エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
中国四川成都で見たパッケージデザイン
本当にブログが久々でびっくりしますが、ライター渡部のほうです。

先日、中国は四川、成都に行ってきた。
中国本土に行ったのは、2010年の上海万博以来なのでなんと7年ぶり!(のはず)。

中国ではこういう傾向が、というのをまとめづらい状況は変わらず。すごいなあ、と思うものをランダムに。
(6月21日夜。朝ダッシュで書いた文章があまりにもダッシュすぎたので若干整理整頓、補足しました)

中国はプラスチック成型が自由だな、と思う。
キノコ型子供向けリキッドソープ
b0141474_13264558.jpg

歯ブラシはプラスチック成型技術の凝縮。日本でもヨーロッパでも見ない形のものが沢山あった。
b0141474_07034108.jpg


チューリップ型だからなんだ、とか、そういうことでもなく、単にかわいらしい、ということなんだろうなあ。恐らく女性用サニタリー用品。
b0141474_07242502.jpg


成型技術がどうこうという話でもないが、こんな形のボトルが昔エヴィアンだったか(?)の特別バージョンであったような気が。ちなみに中は豆菓子。
b0141474_07225460.jpg

中国本土のキラキラホログラム箔大好き、は相変わらず。ライオン歯磨きもピカピカ。
b0141474_07053368.jpg


生理用ナプキンがダイレクト過ぎて直視できない。
b0141474_07064269.jpg
洗剤製品はローカル色の出やすいところ。
食器洗剤にショウガの香り、というのが定着していた。
刺身醤油皿をこれで洗うと、ショウガの香りが残って薬味要らず!ってことはないよな。
b0141474_07073707.jpg

「雕牌」洗剤シリーズは(昔風な言い方だけど)ヘタウマなイラストを起用。なぜこうなったのか、ターゲットが誰なのかよく分からない。
公式サイトを見ても商品群がよく分からないが、「雕牌」で調べるとこのイラストのバリエーションが多々。
b0141474_07093914.jpg
b0141474_07093540.jpg
b0141474_07210314.jpg


日本ではあまり見ないので害虫がコロリと死んでるイラストを見ると「強力なんだな」と思う。
他の害虫害獣を殺しながら生きる、人間は悪い生物です。
b0141474_07212860.jpg
b0141474_07212292.jpg

油性ボールペン。中国はまだ替え芯文化健在。エコロジー的に正しい。だが、ホルダーの数もそれだけ揃えてどうする。
b0141474_07254309.jpg


狙ったところに書けます。というようなものでもないと思う、鉛筆って。
b0141474_07282928.jpg
b0141474_07282463.jpg


今回行った成都、つまり中国四川省は火鍋が名物。火鍋の素はほぼ脂なので、固形で売られている。
b0141474_07300826.jpg


名物なのでギネスに挑戦、的な。とはいえ、こんなでっかい鍋で食べているわけではない。この鍋サイズでは周りにいる人間を煮る地獄絵である。おお、怖。
しかも縦横無視のディスプレーにされてイワシかと思った。
b0141474_07303964.jpg

あまりの太さに箱なしのラップ類か巻いてあるゴミ袋かと思ったら麺だった。
b0141474_07313356.jpg

中国伝統切り絵をアレンジしたオシャレパッケージ。こういうのだけだったらある意味理想だと思うのだが、そうもいかない。
b0141474_07511702.jpg

ゼリーのようなお菓子のパッケージ。突然オシャレっぽいなー、と思わず買ってみようかと思ったが、上のほうの文字だけパッケージがポエム過ぎて萎える。
b0141474_07523922.jpg

しかも美味しすぎて口からヨダレが出ちゃうらしい。
b0141474_07540442.jpg

茶飲料の種類も多い。フレーバーはほぼ緑茶、ジャスミンティー、紅茶で砂糖もしくは果物フレーバー入り(無糖がほとんどない)。

農夫山泉というブランドは、テキスタイルパターンのようなイラストがパッケージ賞など取っているのだが、
http://www.nongfuspring.com/index.php/product/lists/category/133
オシャレパッケージと韓国アイドルを秤に掛けて、韓国アイドルのほうが勝ったようだ。
パッケージにアイドルの写真を載せてしまう、のはパッケージデザイナーに取ってはヘコむところだが、消費者的にはアイドルのほうが訴求力がある、というのは事実ではある。
(BIGBANGのメンバーは大麻摂取で話題になってましたが、とりあえずいいのかな)
b0141474_07321621.jpg
フレーバーの種類は少ないけれど、ボトルの形は様々ある。壺っぽいこちらも上の茶πと同じ農夫山泉ブランドの製品。
http://www.nongfuspring.com/index.php/product/lists/category/127
白いボトルは紅茶のミルクティー。黒は抹茶ミルクで「ほんのり海苔味」だそうだ。
b0141474_07402510.jpg
「茶ea」という商品名はどう読むのだ、とよーく写真を見てみたら、茶の文字の中の部位を無理矢理「T」に読ませているのだった。無理がある。どう見ても無理がある。せめて、漢字のはねをなくして欲しい。
b0141474_20460212.jpg


中国本土でのグリコの頑張りは素晴らしい。お菓子業界は、本土で元々あるブランドに加え、台湾系の旺旺、韓国のオリオンなどが入っており、なかなか激しい競合状態。日本のブランドではグリコのポッキー、プリッツ類、不二家の飴などが定着している様子。
中国グリコのポッキー全種類買ってくる予定だったが、あまりの種類の多さに諦める。
b0141474_07440343.jpg
b0141474_07440920.jpg


乾燥キノコ類。ボタニカル画風な、きれいなパッケージだなーと思いつつ、料理をするおばさんあたりが主力ターゲットだと思われる乾燥キノコ(食材)にこのオシャレさはどう訴求してるのか。
中国人の大学院生が「ギフト用かも」と言っていたが、確かに干し椎茸やキヌガサダケなど高級干しキノコ類は贈答品に使われることもあるし、干しキノコで58元(約1000円)は高い、とはいえそれはどちらかというと年配向けの贈答品。
この「老人头菌(老人頭菌)」は日本ではモミタケというそうな。中国では野生の老人头菌は漢方にも用いられるものだそう、だが…。
b0141474_07554495.jpg


タイ米。セクシーお姉さんが田んぼを耕してまーす。
b0141474_07571352.jpg

地味ながら、今回一番衝撃を受けてしまったパッケージ。猫の股の開きっぷりが大胆すぎて。
b0141474_07580600.jpg


漢字の文字の形といい、中の個包装ピーナツの絵といい、カッコ良さでは断トツ、これは買い!と思ったのだが、どう見てもマズそうで、買いたいけどマズそう、のジレンマを30分続けた後、結果買わなかったピーナツ入り牛乳味ヌガー。
b0141474_08432015.jpg

とりあえず、以上です。

[PR]
by dezagen | 2017-06-21 08:02 | プロダクト・パッケージ