エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2010年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧
市川崑のタイポグラフィ 小谷充著
『市川崑のタイポグラフィ』
このタイトルを聞いただけでそそられる読者も多かろう。市川崑監督の映画、特に大ヒット作である『犬神家の一族』(1976年)他金田一耕助シリーズ、のあの、黒地に白文字(一部赤だった記憶)が、ずいっ、ずいっ、と出て来るタイトルシークエンスは忘れようにも忘れられない(佐清?のマスクを取るシーンが一番忘れられないといえば忘れられないが)。

市川崑に関しての本は数多く出ているが、タイポグラフィに焦点を合わせた本はこれが初めて。あくまで市川崑の映画に使われた文字を中心に解説しているが、同時に明朝体の歴史、印刷文字の変遷、書き文字と印刷文字の違い、文字レイアウトの効果、と、タイポグラフィーを学習する上で貴重な情報もたっぷりと盛り込んでいる。
加えて、『エヴァンゲリオン』や『ルパン三世』、TSUBAKIのTVCM、といった映像の中に市川崑のタイポグラフィの系譜を見いだす。

何よりすごいのは「本人や当事者の証言を鵜呑みにしないのは調査の鉄則だ」、と著者小谷充氏は、数多ある明朝体の中から、どのタイプが使われたか、なぜそうなったかを自ら検証していること。つまりこの本は小谷氏自身が探偵役を務める物語でもある。

話がそれるが、横溝正史の金田一耕助シリーズ含め探偵小説では、通常小谷探偵のように微に入り細に入り説明することはない。古典的なところで、アガサ・クリスティのエルキュール・ポアロなどは、大概はエンディングで、こうですね、とざっくり説明するのである。その灰色の脳細胞がどのように思考し、これしかない結果を導いたか、というロジックはほとんど書かれない。
なぜかというと、それをやると小説はがくん、とつまらなくなってしまうからである。異論もあろうが、ロナルド・ノックス、ヴァン・ダインなどはその例だと思う。探偵小説の十戒、二十戒(則)と、探偵小説はかくあるべし、というルールを(シャレ半分だとしても、一応守っていた)作った彼らの小説は、くどいほどに説明が入るので、先生に教えられているような気分になったりする。

『市川崑のタイポグラフィ』は小説ではないので、思う存分検証を理論を背景をすべてさらけ出していいのである。疑問と検証、疑問と検証、するすると謎が解けていく楽しさは、小説とはまた異なったエンターテイメントだ。
小さいところだが、「小道具の新聞作法」(p136)の項目は、今まで不思議に思っていた、テレビドラマや映画の中に登場する新聞の偽物っぽさと、市川崑作品の中の本物感の違いの謎が解け、すかっとする思いだった。

すでに文字好きの方々の中では話題の本となっている。私のように、デザインの業界に片足をつっこんでいながら、文字のことはとんと頭に入ってこない人間には、具体例を出してもらうのが一番分かりやすいので、そうした意味でも、タイポグラフィちょっと苦手、という人にもお奨めできる本だと思う。

『市川崑のタイポグラフィ』小谷充著 水曜社 の詳細はこちらで
http://www.bookdom.net/suiyosha/1400yomim/1448ichikawakon.html
[PR]
by dezagen | 2010-08-31 22:50 |
マスキングテープmtの本ができるまで・5
編集宮後です。
前回はカバーの断裁の話でしたが、
今回は外箱の仕様の紆余曲折のお話を。

カバーの断裁ができるかどうかの検証と平行して
外側のデザインを決めていきました。

当初からデザイナーさんとの話合いの中で、
「本のカバーにmtの原紙を使いたい」
「それが表紙で見えるようにしたい」という
部分は決まっていたので、

段ボールを4枚重ねた中央に穴を空けてテープを収納し、
その上に本を重ね、
シュリンクして出荷しようという話になっていました。
ダミーだとこんな感じです。
b0141474_13593736.jpg


mtの原紙を重ねることで、水色のストライプと
銀のストライプを交差させ、表から見えるようにしたかったのです。
b0141474_135946100.jpg


ところが...取次さんに仕様を確認してもらったところ、
この形態だと書籍流通できないことが判明。
シュリンクだけだと破れたときに本がどこかへ行ってしまうので、
ケースに入れてほしいとのことでした。

