エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2009年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧
トミ・ウンゲラーのおかしなおかしな世界 展
渡部千春です。

美術出版社のサイトで、他社(新潮社)の他誌(芸術新潮)の
宣伝をするのもおかしな話なのだが、
その雑誌の特集関連企画として行われている、
フランス人絵本作家/イラストレーター/アーティスト/
および変な玩具コレクターのトミ・ウンゲラーのちび展覧会、
それ自体が『トミ・ウンゲラーのおかしなおかしな世界 展』なので、よしとしよう。

場所は、印刷物大好き!な人ならおなじみ、NOW IDeA by UTRECHT。

b0141474_2282144.jpg

ほら、おかしな感じ。

b0141474_2291597.jpg

ますますおかしな感じ。

とはいえ単に「おかしい」ものだけ見に行く展覧会ではない。
「ちょっと、これ普段のユトレヒトにもないんじゃないの?」
と思うような希少ウンゲラー本(古書)のライブラリーコーナーを特設。
加えて、フランスはストラスブールのウンゲラー美術館のグッズも販売。
こちらも希少。

他誌を褒めるのもおかしな話だけど、やっぱり、褒めさせてもらう。
カウンター越しのディスプレー、その雑誌がずらりとならんでいるかと思いきや、
一冊だけ、ウンゲラーの『すてきな三にんぐみ』が混じってるのだった。

b0141474_2295665.jpg


さあ、どれ?
会期は8月9日まで。行って確かめてみましょう。

Tomi Ungerer, the French illustrator, artist, strange toy collector. His small exhibition is now taking place atNOW IDeA by UTRECHT, and it runs until 9 August.

Display beyond the counter (3rd pic) has a trick. Can you single out the one exception in the blue books?
(text: watabe)
[PR]
by dezagen | 2009-07-31 01:53 | 展覧会
Bob Foundation Box Box Box
渡部千春です。

取材記事は「だ・である」調、
展覧会紹介は宮後さんの真似♡で「です・ます」調
という区別をしてみた1ヶ月ほど。
しかし、実際あまり意味はないようなので、
全部統一して「だ・である」にすることにした。決めた。
とはいえ、また気分が変わるのかもしれないのだが、
さておいて、

そんな記念すべき第一回「だ・である」調展覧会紹介は
ボブファンデーションのペーパーブランドNumber62から
新作の発表展示。

b0141474_215517.jpg


Number62ではラッピングペーパーやレターセットなど、
紙の印刷物を中心としたステーショナリーが出ているのだが、
今度は、ものすごい立体で「帽子箱」。

b0141474_2163592.jpg昨今なかなか使わないだけに、この円筒形が特別感を増している。
中に入れるのは帽子でもよし、自分用の宝箱にしてもよし、ケーキを入れてもよし。
私はでっかいどら焼きを入れてみたい。

こういう思いもよらないところからぼこっとアイデアを出してくるのはボブファンデーションのおはこ。
って、別にダジャレじゃないけど。

8月9日まで、Galerie Doux Dimancheで。

Bob Foundation is exhibiting new collection of their stationary brand Number 62 at Galerie Doux Dimanche in Aoyama until 9 August.
The new comer is 'hat box'. The big cylindrical box is seldom seen nowadays, therefore make a greater impression. Hat boxes are not only for hats, but for gifts, cakes, anything indeed.

(text: watabe)
[PR]
by dezagen | 2009-07-30 23:43 | 展覧会
「ファインペーパーがちょっとわかる」展4
編集部、宮後です。
神保町の竹尾見本帖本店で開催されている
「ファインペーパーがちょっとわかる」展4を見てきました。

ふかふかした手触りの紙「ヴィベール」や
エンボスのついた「ウェブロンカラーラミー」などの
作り方の解説やサンプル展示もすごくおもしろいんですが、
今回よかったのは紙のサンプル。
(これ誰がデザインしたの?か現在調査中)
b0141474_183646.jpg


