エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2009年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧
『はじめての手製本』重版
編集部、宮後です。
『はじめての手製本』がめでたく重版いたしました。
が...初版で使った本体表紙と同じ用紙がないため、
重版(二刷)では違う用紙を使うことに。

b0141474_23415216.jpg

写真の左側が初版本、紙は「リ・シマメ」、
右側が重版見本、紙は「マーメイド」です。
色もクリーム色からグレーに変わります。

重版分はこれから美篶堂さんで手製本していただくので、
まだ出荷できる本がないのです(上の写真は見本)。

現在在庫切れのため、書店さんに出荷できない状況。
皆様お待たせしており、申し訳ございません!
手仕事なので、何卒ご容赦ください。
出荷準備でき次第、またブログでお知らせいたします。


[PR]
by dezagen | 2009-05-31 23:43 | Comments(0)
こんにちは、渡部千春です。

宮後さんと遭遇した『骨』展。
かなりワタクシの趣味的に面白モノ揃い。
全部紹介したいところですが、それでは冗長になってしまうので、一つ。
といえば、やはり欠かせないのは明和電機さんです。

芸がないんで、全部一列に並べてしまいましたが、コマ送りだと思って見て下さい。

b0141474_16525698.jpg
b0141474_16523525.jpg
b0141474_1653762.jpg
b0141474_16532237.jpg
b0141474_1654334.jpg
b0141474_16541952.jpg
b0141474_16494090.jpg


ふいごみたいのが肺の役割をして、声を出します。
かなり強烈です。

で、骨で六本木といえば、こちらも骨っぽい。

b0141474_16575788.jpg


森アーツセンターギャラリーでやっている『メイド・イン・カッシーナ』展。
その中の、テオドール・ワッデルのテーブル「713」「714」。
6本の脚の先のうちテーブル面に付いているのは3点、床に付くのも3点。
ワイヤーで構造を支えています。
と、書いてもよく分からない、
という人は六本木へ。
6月7日までやってます。

あ、こっちは皮っぽいです。
b0141474_1710585.jpg

ガエタノ・ペシェの「GOLGOTHA」。
[PR]
by dezagen | 2009-05-29 17:15
六本木展覧会めぐり
編集部の宮後です。
六本木でデザイン関係の展覧会が重なったので、
今日まとめて見てきました。

1つ目は、三保谷硝子店地下のJAGDA TOKYO展から。
倉俣史朗の作品で知られる硝子店の地下、
バーがあった場所が1年間、展示スペースとなり、
毎週JAGDA会員による展示が行われています。
http://www.jagda.org/contents/jagdatokyo/

今日見に行ったのは第五回の澤田泰廣さんと山本ヒロキさんの展示。
(お二人の展示は5/30まで。翌週から別の展示になります)
b0141474_040148.jpg


6畳くらいの小さな展示スペースですが、
東京のど真ん中でグラフィックデザイナーの
自主作品が展示できる場所はなかなかないもの。
JAGDAの新しい試みに期待。

         *

そのままミッドタウンの21_21へ行き、
金曜日から始まる「骨」展の内覧会へ。
山中俊治さんのディレクションだけあって、
takramや明和電機など、テクノロジーを感じさせる
インタラクティブな作品が数多く展示されていました。
全景写真とtakramの作品(ボタンを押すと...この動き方がたまりません)
b0141474_0434329.jpg

b0141474_0522049.jpg


http://www.2121designsight.jp/

こういうジャンルの展示こそ、絶対に実物を見るべきです。

会場でこれ誰ブログを一緒にやっている渡部さん、
これ誰ADの山野さんにも偶然遭遇。
会場の展示デザインはトラフが、
展示グラフィックは山野さんが担当されたとのこと。
b0141474_0455250.jpg


         *

3つ目、21_21から近い東京ミッドタウン・デザインハブで
開催中の「デザインのイエス、ノー」展へ。

「デザインで社会を変えよう」をテーマに、
21世紀日本で何がイエスで何がノーなのか、を
Tシャツにして表現したもの。
b0141474_0514445.jpg


武器、戦争、自然破壊などおなじみのテーマが
ビジュアライズされてTシャツになっているのですが、
「実際に着たいかなあ?」というものも(失礼!)。

こちらは5/31まで、東京ミッドタウン・デザインハブで開催。
http://www.jagda.org/information/event/148


JAGDA TOKYO展
http://www.jagda.org/contents/jagdatokyo/
骨展
http://www.2121designsight.jp/
「デザインのイエス、ノー」展
http://www.jagda.org/information/event/148