「ケースに入れる」ということで思いついたのがこの形状。
筒状にしてスライドさせ、mt原紙は帯のように巻くという仕様です。
b0141474_13595457.jpg


しかし、これでは見栄えがあまりよろしくないということで
デザイナーさんに考えていただいたのがこの形。
辞書のような横入れケースにして、
本の表紙が見えるよう脇に穴を空けるという仕様。
写真はデザインを検証しているところです。
b0141474_140234.jpg


ところが...印刷会社さんに確認してもらったところ、
この穴の形状だと、ケースの組み立てが機械でできず、
すべて手張りになってしまうとのこと。

表1だけに穴が空く仕様ならば機械で組み立てられるそうですが、
表1と背に穴がまたがっているこの仕様では機械にひっかかってしまい、
手作業しか方法がないそうです。穴の形や大きさ、位置によって
機械張りか手張りかが決まるんですね。奥深き、穴の世界。

デザイン的にはどうしてもこの穴の形状にしたいということで、
手張りで進めてもらうことにしました。心配していたコストや
時間の問題もなんとかクリア。ようやく仕様が決まりました。

mtの公式サイトにも紹介されています。
http://www.masking-tape.jp/news/2010/08/mt-3.php
[PR]
by dezagen | 2010-08-27 02:04 | | Comments(0)
『うさぎがきいたおと』
編集宮後です。

8月3日から31日まで、御茶ノ水の
美篶堂で『うさぎがきいたおと』の
絵本出版記念展が開催されています。

b0141474_1734843.jpg

b0141474_17342152.jpg

b0141474_17343022.jpg

b0141474_1734408.jpg


こちらがその絵本です。
梶野沙羅さんの版画がとても美しく、
本自体も美篶堂さんで手製本された贅沢なもの。

写真では分かりづらいですが、
クロス貼りの上製本に、タイトルが箔押されています。

今のところ書店流通はしていないそうですが、
もうじき通販も可能になるそうです。
梶野さんの原画も展示販売されていますので、
ぜひ会場でご覧ください。

展示の様子はこちらをどうぞ。

『うさぎがきいたおと』
文 かみじまあきこ
絵 梶野沙羅
発行 美篶堂ギャラリー
定価3675円(税込)
[PR]
by dezagen | 2010-08-21 22:34 | | Comments(0)
レバノン人デザイナー Nada Debsさん
ライター渡部です。

レバノン、ベイルートで出会ったプロダクトデザイナーのナダ・デブスNada Debsさんは、ネイティブ並に日本語が流暢だ。それもそのはずで、高校生までの時期を日本で過ごした背景を持つ。その後アメリカでデザインを学び、アメリカ、イギリスでデザインの仕事を続け、10年ほど前、国籍のあるレバノンに仕事の場を移した。

b0141474_1063021.jpg


「East & East」、デブスさんの家具、プロダクトレーベルの名前には、レバノンのMiddle East と日本のFar Eastが意味されている。中近東のイスラム文化が得意とする幾何学模様と、日本の静寂なミニマルさ。彼女自身の中で融合し、消化したものが、家具やプロダクトの形として現れている。

b0141474_1065452.jpg


b0141474_107748.jpg


「幾何学模様のパターンで何かできるんじゃないか、と思った時は大きな発見でした」とデブスさんは言う。
「もともとイスラム文化の幾何学パターンは好きでしたが、そのまま使ってしまうと重々しいものになってしまいますね。でも、複雑なパターンから単純なラインだけを取り出せば、今の時代に合ったデザインに応用できます。最初は本当にシンプルな菱形や星形をアクセント的に使って、そこから徐々にパターンをずらしたり、大きく使ったり、また素材や色のアレンジも付けるようになりました。象嵌や寄せ木の加工はレバノンの職人の人に頼んでいます。現地の職人は繊細な幾何学模様でもきっちりと仕上げてくれます。もともとそういう勘が備わっているんですね」