さまざまな特殊紙をドーナツ型に切り抜き、
箔押やエンボス、UV加工など、いろいろな加工を施した
サンプルがお持ち帰りできるのです(枚数制限あり)。

9種類の紙に6種類の違う加工を施した計54枚の中から
好きなサンプルを選ぶだけでも楽しいこの展覧会。
明後日7月31日(金)までなので、まだの方はお急ぎを!

http://www.takeo.co.jp/site/event/central/200905.html

[PR]
by dezagen | 2009-07-30 01:09 | 展覧会
デザインの現場8月号発売
編集部の宮後です。

新しいシリーズの立ち上げに忙殺されていて、
しばらく渡部さん任せになっていましたが、
久々にお知らせを。

『デザインの現場』8月号が発売になりました。
特集は「東京デザインガイド」。
b0141474_14252774.jpg


詳細はこちらをご覧ください。
http://www.bijutsu.co.jp/dezagen/

[PR]
by dezagen | 2009-07-28 14:27
LAMY ドイツデザインの精緻
ライターの渡部です。

東京デザインセンターのショップで、
深澤直人デザインLAMYのボールペンnotoを見ました。
お店の方が親切にも
「いまうちには2色しかないんですけど
他にもまだ色のバリエーションがあるんですよ」
と、教えてくれたので、
そういえば、今松屋で『LAMY ドイツデザインの精緻』
という展覧会をやっていることを思い出し、
五反田から銀座へ。

b0141474_20231575.jpg面白かったのは、中を分解して見せていること。b0141474_20235772.jpg

LAMYの中でも色んなバリエーションがありますが、
中の機構にこういう違いがあるのですね。

日本デザインコミッティー主催、深澤直人監修、
8月17日(月)までやってます。

詳細情報:
http://designcommittee.jp/information/2009/lamy.html

German pen brand LAMY's exhibition is now being held in Matsuya Department Store Ginza. The exhibition is organised by Japan Design Comittee and directed by Naoto Fukazawa - who designed NOTO for LAMY.
Interesting to see the dismantled parts; the underlying structure determining the look of the pen

The exhibition runs until 17 August. Admission free.

Text by Chi Haru Watabe
[PR]
by dezagen | 2009-07-24 16:20 | 展覧会
参×books×小林幹也
ライター渡部です。

五反田の東京デザインセンターで、
『Japan Design in Milano Salone 2009』という展覧会が開かれています。

4月、ミラノで発表した若手デザイナーの作品を展示する、という主旨。
3回に分けて行われています。
第1弾は愛知県立芸術大学と大阪芸術大学デザイン学科。
残念ながら見逃してしまいました。

本日23日(木)から28日(火)までは、その第2弾。
×books×小林幹也
の3組。

会場に行ったら、偶然デザインの現場編集部の猪飼さんに遭遇しました。
猪飼さんは『これ、誰がデザインしたの?』
雑誌掲載時にお世話になりました。
なんて身内ネタはさておき。
会場の様子。

b0141474_19182485.jpg

下は会場の小林さん、とその家具
「ランド ダイニングテーブル」と「ランド ダイニングチェア」
b0141474_19184291.jpg

こちらのテーブル、椅子は匠工芸から製品化されています。
他は残念ながら、まだプロトタイプです。


「明日(24日)はパーティーありますから、
知らない人でもじゃんじゃん来て下さい」
と小林さん。
デザインに悩めるメーカーの方々は是非!


7月30日(木)から8月4日(火)までは
武藤努×PORE×戸鋪誠×STORE MUU design studio
の4組のエキシビションが行われます。

ところで、東京デザインセンターの天井って、こんなだったんですね。
b0141474_19253971.jpgb0141474_1925151.jpg


ちなみにデザインはマリオ・ベリーニ。
こちらをご参照下さい。
http://www.design-center.co.jp/about_tdc/building_guide.html

The exhibition Japan Design in Milano Salone 2009 has been held at Tokyo Design Center. Introduces the works of the young designers who exhibited in Milano Salone 2009.
From today, 23 to 28 July, the works of Mile, Books and MIKIYA KOBAYASHI are on display.

Second picture: Kobayashi on his chair and table LAND. These are produced by Takumi Kogei.

They throw a party tomorrow, Friday 24. 'anyone is welcome' said Kobayashi.