[PR]
by dezagen | 2009-05-28 01:00 | 展覧会 | Comments(2)
デザインの現場6月号発売
『デザインの現場』6月号が発売されました。
特集は「文字のつくりかた」。

b0141474_1811337.jpg


http://www.bijutsu.co.jp/dezagen/

これ誰の兄弟サイト「タイプディレクターの眼」小林さん、
字游工房の鳥海さんによる「文字のつくりかた」講座は必見。
やはりこのお二人はすごいです。
記事について書かれている小林さんのブログもぜひ。
http://blog.excite.co.jp/t-director/10317357/

[PR]
by dezagen | 2009-05-27 18:07 | Comments(0)
コアラの記号
 やあ、読者のみんな、元気かな?今夜も君達のためにゴキゲンなネタを用意したよ、
……などと80年代DJ風な喋りが頭を回る、夜中のライター、渡部千春です。

 昨年7月「これ、誰がデザインしたの?」で「模倣」でMONO消しゴム、「応用」で、ポッキーに似た製品をいくつか紹介した。

今年4月に台北、5月に香港に行ってきたので、もう少し「応用」の例を探してみることにした。

b0141474_249268.jpg

↑台北にて。ポッキー類は相変わらず人気。

b0141474_2542391.jpg

↑ポッキーに並んで人気が高い日本のお菓子が、コアラのマーチ。日本製。

b0141474_2561448.jpg

↑同じ棚の並び。「小熊餅」。
コアラは中国語で「樹熊」。同じ熊だからといえば熊かもしれない。

で、いくつか買って帰って来てみたのだが、

b0141474_25792.jpg

↑台湾向けマレーシア産「小熊餅」
中の小袋の絵が違うが、コアラは変わらない。

ちなみに小袋に描かれている「Ego」ブランドはシンガポールに拠点を置き、マレーシアに工場を持っている会社。現地及び近隣諸国では「Golden Bear」の名前で製品を出しているらしい。

b0141474_2583850.jpg

↑香港向け中国産 「BB熊の朱古力夾心餅」
下に日本語で「BBコアラのチョコお菓子」とある。
BBは赤ちゃん、朱古力はチョコレート、夾心餅はサンドイッチビスケットの意味。
このブランド、EDO Packは香港、台湾でよく見るのだが、公式HPを持っていないようだ。残念。

b0141474_302783.jpg

↑台湾向けマレーシア産「熊熊の森」

やや、異なるアプローチが見られるのは

b0141474_2593226.jpg

↑台湾向けインドネシア産「森の国チョコレート」
昨今のアニメ風な半ばリアルな絵柄になっている。ちなみにビスケットに印刷された絵は全く違うトーンの絵だった。

コアラ=樹熊、熊、とくれば、熊猫=パンダも。

b0141474_311152.jpg

↑台湾向けマレーシア産「PANDA熊猫餅」

パンダが登場したのは、こちらからの影響もあるのかもしれない。

b0141474_315521.jpg

↑シンガポール製明治製菓の「Hello Panda」
よく見たら下のほうの日本語は「ハローパソダ」だった。
日本人観光客のための、エキゾチックな風味を増す、サービスだろうか。

こうした商品を、例えばルイ・ヴィトンなどブランド品と同じような類似品と呼ぶには抵抗がある。これらは店内でコアラのマーチと同じ棚に並び、そして明らかに違うからである。

思えば、六角形で緑色という鉛筆の特徴、醤油の赤い蓋、チョコレートの茶色地など、別々の会社から出ているものでも、デザインがどこか記号化してしまうものがある。
これらの商品のパッケージで記号的な要素としては
・熊類(コアラが木の右側にしがみついている)
・森のような背景
・六角形の箱
が挙げられる。

記号化すればするほど、その大元であるコアラのマーチの人気は確固たるものになるとも言えるだろう。

全く異なるアプローチだが、チョコレートフィリング入りビスケットという類で同列に売られていたこれらには、判断が付きかねた。
b0141474_324724.jpg
b0141474_33184.jpg


全く別モノなのだろうが、日本語が…。
[PR]
by dezagen | 2009-05-27 03:03
ADC審査会
編集部の宮後です。
今日は、先週行われたADC審査会のお話を。

