エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2010年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧
香港のデザイナー マイケル・レオン
ライター、渡部です。

 以前このブログの香港のレポート http://blog.excite.co.jp/dezagen/14541462/ でちらっと触れたHong Kong Honey(以下、香港ハニー)のマイケル・レオン(Michael Leung)さん、内外のメディアに数多く取りあげられている香港期待の大型新人デザイナーである。年末に行われる2010年の香港ヤングデザインタレントアウォーズ(Hong Kong Young Design Talent Awards http://www.ydta.hk/2010/pages/winners/2010/michael.php)も受賞した。

b0141474_1545165.jpg


 香港ハニーは香港の地元で養蜂、蜂蜜や蜜蝋製品を製品化し、蜂の生態を知ってもらい、地元で作り地元で消費することでフードマイレージの意識を高める啓蒙活動である。今年1月に設立し、7月に商品を発表し本格始動した。
 こうした食、環境のプロジェクトは世界各地でよく行われているが、デザインのブラッシュアップを加え、環境問題という大きな課題を堅苦しくも説教臭くもさせず、一般的に欲しいと思わせる商品、より知りたいと思わせる内容にしている。

 まずはこちらが商品。

b0141474_15553100.jpg

photo: Nelson Chan

 ハニカムをモチーフとする六角形のデザイン。包み紙は伝統的な中国の薬屋などでみられる紙包みを参考とした、とのこと。

b0141474_1562496.jpg

photo: Nelson Chan

 蜂蜜のパッケージは一般的に売られているグラスに、蜜蝋の蓋をしたもの。蓋は蜜蝋のキャンドルになっている。使い終わった後、保存瓶に入れ替えた後でも使え、極力ゴミを少なくする配慮からグラスを起用した。
 キャンドルは海外発送も受けるが、残念ながら蜂蜜は地産地消のポリシーから香港のみ。欲しい方は、香港まで飛ぶべし。

b0141474_1565631.jpg


 商品発表の当初からCIを整備。ロゴをベースとして、ウェブサイトwww.hkhoney.orgやリーフレットなど、かなり黒に近いグレー地もしくは白地に、黄色の文字やイラストを置くのが基本となっている。
 一般的に蜂蜜やキャンドルのデザインは、かわいらしいデザインに行きがちなのだが、香港ハニーは男性客もすんなり手に取れる力強いデザインだ。
 
 養蜂、製品化以外に、啓蒙活動のコミュニケーション方法として、キャンドルメーキングのワークショップやアーティストとのコラボレーションのエキシビションなど、香港ハニーの活動は多岐に亘っている。

b0141474_1575215.jpg

「illustrations by KS」
photo : Nelson Chan

b0141474_1581665.jpg

「High Rise Hive By HK Honey in collaboration with Michael Wolf」 photo : Nelson Chan

 写真は11月〜12月に行われた香港Detourでのエキシビション。一番下の写真は、写真家マイケル・ウルフ氏とのコラボレーションで、香港の団地の写真を、団地のミニチュアのように立体化したもの。ここから養蜂ができる可能性や、蜂の巣の中のように人口密度の高い居住環境について喚起させる。
 個々に全く個性の異なる作品、活動なのだが、しっかりとしたブランドイメージはそれらをばらけさせずに1つのプロジェクトと認識させる力を持っている。すでに私の中では黄色い六角形=香港ハニー、とすり込まれてしまっている。

 レオンさんの活動は香港ハニーだけではない。プロダクトデザイナーのキャリアを積んでおり、個人事務所「スタジオレオン (Studio Leung www.studioleung.com)」のデザイナーとしての活動も継続している。
 また「24 アワーマーケット (24 Hour Market www.24hourmarket.org)」という別プロジェクトも進行中だ。

b0141474_1593569.jpg


 これは個人経営の屋台や市場の商品をオンラインで販売するしくみ。市場で屋台を出しても儲けはわずかなもの。店主が寝ている間にちょっとだけお手伝い、というコンセプトだ。屋台の写真を画面いっぱいに使い、雰囲気をも伝えている。

