エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2009年 09月 ( 37 )   > この月の画像一覧
明治チョコレート[後編]
昨日の続きです。

新旧を比べてみると
非常に細かいところが一つ一つ丁寧に変更されたことが分かる。
(ミルクチョコレート 左が旧、右が新パッケージ。以下同じ。
パッケージデザインは明治製菓社内)

b0141474_1729286.jpg


ミルクチョコレートはまずMeijiのロゴ文字がやわらかいmeijiへ。
筆記体のMilk Chocolateが小文字のmilk chocolateへ、
上下を飾るラインは房飾り付きから、シンプルな棒線へ
上下の面に書かれた明治ミルクチョコレート、
MEIJI MILK CHOCOLATEの文字は細身に変わっている。

微妙なところでは、地色の茶色はやや黒味を押さえ、よりミルク感が高く、
またサイズも65gから58gと若干コンパクトになっている。

と、構成要素それぞれはかなり変わっているが、
基本フォーマットを崩していないので
消費者も「同じ商品なのだな」と理解できる。

b0141474_17293397.jpg

ブラックチョコレートはBLACK CHOCOLATE の文字が
セリフ体からサンセリフ体へ、

b0141474_17295114.jpg

ハイミルクチョコレートは、
Hiがやや長体になり、筆記体のMilkは丸みが掛かった。
どちらもCHOCOLATEがchocolateと小文字に変更されている。

違和感のないリニューアルという点では、
ブラックチョコレートとハイミルクチョコレートは
うっかりすると気がつかないほど。

さすがにミルクチョコレートはmeijiロゴの印象が強いので
変更のインパクトは大きい。


新しいロゴはこちら。

b0141474_17867.gif


欧文小文字だけ、
とろけるようなmの文字の隣に笑顔のようなe、
そして人が寄り添っているようなiji。
親しみやすさが増したこのロゴはランドーアソシエイツの作。

「ブランドカラーはレッド。躍動感や命のよろこびを感じさせる色であり、
人間が生まれて最初に知る色でもあります。赤ちゃんからお年寄りまで、
常に身近な暮らしの中にあって、お客さまから愛され続ける存在でありたいという、
明治グループの変わらぬ思いが込められています」(明治製菓 広報室)

明治製菓の方が言うように、ロングセラー商品には支持するお客さんがいて、
その愛着も蓄積されたものがある。
私などはデザイン遺産という意味で寂しい感じもするのだが、
とはいえ、デザイン遺産と声高に言う人が
そのために日々チョコレートを食べているか、というとそうではない。

「赤ちゃんからお年寄りまで」実際の消費者の気持ちになって、
今「お菓子を食べる幸せ」を表すとしたら、
新ブランドマークの柔らかさはぐっとその気持ちに近づいたと言える。

いや、ホントに目の前にチョコレート8枚、
見てるだけでとろけそうな気分なのだった。

明治ホールディングス
明治製菓と明治乳業の新しいブランドマーク
http://www.meiji.com/about_package/index.html
[PR]
by dezagen | 2009-09-30 21:44
明治チョコレート[前編]
ライター渡部です。

『これ、誰がデザインしたの?』読者の方ならば、
9月大々的に行われた明治ミルクチョコレートのキャンペーンが気になったはず。
小泉今日子、広末涼子、木下優樹菜、森三中の村上知子が登場するなんて
豪華だよねー、も、あるのだが、

b0141474_16393168.jpg


パッケージがリニューアルしたのだった。

前の明治ミルクチョコレートについては、本誌連載時に取材をしている
(『これ、誰がデザインしたの?』に収録)。
1926年から歴代、茶色をベースに、大きくアルファベットでMeiji、
その下にmilk chocolateの基本デザインを続けている。