By the way, Tokyo Design Center is designed by Mario Bellini.
http://www.design-center.co.jp/english/about_tdc/building_guide.html

text by Chi Haru Watabe
[PR]
by dezagen | 2009-07-23 19:25 | 展覧会
堀内誠一
問題です。
マガジンハウスの雑誌『アンアン』『ブルータス』『ポパイ』『クロワッサン』のロゴ。
これ、誰がデザインしたの?

b0141474_19105676.jpg


答えは簡単。
堀内誠一(1932年〜1987年)です。

ロゴデザインだけではなく
『アンアン』は創刊の70年から72年まで
『ブルータス』も創刊の80年から87年まで
アートディレクターとして雑誌を作り、
文化を創った、文化史的にもデザイン史的にも大きな存在です。

オープニングから出遅れましたが、
現在世田谷文学館で『堀内誠一 旅と絵本とデザインと』
という展覧会が開かれています。

タイトルにあるようにデザインだけの展覧会ではなく
7年暮らしたパリ始め、28カ国300都市を巡ったという旅の記録、
『ぐるんぱのようちえん』『たろうのおでかけ』など
ベストセラーとなった絵本の紹介の比重が大きい展覧会ですが、
こうしてまとめて見ると、
堀内デザインの中にある、
手作業の圧倒的な力を知ることができます。

展覧会は9月6日まで。
トークや紙芝居などのイベントも行われます。

b0141474_19221519.jpg


The exhibition of an art director Seiichi Horiuchi (1932〜1987) is held at Setagaya Literary Museum until 6th September.
He led Japanese culture by designing and directing the girls magazine AN-AN in the 70s , the men's magazine BRUTUS in the 80s, and many other works such as children books and illustrated travel reports.
He is an important figure in Japanese culture and design history.
[PR]
by dezagen | 2009-07-16 19:28 | 展覧会
ラ・フェスタ イタリアーナ
b0141474_041478.jpg


突然、画像から始めてみました。
今回はイベントの予告です。
9月1日(火)〜9月30(水)まで、
フォーシーズンズホテル椿山荘 東京
にて『ラ・フェスタ イタリアーナ』が開催されます。

イベントの中心は食ですが、
デザイン関連の催しも行われます。

一つはレストラン「イル・テアトロ」店内のアレッシィエキシビション。

もう一つはランボルギーニ。
なんですが、エントランスでの展示に加え、試乗ができる宿泊プランというのもあります。
本日の発表会ではエントランスに
ランボルギーニ「ガヤルド LP560-4 スパイダー」様が鎮座してました。

b0141474_0191532.jpgb0141474_0193339.jpg

車のデザインはよく分からない私ですが、
遠目から「わ。スーパーカーだ!」
(今はスーパーカーって言わないのでしょうけど)
という空気を感じた、ものすごい存在感です。

もう少し身近なところでは、
ファッションブランドのTATRAS、デニムブランドのGAS、
ヴェスパもイベントに登場する予定。

b0141474_0273113.jpg


The Four Seasons Hotel Tokyo at Chinzan-so will hold various events during its 'La Festa Italiana'. The events will be held throughout September and will introduce Italian culture.
Alessi products will be exhibited at the hotel's restaurant: IL TEATRO.
Lamborghini will display cars and a special package will be offered in which guests of the hotel will be allowed to test drive a Lamborghini!
Vespa, fashion brand Tatras, Gas and many others will also participate in this event
[PR]
by dezagen | 2009-07-15 00:41 | 展覧会
ZINE'S MATE: TOKYO ART BOOK FAIR 2009
編集部、宮後です。

一昨日は、ビッグサイトで開催されていた
東京国際ブックフェアとISOT(国際文具・紙製品展)を見て、
その後、原宿て開催されていたZINE'S MATE: TOKYO ART BOOK FAIR 2009へ。

ZINE'S MATEとは、「アーティストブックを中心とした
東京初のアートブックフェア」とあるように、
個人や小さなユニットが自主製作したアーティストブックや
ZINE(小冊子タイプのミニブック)を展示販売するイベントで、
今回初開催とのこと。

