エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
英国紅茶(ならぬ、teaカテゴリー)のパッケージ
ライター渡部のほうです。

年末、イギリスとパリへ。
友人に「イギリスの紅茶って今どんなものが流行ってるの?」と聞かれ、改めて見てみると、ここ数年、毎回来る度に変化していることが伺える。

統計にもはっきり出てきている。
いくつか記事があったが、例えば英国紙『ガーディアン』の記事、
2012年から2014年に掛けて、売上比で通常のティーバッグタイプは13%の落ち込み。
一方、ハーブティーは31%の伸び。
紅茶の中でも高級茶葉や希少な茶葉を使ったスペシアリティティーと呼ばれるカテゴリーは15%伸び。
むろん、まだまだイギリスで一般的なティーバッグタイプの紅茶を(牛乳や砂糖と共に)毎日飲む人は成人で半数以上いると言われる(英国紙『インディペンデント』の記事より。出典元はThe UK Tea & Infusions Association)。

さて、スーパーマーケットの売り場、パッケージではどう展開されているのか。

今回行ったのはBrighton & Hoveという南の町。割と裕福な層と新しいものに理解を示す人達が多く住んでいる地域。

最も一般的なスーパーマーケット、Tescoのteaコーナー。
ざっと見ると、一般的な紅茶が健在

b0141474_19584924.jpg


なのだが、この手前のほうは
緑茶やハーブティー、スペシアリティティーが並ぶ。面積としては大体半々くらいか。

b0141474_19592614.jpg
b0141474_20003483.jpg


次は中流〜高級なスーパーマーケット、waitroseのteaコーナー。
一般的な紅茶と少し高めの紅茶が混在している

b0141474_20013343.jpg

b0141474_20025599.jpg

その隣にハーブティー、緑茶、スペシアリティティーの棚。

b0141474_20033959.jpg

20年くらい前だったら、PG tips、Tetley、Twiningsとそれぞれのスーパーマーケットのプライベートブランドの「普通の」ティーバッグがほとんどを占めていた。
いずれの紅茶メーカーもパッケージデザインの傾向は異なれ、ブランド名がものすごく目立つ、という点で変わりはなかった。

今の緑茶やハーブティー、スペシアリティティーのデザインを見ると、ブランド名をどーんと出しているBrew & Co、ブランド名は控えめなTaylor、イラストやパターンが目立つTeapigs、Pukka、Rare tea、あえてレトロな文字を大きく配したパッケージのルイボスティー専門のTick Tockなど、デザインの展開は様々。

tea、あるいは、店頭でのteaコーナーにおいてはPG tips、Tetley、Twiningsのような「きっちり」デザインが主流だったところに、他の選択肢を与えデザインの幅を広げたのにはClipperの存在は大きい。
手書きの文字で、すぐには読めなかったり、横に配置したり、イラストと文字を一体化させたゆるめなイメージのデザインを起用している。
Clipperがどんなスーパーマーケットでも見られるようになったのはいつ頃だったのか、会社のHPでは1996年とあるが、実際はもう少し後だったように思う。

イギリスのお土産として紅茶を買っていっても、あんまり日本人の口に合わないので不評続きだったのに、これはパッケージだけでも喜ばれそう、と嬉々として買った覚えがある。そして、その時にはすでに日本に輸出されていた、ということも覚えている(苦笑)。

今や、イギリスのteaはフレーバーもパッケージもチョコレート並に、バリエーションに富んでいる。

それにしても、緑茶文化の根強い日本からすると、緑茶のデザインは「緑にすればいいってもんじゃないんでは」という気も。


b0141474_19592614.jpg

日本も緑茶コーナーに行くと緑ばっかりではあるけれど。
日本もイギリスもさらに緑茶文化の細分化、パッケージのバリエーション化があってもいいのでは。


[PR]
by dezagen | 2016-12-29 20:04