b0141474_16415227.jpg


1代前のものは1971年、ブランドマーク/会社ロゴの改正と共に作られたもので、
亀倉雄策氏の作。ちなみにさらにその1代前も亀倉デザイン。

歴代のパッケージの変遷を見ると、
リニューアルを重ねるごとに徐々に柔らかい文字になっているのに気づく。
b0141474_16423584.jpg


そして、さらにとろけるように変わったのが今回のリニューアル。
これは取材せねば、と、久々に宮後さんとタッグを組んで明治製菓に話を聞いた。

まず気になるのはなぜ?
この答えは意外に簡単。
今年4月、明治製菓と明治乳業が統合し、
会社ロゴが変わったからである。

意外に簡単ではないのは、ロングセラーを変えること。

「83年間続くロングセラー商品ですので、
今まで支持していただきましたお客様に
あまり違和感なく受け入れていただけると同時に、
新しさや親しみやすさを感じていただけるようにデザインしました」
(明治製菓 広報室)

お客様同様、愛着もあり、また新しさも必要と、
色々悩まれたことだろうと思われる。

今回、ミルクチョコレートのリニューアルと同時に、
ファミリー商品「ブラックチョコレート」「ハイミルクチョコレート」も新しくなった。

近所のスーパーではギリギリ新規入れ替えに間に合い、
新旧どちらも入手できた。
目の前にはホワイトチョコレートも合わせて合計8枚。
お菓子がたくさんあるってのは幸せだなあ。

明日に続く
[PR]
by dezagen | 2009-09-29 11:25
担当書籍を展示します
編集部、宮後です。
はじめての手製本』でお世話になった
美篶堂さんのギャラリーをお借りして
担当書籍の展示販売をします。

新刊「デザインビジネス選書」の販促も兼ねて、
企画編集を担当した書籍をまとめて紹介。
(もちろん『これ誰』も!)
色校、台割、ラフなど、本ができるまでの
途中過程もお見せします。

DMのデザインができないので
ストライプでごまかしています。

b0141474_23492834.jpg

「デザイン書編集者のしごと」展
10月20日(火)〜25日(日)
美篶堂ギャラリー(御茶ノ水)
http://www.misuzudo-b.com/gallery.html


[PR]
by dezagen | 2009-09-29 11:23
空気の港
編集部、宮後です。
渡部さんはロンドンから、そして私は東京から
どんどん情報を発信していきます。

デジタルパブリックアートプロジェクト「空気の港」展のご紹介。
10月9日から羽田空港の第一・第二ターミナルで
アーティスト鈴木康広さんと東大研究室による展示が行われるそうです。

公式サイトもオープンし、
http://www.digital-public-art.org/index.php
すでにチラシやポスターもできあがり、告知が始まった様子。

b0141474_2311287.jpg


これ、誰がデザインしたの?

『これ誰』本のADこと、山野英之さんでした。

展示の様子は展示開始後にレポートしますんで、ご期待ください。


[PR]
by dezagen | 2009-09-28 23:12
デザインの現場10月号発売
編集部、宮後です。
『デザインの現場』10月号が発売になりました。
特集は、「これからの本のつくりかた」。

b0141474_2256566.jpg


プライベートプレスやZINEなどを含めた
本づくりの今を紹介するタイムリーな特集です。
読んでるだけで本がつくりたくなってきます。

渡部さんによる「NEW PEOPLE」の現地取材記事も掲載。
欧文書体連載は、「曲線の出し方」。
私が言うのもなんですが、これまた必見。
ロゴ製作の生産性が飛躍的に向上します(本当に)。

http://www.bijutsu.co.jp/dezagen/
[PR]
by dezagen | 2009-09-28 22:56
London5
ライター渡部です。
昨日はトム・ディクソン主導の展示会場、THE DOCKへ。
b0141474_19375127.jpg

事前の口コミは賛否両論。
「すっごいよかった」という人と
「わざわざ遠いところまで行かなくていいんじゃない?」という人と。

こんなにぱっきり分かれるのも珍しいなと思ったが
行って納得。
完成度が高い、
が、
すでに商品として出ているものがほとんどゆえ、
この展覧会の機会でなくても見れる、
という次第。
むろん見た事ないものもたくさんあったのだが、
とびきり斬新というほどでもない。
商品を見に行く人は「よかった」派であろうし、
新しい才能発掘のために行くと「行かなくてもいいかな?」という感じだろう。