個人でアート・デザイン系のZINEをつくっている人が
増えているらしいというのはうすうす知っていたのですが、
ついにそのムーブメントを決定的なものにするイベントが登場したわけです。

金曜日の夜に見てきたのですが、原宿GYRE 3FとVACANTの2会場に
約70組のリトルプレスが出展しており、
会場も人であふれるくらい盛況でした。
それぞれの本は造本も凝ったものが多く、
思い入れたっぷりにつくられていて、本への愛を感じます。

↓プレスの方からいただいた会場写真です。
b0141474_102152.jpg


ウェブの世界ではブログなどの個人メディアは
当たり前になりつつありますが、
紙の世界にも(昔からコミケはあったけど)、
だんだんその兆候が見え始めてきたということでしょうか。

本にかかわる仕事をされている方はぜひ見ておきたいイベント。
今日18時まで開催されています。
http://www.zinesmate.org

会場:
GYRE3F/EYE OF GYRE
東京都渋谷区神宮前5-10-1

Vacant
東京都渋谷区神宮前3-20-13

地図:
2会場の地図

[PR]
by dezagen | 2009-07-12 10:26 | 展覧会
USB
BEAUTE PRESTIGE INTERNATIONAL(以下BPI)のIssey Miyakeの香水シリーズから
新しい香り「ア セント バイ イッセイ ミヤケ」が出た。

b0141474_7573137.jpg

ボトルを包んだ氷を切り出したようにも見える。
ガラスの塊がサイズ違いで3種類。
ロゴは内側に彫り込み、表面を滑らかに、ソリッドな感触を活かしている。

デザイナーは、アリック・レヴィ。
レヴィの過去の作品を見てみると、
ごりごりとした幾何学体が特徴的だ。
このボトルも同じく、力強い存在感があるが、女性用だという。
1920年代、新しい女性の形として真四角な香水ボトルを作った
ココ・シャネルに見せてみたい。

ロゴとパッケージは佐藤卓が手がけている。





Issey Miyakeと名のつくものは、基幹であるファッションに限らず、
広告も、店舗デザインも、周辺のデザインすべてが秀逸であることはご存じの通り。

今年春に出た『イッセイ ミヤケのルール』川島蓉子著(日本経済新聞出版社刊)
にも詳しいので、興味ある方は読まれるべし。

「ア セント バイ イッセイ ミヤケ」のプレスリリースもなかなかのもの。

b0141474_846486.jpg
b0141474_857991.jpg
b0141474_8572888.jpg


表紙についているカードを外し、
ボトルの形の部分をひっくり返すと、
USBメモリの差し込み部分が現れる。

実のところ、使い勝手はそんなにいいわけではないのだが
プレスリリースのフォルダの中に収め
製品のイメージとも合致する、
という意味ではよく出来ている。

このUSBメモリ付きリリースのフォルダデザインは
BPI PRチームで作ったものだという。

昨今、プレスリリース(記者に渡される情報資料)が
USBメモリそのまま、それのみ、ということが多くなってきた。

b0141474_8502882.jpg


これまでCD-ROMで渡されることもあったが、
形の決まっているCD-ROMに比べ、USBメモリは形の自由度が高い。
媒体資料が情報のイメージも左右するため
USBの形も腕の見せ所となってくるだろう。

BEAUTE PRESTIGE INTERNATIONAL has launch new Issey Miyake series 'a scent by issey miyake'
Looks like solid cut ice. They (3 different sizes) are made of glass, and are designed by Arik Levi. This strong solid shape bottle products range is for women. I'd like to know how Coco Chanel, who challenged for new women's era and made square shaped perfume bottles in 1920s, would have thought about it.

Everything around Issey Miyake - advertisement, shop interior etc - is always excellent. This 'a scent by issey miyake' press release is not an exception. The card attached on the cover of folder turns into USB flash drive. the shape is related to the product bottle.

These days more and more PRs gives information in USB flash drive instead of CD-ROM. Design of USB flash drive will be a new matter for PR.

text by Chi Haru Watabe
[PR]
by dezagen | 2009-07-12 09:28