 レオンさんは日常のものごと、小さいことから大きなことまで、あらゆることに目を向ける。彼はとにかく喋る。分からないことはすぐ聞く。知ったことは人に教える。分かってもらえるような伝え方を考える。
 香港ヤングデザインタレントアウォーズの受賞者紹介のページで気になる言葉があった。
「身の回りにあるものに敏感だし、好奇心が湧く。女人街(チープなものが集まる場所として有名な香港の市場街)で見つけた巨大ライターは、店主曰く、大きいのでなくしにくい。ハンバーガー型の電話機は、装飾品として買われていく。家の電話は数が減っているけれど、電話自体が今後通話機能よりもインテリアアクセサリーになっていくことを意味してるんじゃないかと思う」
 日常の中でカッコ悪いとか変だとか思われているデザインにも、理由や受け止め方があり、そうした背景をきちんと把握していくことで、本当にユーザーが欲しいものやターゲット層に届く物や、届く道筋ができるのだ、と私が気がついたのは「これ、誰がデザインしたの?」の連載を始めて2年目くらいからだったが、まだ27だったか28だったか、一般的には「カッコいいデザイン作りたい」くらいの意識であろう年齢で、こうした意識を持って活動しているとは、ここまで書いてきてちょっとシャクになってきた。頭に来ることにルックスもいいし、なんか弱点ないのか、今度会ったときは聞いてみることにする。
[PR]
by dezagen | 2010-12-28 15:15 | デザイナー紹介
香港のデザインスタジオ latitude
ライター渡部です。

 今年の10月に香港のセレクトショップkapokに寄った際、気になる器があった。小型の碗の内側に炊飯器やスクーターの線画イラストが入ったもの。店の人に聞くと香港をベースにするデザイナーの作品だという。6セットで480香港ドル(約5200円)と安くはなかったので迷った末に、結局買わなかったのだが、帰国してからも思い出し、買っておけば良かったと思い返していたところに12月に急遽香港に行くことになったので、これ幸いとばかりに早速購入した。

b0141474_1125326.jpg


 香港は国際的な街だけに「ここでしか買えない」と思わせるものは(食品を除き)意外に少ない。ブランド品はどこの国でも同じことだし、中国文化の品物であれば、華人のいる国、地域なら大概揃っているし、雑貨はどこか亜流を感じさせるものが多い。
 その中で貴重な「ここでしか買えない」感を作り出しているのは、latitude というデザインスタジオ。香港で生まれ育ったスイス系の ジュリー・プロギン(Julie Progin)さんと、その夫でアメリカ人のジェシー・マクリン(Jesse McLin)さんの2人。プロギンさんはフランスでテキスタイルデザインを、マクリンさんはアメリカでセラミックを学び、NYで実務の経験を積んだ後、2008年に香港にスタジオを構えた。


 latitudeの活動はセラミックとグラフィックを中心としている。今年の春オープンした香港、中環のレストラン「Night Market」ではブランディングも手がけた。

b0141474_1126423.jpg


「最初はロゴを依頼されたのだけれど、色々アイデアが湧いてきたのでクライアントに見せたら気に入ってもらえて、グラフィック全般、メニュー、サイン、食器、持ち帰り用ボックス、ポスター、それから陶器の花瓶70個を使ったインスタレーションも手がけることになったんです」とプロギンさんは言う。
 このクライアントの判断はかなり正しいように思える。台湾の家庭、屋台料理をテーマにしたレストランで、インテリアデザインはマイケル・ヤングとアレクシ・ロビンソンが手がけた。正直なところ「こんなところで(香港の料理に比べると野暮ったい)台湾料理を食べるの〜?」と思うくらいオシャレなのだが、お皿やポスターに描かれているイラスト、小学生の国語ノートのようなメニューのちょっとしたユルさがあって、全体としてオシャレ過ぎないほどほどのバランスを取っている。
「楽しさを交え、それでいてこれまで見えてなかったヒネリを加えて、台湾ならではの生活文化、食文化を提供する、というのがNight Marketのブランディングで必要とされていたことです。ロゴはシルエットだけのものと、線画のものがあり、線画のほうではとにかく混沌として猛烈に色んなものが交じっている台湾の夜市の表情を捉えたものにしています。

b0141474_11265156.jpg
b0141474_11263948.jpg


クライアントに連れられて台湾に行ったのだけれど、色んな文化を取り入れているところや、夜市の活気もごちゃごちゃ感もすごくインスピレーションになりました。今の台湾を表現する、プラス楽しさがあるものをイラストのモチーフに選びました」

b0141474_11271178.jpg

b0141474_11272367.jpg


 実は、私が買った食器セットもこのNight Market用に作られたものだ。私自身よく台湾には行くので、食器のイラストにどこかで馴染み感を覚えたのかもしれないが、それにしてもNight Marketのロゴやイラストは、台湾のエッセンスをがっちり捉えていると思う。
 折りたたみのテーブル、プロパンガス、昔ながらの炊飯器、人混みの中でも構わず走るスクーター、その他のあれやこれやが、棒と紐でくくられぶら下がっている。香港では道で食べ物を出す屋台がほとんど禁止されてしまったため、こうした絵のモチーフは香港人自身にとってもエキゾチックでありノスタルジックなものとなっている。
b0141474_11314692.jpg