ADCというのは、「東京アートディレクターズクラブ」の略称で、
日本を代表するアートディレクター約80名で構成されるクラブです。
誰でもなれるわけではなくて、ADC賞を受賞したことがあり、
ADC会員によって選出されて初めて、
晴れてADC会員になれるという名誉ある会なのです。

ポスター、新聞・雑誌広告、テレビCMなど1万件近くの作品が応募され、
その中から『ADC年鑑』に掲載される
約1000件の作品を選ぶのがこの審査会。

体育館のような会場一面にポスター、
ロゴなどのジャンル別に作品が並べられ、審査が行われます。
比較的小さなものは机上で、ポスターなどの大きなものは床上に。
奥に見える窓のところまで作品で埋まっております。

こうして、丸3日間、朝9時半から夕方6時頃まで
みっちりと会員による審査が行われ、
最後にグランプリ、ADC賞が選出されます。

(ここで詳しくリポートできるといいのですが、
諸事情で詳しく書けず。てなわけで会場写真もナシ!)

さて、今年の受賞作は? 
詳しくは、7月27日発売の
『デザインの現場』8月号をご覧ください!

[PR]
by dezagen | 2009-05-24 22:50
サクラクレパス
 こんにちは。また渡部千春です。前回のクーピーに続いて、サクラクレパスの他の商品についても若干。

 まずは「クレパス太巻」

b0141474_11375196.jpg


 1969年にデザインリニューアルされ現在まで続くこちらのデザインもクーピーを担当した吉田幸一さんの手によるもの。犬やバラ、フラミンゴなどの絵は故沢村徹氏が手がけ、吉田さんが構成。
「私のデザインに対する姿勢はあくまでシンプルでクリア。そして時代の波に押し流されないようなデザインを指向したいと思っています」と吉田さん。全然押し流されていません。

 ちなみにリニューアル前のパッケージ(1959年から69年)はこんな感じ。

b0141474_1139147.jpg


 デザイナーは大橋正氏。50年代からキッコーマンのADをつとめ、キッコちゃんを生み出したり、食材イラストを使ったシリーズを出した人、として知っている人もいるだろうし、戦後のグラフィック会を牽引したスターが揃った「グラフィック55」展の参加者として知っている人もいるだろうし、あるいは猫や子供の絵がかわいらしい明治製菓のポスターで覚えている人も多いだろう。

 大橋氏のデザインで今も使われているのが「クレヨン太巻」

b0141474_1140419.jpg


 1959年から変わらず、今年で半世紀。言われてみると、「あ、大橋正」と分かるあたりが大橋マジック。

サクラクレパス www.craypas.com
[PR]
by dezagen | 2009-05-24 11:41
クーピー
 読者の皆さんこんにちは、渡部千春です。

「クーピーってデザインが変わってませんけど、誰がデザインしたんでしょうね」という、宮後さんの疑問から、今回はサクラクレパスの「クーピーペンシル」について調べてみた。

b0141474_21563298.jpg



発売は1973年。以後、40年近く、本当に変わってないのでびっくりする。

 クーピーというと……、という書き始めで考えてしまったが、正式な商品名は「クーピーペンシル」であるにも関わらず、大体の人には「クーピー」で通じる。よく見たらパッケージ自体「クーピー」だけ白抜き文字になっていた。
 クレヨンでもなく、クレパスという名前ですらうろ覚えな小学生(私)が全く新しい名前を覚えられたのも、重要なところをマークしてくれていたからだった、と今更気が付く。デザイナーさん、ありがとう。
 そのデザイナーさんはというと、当時※沢村徹デザイン研究所(現沢村デザイン研究所)に在籍していた※※吉田幸一さん。現在は大阪芸術大学のキャラクター造形学科の教授を務めている。

 クーピーのパッケージの大きな特徴といえば、幾何学模様だけのグラフィック。クレヨン然り、絵の具しかり、多くの児童向け画材は具象的な絵柄がほとんど、その中ではかなり斬新なアイデア。商品開発の時点から参加していた吉田さんによれば、当時パンダ人気沸騰中だったことから、パンダの絵をあしらったパッケージの提案もあったそうだ。
「具体的な何かを表現して子供達の思考を停止させるのではなく、もっと自由な想像力が働くようなデザインを目指したのです。四角、丸、三角といった抽象的な形態が色彩で満たされ、抽象的ではあるものの商品の形状が表現されています」