b0141474_1072152.jpg


b0141474_1073366.jpg


中近東と日本の雰囲気も漂わせつつ、押しつけのないバランス。大型の家具は中近東圏のホテル、レストラン、大使館などで使われているという。
幾何学パターンを使う巧みさはさすがに中近東らしいが、中近東のプロダクトデザイナーというとあまり名前が思いつかない。デブスさんも同意する。
「これは私の考えですが、生まれた時からこの文化圏で育っていたら、伝統から離れられず、幾何学模様に対し距離を置いて見ることができなかったんじゃないかと思います。私は長くレバノンから離れていたので、自分のルーツとして捉えると同時に客観的に見ることもできるのだと思います」

1度距離を置いて客観的に見てみること、デブスさんの伝統美術、工芸へのアプローチは、日本のそれにそのまま応用できることだと思う。

Nada Debsさんのサイトはこちら
http://nadadebs.com/
[PR]
by dezagen | 2010-08-21 10:09 | プロダクト・パッケージ
マスキングテープmtの本ができるまで・4
編集宮後です。
今月はマスキングテープmt強化月間です。

色校が出てきたので、ダミーで見本をつくってみました。
b0141474_18265956.jpg


A5判80ページの本にmtの原紙でできたカバーを巻き、
限定デザインのテープ2本とシール1枚がオマケとしてつきます。
これらを写真左のケースに入れて販売します。
本の仕様が複雑なため、何個も手で見本をつくりました。

最も難しかったのは、mtの原紙をカバーで使うことでした。
製造元のカモ井加工紙さんでもmt原紙をカットしたり
印刷したりしたことがなかったことから、
ゼロから試してみることに。

mtの原紙は幅1250mm、直径70mmくらいの芯に
何百メートルも巻かれた状態で保管されているため、
これをまずシート状に切り分けて
印刷できる方法を探さなければなりませんでした。

原紙は和紙にグラビア印刷されて表面加工されているため、
普通のオフセット印刷では無理そうです。

印刷するとしたら、UV印刷かシルク、
箔押などが候補に挙がりましたが、
紙をシート状にカットすると、端っこがカールしてしまい、
自動送りの印刷機に入らないことが判明。

手差しで印刷できないこともないですが、
量的に対応できないことから断念しました。

カバーは印刷しないことにしましたが、
今度はmt原紙のロールの幅が長すぎて、
通常のスリッター(小さくカットしていく機械)に
入らないことが発覚。

結局、カモ井さんにロールを半分に切ってもらい、
スリッターで50cmずつカットしてから
断裁機でカバーのサイズにカットするという
方法で対応することになりました。

先日、その断裁立ち会いに行ってきたところです。

mtの紙は一般紙と違ってふわっとしているので、
たくさん重ねて切ることができません。
現場では50枚ずつくらい重ねたものを
板紙ではさんで切ってました。

mtの原紙自体は和紙なので、
和紙をカットするときに応用できるかもしれません。

次回はケースの仕様についてです。
お楽しみに。

#雑誌などで記事にしていただく場合は、
 資料などご提供しますので、ご一報くださいませ。
 (商用利用では無断で使わないでくださいね.....)
[PR]
by dezagen | 2010-08-20 18:28 | | Comments(3)
マスキングテープmtのワークショップ
編集宮後です。
マスキングテープmt漬けの8月を過ごしております。
しばらくmtの話題が続きますが、おつきあいください。

8月11日、「東京ミッドタウン・デザインハブ・キッズウィーク2010」
のイベントとして、「マスキングテープ「mt」でつくっちゃおう!
ゆかいなデコレーションハウス
」が開催されました。