(ポスター部分)

 イラストを見て改めて気がついたのだが、棒と紐も屋台には欠かせざるもの。台湾の屋台は基本となるカートに店主がそれぞれ工夫を凝らす。売り物をぶら下げ、金属だったりプラスチックだったりの棒でエクステンションしていく。組み立てやすく、しまいやすい。突発的に始まり、次の日はどうなっているのか分からない、この一過性は、極端な話、台湾の文化全般に言える。

 土地固有の文化を見て取り、象徴となるものを選び出し、また1つに凝縮する。latitudeのデザインには、国際的なスタンダードを持ちながら、外から見たアジアを吸収しつつ、それをキッチュでも古典愛好でもなく、今の空気に合った形に構成できる巧みさがある。
香港という土地柄、外国人という立ち位置、こうした環境のなせる技だろう。

「香港は東西の文化が交じり、自然と都市が交じり、歴史とハイテクが交じった、エネルギッシュな街です。その中で手作業を大事にしていくことで、私達にしかできないものが作れると思っています」

 最初に彼らの器を「ここでしか買えない」と書いたが、香港でしか、というよりは「彼らしか作り得ない」世界観が魅力となっているのだと感じた。まだデビューしたての若手だが、今後の活動は多いに期待できそうだ。
「一緒に仕事をするのであれば、工房に来て、私達の独自の制作方法を理解してくれる人がいいですね。食品、飲料のデザインはすごく楽しいと思います。まだまだデザインが必要な部分の多いジャンルですから、チャレンジのしがいがあります」

latitude  http://latitude22n.com
Night Market http://www.thenightmarket.com.hk/ 
kapok http://ka-pok.blogs.com/
[PR]
by dezagen | 2010-12-25 13:04 | デザイナー紹介
こども文様ずかん
ライター渡部です。

師走ももう終わり間近、年賀状作る作ると言いつつ、まだ終わってないこの季節柄、年賀状サイトを見たり、市井の正月用品を目にしたり。
クリスマスのハッピー一色なこってり感もよいけれど、日本伝統の、目から鼻へ抜けるような(という使い方は間違っているのだが、まあ、なんとなくイメージとして)すかーっと、いさぎよい形は改めてすばらしいと思ってしまう、毎年。

そんな中『こども文様ずかん』下中菜穂著、平凡社刊を拝読。

b0141474_17491176.jpg


季節の形とおめでたい形を項目別に、子供にも分かる平易な、かつ楽しい文章で紹介。情報の羅列ではなく、日の出の文様をどーんと大きくしたり、雷の脇に小さく怖がっている人の絵を入れてみたり、ところどころに遊び心が詰まっている。
デザインは鷹觜麻衣子さん。
型紙を切ってあそぶ「もんきりがた」のサンプルもついているので、お正月に遊んでみるのもよし(こういうのは父親が大体上手い)。

私の好きなページはこちら。

b0141474_180814.jpg


ヘビメタバンドみたいで。

平凡社のサイトはこちら
www.heibonsha.co.jp
[PR]
by dezagen | 2010-12-24 18:02 |
ウツボムーン
ライター、渡部です。

アートディレクターの永井裕明さんから「ウツボムーン」なる冊子をいただく。

b0141474_1312213.jpg


和歌山県田辺市にある飲食店「ウツボムーン」の5周年記念冊子、とのこと。
16ページのホチキス閉じで、本当にちょっとした冊子、という感じだがデザインは永井さん、写真は藤井保さん、コピーは藤原大作さん、と贅沢なスタッフ。

b0141474_13162327.jpg


端が焼けたようなざら紙の印刷、赤と黒を基調にした大正風をアレンジしたちょっと80年代風な雰囲気。

飲食店「ウツボムーン」では、永井さんがチラシ、グッズに到るまで多く関わっている。
http://www.nginc.jp/works/utsubomoon/utsubomoon.html