 70年代小学生であった私にしてみるとクーピーは新しさの象徴でもあった。パッケージも子供の目には変わっているし、全部が芯なのに手に色が付かず、消しゴムで消すことができる。親には怒られたが、鉛筆削りで削った時にくるくると出てくる色のリボンが楽しかった。
 吉田さんにとって「クーピーのデザインはターニングポイントの一つだった」そうだが、ユーザーの子供(私だけじゃないと思うが)にとっても、新しい道具を手にいれたターニングポイントだった。


※沢村徹 大阪をベースに活動。大阪市営地下鉄、旧三和銀行などのロゴマークを手がけた。大阪デザイン団体連合の会長も務めた。

※※吉田幸一 1939年生まれ。62年武蔵野美術学校(現武蔵野美術大学)デザイン科卒。64年沢村徹デザイン研究所入社。74年株式会社沢村徹デザイン研究所取締役就任。現在、大阪芸術大学キャラクター造形学科教授。サクラクレパスの他、味覚糖やバンダイのデザイン、梅田地下街サイン計画などを手がける。

クーピーペンシルについての詳細は、サクラクレパスのサイトでどうぞ
http://www.craypas.com/products/pickup/coupy.php
[PR]
by dezagen | 2009-05-22 21:57
製本屋さんに教わる「本のつくりかた」展
編集部の宮後です。
またまたしつこく手製本がらみの展示情報です。

東京・蔵前のアノニマスタジオさんで
美篶堂の手製本展が始まりました。
今回の本で製作した作品展示と
美篶堂オリジナルステーショナリーの販売です。
5月23日(土)まで開催されています。

b0141474_23465018.jpg

写真手前が手製本展、奥は素敵な生活雑貨を販売されているin-kyoさんのコーナー。

b0141474_23492144.jpg

b0141474_23493445.jpg

こちらが美篶堂さん。

b0141474_23501330.jpg

こちらはin-kyoさん。

b0141474_23503668.jpg

おとなりは打ち合わせスペース。
何もない空間がここちよいです。

今回は写真多めでお送りしました。
とにかく、この空間が素晴らしく、
こういう環境から素敵な本が生まれるんだなあと思いました。
作り手と空間と生産物(本)が一体化していて、
素敵なものを引きつける引力を感じます。
(こういうところで仕事がしたいものです....)

晴れた気持ちのいい日にぜひいらしてみてください。

アノニマスタジオ 台東区蔵前2-14-14
www.anonima-studio.com
http://www.anonima-studio.com/pdf/wordmap071006.pdf


[PR]
by dezagen | 2009-05-21 00:49 | 展覧会 | Comments(0)
「資生堂・サントリーの商品デザイン展」
上野の芸大で明日から開催される
「資生堂・サントリーの商品デザイン展」の内覧会に行ってきました。

この展示は、社会提携事業の一環として
芸大が企業と一緒に開催している企画展で、
2005年に開催されたいいちこ展、2007年のJR展に続き、
今年で3回目を迎えるそうです。

今回画期的だったのは異なる2社の協同展であるということ。
各企業の思惑をいかに調整しながら一つの展覧会にまとめあげていくか、
関係者の方々のご苦労があったかと思います。

展示では両社の歴代の商品が交互に紹介されており、
飲料と化粧品という全く違う商品ながら、
一つの空間で調和していたのが感動的でした。

写真は1階の様子。
黒い空間に資生堂とサントリーの商品が交互に展示されています。
b0141474_193193.jpg


2階は一転して白。テーマごとの展示です。
(館内は撮影禁止。この写真は許可をいただいて撮影しています)
b0141474_1104445.jpg


それぞれ社内にデザイン部を抱え、質の高いデザインを発信してきた
両社だからこそ実現できた協同展だったのかもしれません。

広告でも高い評価を得ている両社なので、
普通ならポスターやCMなどの広告展になりそうですが、
商品パッケージに絞って展示されていたあたりに
「商品で勝負するんだ」という決意が感じられました。

下の写真は、同展のカタログ。
デザインはデザイン科准教授の松下計さんです。
緑がまぶしい芸大構内で撮影してみました。
都会とは思えないほど、癒されます。思わず仕事を忘れました。

b0141474_1175981.jpg


展覧会は、5月13日(水)〜6月1日(月)まで
東京藝術大学大学美術館陳列館で開催。
http://www.geidai.ac.jp/museum/exhibit/2009/design_ss/design_ss_ja.htm



reported by miyago
[PR]
by dezagen | 2009-05-12 23:41 | 展覧会 | Comments(0)