気になったのは
Mashallah design+ Linda KostowskiのTシャツプロジェクト。
b0141474_193867.jpg

体を3Dスキャンし、線と点で作られたデータをTシャツに転化させた、
と説明があるのだが、それがどうしてこのような形になるのかは
残念ながら、説明してくれる人がおらず、聞く事ができなかった。
とはいえ、見た目のインパクトも大きく、今後の可能性を感じさせる。

おまけ
建物内のエレベータ、養生シート。
b0141474_1941217.jpg

パッド入りマットになっており、「後ろに鏡がありますよー」というサイン文字もかわいい。
カーペットみたいな素材はやめて、こういう優しいマットを使って欲しい(うちのマンション)。
[PR]
by dezagen | 2009-09-28 19:32
手帳型自在日記「Hijirushi」
編集部、宮後です。
紀伊國屋書店本店でこんなノートを見つけました。
(正確には「ノート」ではなくて「手帳型自在日記」と呼ぶそうですが、
ここでは「ノート」と呼ぶことにします)
b0141474_23275687.jpg


「Hijirushi」(=日[Hi]を記す[jirushi])と書かれた表紙を開くと、
中は1週間分の7つの横罫とその右側に10行の縦罫があるだけ。
1週間分のスケジュールをつけたり、短い日記を書いたり、
ふと思い浮かんだ俳句(?)をつけたりするもののよう。
b0141474_23282833.jpg


シンプルなんだけど、罫の間隔も絶妙で、
これなら「書きこみたい」という気になる。

巷ではノートの使い方的なビジネス書がブームですが、
こういうシンプルで趣味のいいノートにはほっとさせられます。

「これ、誰がデザインしたの?」

答えは菊地信義さん。デザインだけでなく、
このアイデア自体が菊地さんによるものだとか。

菊地さんと言えば、装幀家として著名な方。
判型は文庫本サイズと小さいけれど、
堂々のたたずまいはさすがです。

発売元のベレ出版によれば、元々同社10周年のノベルティとして
このノートを制作し、関係者に配布したところ、
書店さんから「商品として販売したい」という問い合わせがあり、
一部の書店さんで試験的に販売しているとか。

現在は、紀伊國屋書店、三省堂書店、有隣堂、教文館で
販売されているそうです。
赤、黄、青の3色どれも中は同じで、1冊750円(税込)なり。

新宿の紀伊國屋書店本店3階ビジネス書コーナーのレジ前ワゴンで
(勝間和代さんのシステム手帳の横!)で販売されていたので、
「この商品を売りたい!」という書店員さんの心意気が伝わってきました。

まずは書店員さんに愛される本にならなきゃね。



[PR]
by dezagen | 2009-09-28 10:45
London4
ライター渡部です。
ロンドン5日目、日曜日の朝は静かなもの。
皆さん昨日ナイトアウトしてたわけですな。

渡部も負けじ、と向かったのが
Frank's Café and Campari Bar

っても、ナイトアウトではなく、昼の4時。

中心から結構遠い、サウスロンドンのペッカム。
その中の駐車ビル、の屋上が突如夏の間のバーに、
というものなのだが、
『デザインの現場』のレポートでおなじみ三宅由希子氏、
某書体が最近かっこよくなったイギリスメジャー紙におつとめのデザイナー
T女史、とロンドン在住多分15年以上の猛者と共に行き
途中エレベータに閉じ込められてみたりしつつ
壊れた車を横目に見つつ、
「ほんとにここ〜?」みたいなところに、
あったのだった。

b0141474_1827635.jpg
b0141474_18271247.jpg

アート展示もあり。
b0141474_18325999.jpg

あ、バーの写真撮ってくるの忘れた…。
[PR]
by dezagen | 2009-09-27 18:20
London3
ライター渡部です。
ロンドン4日目の朝。
通常、何かのレポートの場合はその日の夜にブログ書く、
ことを自らに課しているものの、
ロンドンでは無理!
歩きまわり、話しまくり、友達に会い、友達の友達に会い、
夜にはゾンビ化。
人脈の地、ロンドン。
デザイン見本市というよりは、
デザイナー見本市。