マスキングテープmtで段ボールの家を自由に
デコレーションするというキッズ向けのイベントですが、
会場構成、家のデザイン、スタッフTシャツに至るまで
mtのアートディレクションをしている iyamadesign の居山さんが担当。
子供向けとは思えないクオリティの高さです。

b0141474_1372779.jpg

会場はミッドタウンの会議室。
段ボールでつくられた6つの家が並んでいます。
いろいろな幅のテープが山積みされ、
参加者はそのテープを使って家をデコレーションします。

b0141474_1243530.jpg

子供とお母さんが思い思いにmtを貼りまくるの図。
mtの製造元、カモ井加工紙の社員さんや、
iyamadesign のデザイナーさんたちも一緒に貼ります。
皆さん、楽しそうです。あっという間に2時間経過。

b0141474_138424.jpg

こちらが完成した家。
最後はみんなで家の前で記念撮影し、おみやげを受け取って解散です。
参加された皆さんがとても満足そうでした。
子供だけでなく、大人も十分楽しめそうです。
[PR]
by dezagen | 2010-08-20 01:58 | イベント | Comments(0)
欧風菓子の書体
ライター渡部です。

b0141474_10214969.jpg


どん。
マドレーヌ。

こういう、和菓子も売ってるけど洋菓子も作ってるよ、てな感じの店で見る
「欧風菓子」独特のカタカナ文字、誰が作っているのでしょう。
活字?レタリング?
とても気になります。

余談でした。
[PR]
by dezagen | 2010-08-18 10:24 | プロダクト・パッケージ
ToNoTe
ライター渡部です。

恥ずかしながら我が手帳を公開。ので、写真は小さめ。

b0141474_8244381.jpgb0141474_8221969.jpg普段使っている手帳はQuoVadisのBusinessというもの。
取材はいつも机の上、とは限らず、とっさにメモしないといけないことも多い。

かみの工作所から出ている藤森泰司さんデザインの「ToNoTe」を、
差し込んでみたところ、ジャストサイズ。
まあ、少し横にはみ出しているとはいえ。

b0141474_8223114.jpgb0141474_8251884.jpg後ろがポケット状になっているので、突然もらった名刺もがっちりキープ。
レバノンのファーマーズマーケットでもらった、ハーブのマリッサは押し葉になりました。
[PR]
by dezagen | 2010-08-17 08:46 | プロダクト・パッケージ
JAPAN CREATION WEEK番外編
編集宮後です。
先ほどのエントリー「進化する紙の世界」展の番外編がこちら。

b0141474_2313859.jpg

竹尾さんの展示ではないのですが、その一角に展示されていた
「かみの工作所」の製品たち。写真はトラフのデザインした「空気の器」。

ブルー×イエローのほかに、ピンク×ベージュのバージョンも登場。
このブログでも以前ご紹介しましたが、今では大変な人気商品なのだとか。

展示会場でもお客様に取り囲まれ、大人気でした。
見た目のインパクトに加えて、実際に商品を触れるというのが
人気の秘密だったのではないでしょうか。
[PR]
by dezagen | 2010-08-16 02:31 | 展覧会 | Comments(0)
「進化する“紙”の世界」展・2
前回の続きです。
メイン会場の展示作品はこちら。

「10組のクリエイターが提案する、クリスマスの贈り物」
というテーマで、紙を使ったパッケージが展示されていました。

b0141474_22379.jpg

↑ ボブファンデーションさんの「つつむ・おくる・つつむ」。
越前和紙の中にリボンを漉きこんだラッピングペーパーの提案。

b0141474_28581.jpg

↑ 本田和男さんの「キット★クリスマス」。
OK AC カード、GAボード-FS など厚手の紙を型抜きし、組み立てられるキットにしたもの。

b0141474_283360.jpg

b0141474_28508.jpg

↑ 天野和俊さんの「織り紙」。
細く切ったカラペラピスを織物のように織ったペーパーバッグ。
手から手へと大切に贈り物を渡すのにふさわしい、繊細なパッケージ。

これらは展示作品のうちの一部ですが、
百貨店という展示場所では一般のお客様にいかに分かりやすく、
見てもらえるものを展示できるかが大事だと思いました。

展示は、8月17日(火)まで日本橋三越本店で開催。
会期が短いのでご注意ください!
http://www.mitsukoshi.co.jp
[PR]
by dezagen | 2010-08-16 02:17 | 展覧会 | Comments(0)