エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
2015年度のGマーク忘備録
編集宮後です。
今年のGマークの展示を見てきました。
以前にまして、ウェブサイトやサービスなど、新しい仕組みやシステムの受賞例が増えている印象を受けました。以下は、自分用の忘備録ですが、気になったものをシェアします(製品名をクリックすると詳細情報にリンクします)。

b0141474_10351276.jpg

Live Talk
富士通が開発した、聴覚障がい者参加型コミュニケーションツール。会議などで多数の人の発言がテキスト化されてリアルタイムで表示されるので、聴覚障がい者の方も一緒に会議に参加することができる。音声認識技術がここまで進んだのかとびっくり。企業で使うことを想定したシステムのようだが、個人で使えるようになればテープおこしにも使えそう。


b0141474_1035216.jpg

勉強サプリ
リクルートが開発した、オンライン受講アプリ。一流講師の授業が月額980円で受け放題という画期的なオンライン学習システム。遠隔地や経済的理由などで塾に通えない子どもたちもネット上で質の高い教育が受けられる点が画期的。


b0141474_10352916.jpg

Share Village Project
消滅の危機にある村の古民家を再生するプロジェクト。インターネット上で共感者から資金を募り、民家を改築、維持する仕組み。資金を提供した(年貢を納めた)人は村民として、その民家をシェアすることができる。第一弾として、秋田県の五城目村の民家の再生に成功。以後、日本全国に拡大していく予定。


b0141474_10353790.jpg

JAHB net
日本全国の工務店のネットワーク。個々に散らばる工務店同士がネットワーク化することで、材料、工程、大工さんなどの情報をシェアするしくみ。いままでなかったのが不思議だが、インターネット上で材料や人員の情報共有しあえるメリットは大きい。


b0141474_10355042.jpg

他人組
高齢大工から若手大工への技術継承を促進するマッチングシステム。高齢大工と若手大工でペアを組んで住宅を建てることで、熟練大工の技を若手に継承していくことを目的としている。前述の工務店のネットワークもそうだが、建築業界ではこうしたオンラインネットワークが必要とされていることを感じた。


b0141474_10355869.jpg

成田国際空港 第三ターミナル
おもにLLC(ローコストのエアライン)が利用するターミナルが成田国際空港にオープン。陸上トラックをイメージした床の導線やサイン計画、低コストを逆手にとった新しいデザインが評価された。会場では、原寸大サイズに近い写真をパネルで展示。ほかにも野球バットで試し打ちができるバッティングゲージが設置されるなど、受賞製品を体感できるコーナーもあった。


b0141474_1036640.jpg

ソフトリングノート
リングの部分が柔らかい素材でできており、手があたっても痛くないノート。これもいままでなぜなかったのかが不思議だが、見落とされていたアイデアだ。


b0141474_10361677.jpg

air Closet
自分の体型や好みにあった服を選んで宅配してくれる月額レンタルサービス。自分に似合う服がわからない、服を買いにいく時間がない人にとって便利。返却先でクリーニングしてくれるので、着た服はそのまま返却すればOK。


b0141474_1036244.jpg

最終ノミネートに残った8製品。このうち、2番のパーソナルモビリティが大賞を受賞。
www.g-mark.org/‎


プロダクト部門については、外見の色やデザインといったスタイリングを変えただけの製品ではなく、いままでになかったものが受賞している印象。オンライン分野は人同士をつなげるネットワークや、物を持たずに共有するシェアやレンタル系のサービスが目立っていたように思いました。Gマークの展示会は、新しい製品やサービスを考えている方々にとっても気づきが多い場所。ネットで受賞作を見ることもできますが、リアルな場所で集中的に圧倒的物量の現物に触れることによって全体的傾向が見えるなど、気づくことが多かったです。
[PR]
by dezagen | 2015-11-17 07:08 | イベント | Comments(0)