラフィが好きな方ならきっと好きな感じの作品です。入口のポスター(上写真)もかっこいいんですよ。

展示は、11月15日(月)まで。
ギャラリーが開いているのは、土日の13:30〜20:00と金曜、月曜の15:00〜20:00で、入場は無料。
白金高輪駅から徒歩5分くらい。小さな商店街のちょっと脇に入ったところにあります。
行かれる前にウェブサイトで最新情報を確かめることをお勧めします。

print gallery tokyo
港区白銀台1-8-6 1F
http://www.printgallerytokyo.com/
[PR]
by dezagen | 2015-10-19 07:55 | 展覧会 | Comments(0)