さて昨日のピックアップ。

b0141474_213275.jpg
b0141474_2132390.jpg

Aram Galleryにて。GRASSWORKS BY JAIR STRASCHNOW
竹を素材に、釘を使わずに組み立て、自立する、日本の指物師の仕事のよう。
すばらしい、の一言。

b0141474_2135339.jpg

100%デザインの会場にて。
ブルガリアのデザイナーグループ展CHERGA
ブースのデザインがかっこ良かった

不景気なせいだろうか、逆に我が道を行くデザインが増えたように見える。マッドサイエンティスト風な作品もちらほら。
b0141474_2141338.jpg

CCTVに囲まれた自分をモニターで見る。
Hwang Kimの作品。
今年は韓国勢が勢いあり。

b0141474_215855.jpg

もひとつマッドサイエンティストというか、我が道な、LAIKINGLANDのローテク手を叩くマシーン。
この写真では分かりにくいのでリンクで見て欲しい。
明和電気に近い工学系の、でもややスチームパンク風というか、イギリス風のツイスト入り。

b0141474_216434.jpg

こちらはデザイナーズブロックのDisruptive thinkingというグループ展示。
RCA今年の卒制で話題を呼んだ、Toaster Project。
Thomas Thwaitesの作。
プラスチックを北海の石油から
金属はどこからだったか忘れたが、
「そもそもの場所」から取って来て、
トースターまで作った経緯。

b0141474_2142158.jpg

100%デザイン内オーストラリアの二人組DANIEL EMMAのブース。
ソリッドをテーマにする商品が可愛い。むちゃくちゃ可愛い二人。

b0141474_215368.jpg

100%デザイン内、グループ展TEN XYZ での出展。
安積朋子さん…かわいすぎです。
レーザーカッティングやその他字を読んでも実はどういうものか分からない
Stereolithographs、Water Jet Profilers、CNC routing machines
など、ハイテク技術を起用してサステナビリティーを考える、
という展示の内容。
テクノロジーの展示だと「だからどう使えばいいのでしょうか?」
という内容になりがちなところを
ちゃんと一般生活に寄せた物にしているところがさすが。
[PR]
by dezagen | 2009-09-26 21:05
London2
ライター 渡部です。
現在、ロンドン3日目の朝。
晴れているようでよかったよかった、も何も
現在滞在中の家は現代ガラス建築マンションゆえ、
ガラス窓だらけ。
朝日と同時に起き上がる、ある意味健全というか、
外が丸見えというか、
いやがおうでも日光浴。

昨日は東地区のTENT LONDONとその近隣をふらふら。
今年は全体的に地味で実用的な物が多い印象。

以下、気になったものランダム。

b0141474_15541291.jpg

コーヒータンブラーkeepcupを作っていたデザイナーの人たち。
ほんとにこんなに作ってるのがすごいと思った。

b0141474_15545736.jpg

町の無名デザインをスポットした地図。Design Detail Trail

b0141474_15552912.jpg

地味、実用的なものが多いと、完成度の高い北欧デザインは有利な感じ。
こちらはノルウェーの若手デザイナーの展示。
Norwegian Prototypesでの、Amy Huntingの作品。

b0141474_15554829.jpg

また、ファインアートかと思ったシリーズ。
奥のほう、段ボールの中に不動の人、
と見るとつい殺人事件を思い起こしてしまうミステリ好きの渡部
の期待とは違い、段ボールの中を修理中の建築家、ヨシダミレイさん。
Vitraで行われた学生対象のワークショップの後片付け中。
こちらは話がおもしろかったので、また詳しく書きたい。An exploration into Sound and environment.
[PR]
by dezagen | 2009-09-25 15:50