ウツボムーン
和歌山県田辺市湊998-4
tel 0739-22-7356
[PR]
by dezagen | 2010-12-23 13:23 | グラフィック
文部科学省シンボルマーク
ライター渡部です。

ご存じの方も多いと思うが、2008年から使われている文部科学省のシンボルマークは勝井三雄氏のデザイン。
b0141474_2029850.jpg


デザインに関する詳細。
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/19/10/07103005.htm

取材するまでもなかったのがちっと残念。

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/19/10/07103005/001.htm

「シンボルマークに関する実績」という例が出ているのはなんとなくお役所っぽい。
[PR]
by dezagen | 2010-12-22 20:27 | グラフィック
CHAIR+、PROTOTYPE04
編集宮後です。
更新が遅れてしまいましたが、先週見てきた展示から。

AXISで19日まで開催されていた「SIDE 01  chair+(チェアプラス)」展。
デザイナー、建築家、編集者、ライター、プロデューサーで結成した
グループ「SIDE」によるデザイン展で、椅子をテーマにした作品を発表。

椅子そのものを展示している人、椅子=人が集まるところとして、
椅子+αな展開の提案をしている人など、椅子の解釈は人それぞれ。

b0141474_0481732.jpg

こちらは藤森泰司さんの椅子。人が座ると椅子自体が見えなくなり、
椅子自体の存在感が希薄になる作品。

b0141474_0483017.jpg

こちらは「1/100建築模型用添景セット」でも知られる
建築家、寺田尚樹さんの作品。添景セットと同じ要領で
ステンレスの薄い板をカットし、プラモデル的に組み立てたもの。
シルエットもきれいです。

「SIDE 01  chair+(チェアプラス)」展
(展示は終了しています)
http://www.sidedesign.net/more/



そのあと、東京ミッドタウンで開催されていた
PROTOTYPE 04 new action」展へ。
16組の若手デザイナーが製品化されていない
プロトタイプを発表する展覧会。

b0141474_049482.jpg

こちらはエントランスの壁面。
参加デザイナーのコメントと略歴が黒板風のフキダシに
書かれていて、見せ方も凝っています。

b0141474_051056.jpg

中に入ると、こんな感じで展示が。
プロトタイプ展なだけあって、
思考のプロセス、実制作で苦心した展などが
手書きで細かく書かれていたりして見応え十分。
やはりプロセスを見るのはおもしろい。

b0141474_0491766.jpg

b0141474_0493220.jpg

こちらは根本崇史さんの「Snow Dress」。
ラピッドプロトタイプとよばれる三次元立体形成システムを使い、
雪の結晶の形をしたアクセサリーを発表。

ラピッドプロトタイプは以前はかなり高価な技術だったのですが、
手が届く範囲になってきたようです。

b0141474_0494612.jpg

こちらはSIDES COREの「FRAMES」。
リボン状の金属をねじっただけで
椅子やテーブルをつくっている作品です。
ねじりの感じがすごくきれいで、しかも強度がある、
すばらしい作品です。今年のミラノサローネサテリテに出品され、
Design Report Awardを受賞しているので見た方も多いはず。

こちらの展示は、12月26日まで、東京ミッドタウン・デザインハブで開催。
ミッドタウンのクリスマスイルミネーションもキレイなので、ぜひ。
http://www.superprototype.net/
[PR]
by dezagen | 2010-12-20 01:27 | 展覧会 | Comments(0)
デザインが必要なところ
ライター渡部です。

先日、家の近所で見たもの。

b0141474_21565648.jpg


灰皿。
もう少し説明すると、この歩道の前には飲食店があり、室内では禁煙なのか(多分そうなんだろうと思うが)屋外で吸う人のための灰皿。
こういう、臨時的な、とはいえ不特定多数のための灰皿というのは、物々しい屋外用の灰皿をわざわざ購入するのも何だし、とはいえ、屋内用の小さいのでは、吹き飛んでしまうだろう、というようなそこら辺の中間地点として、適度に合うものを見つけた、のだと思われる。

見てお分かりの通り、ザルと植木鉢。100円ショップで買える。合計200円+消費税。
灰が散らばることもないし、吸い殻はすぐに捨てられるし、汚れても水道でザブザブ洗ってしまえばいい。

またもや想像だが、飲食店店主が「灰皿買わんと」とドンキホーテに行ったところ、本気の灰皿はやはり高い。そこで目についた植木鉢とザル。なんとサイズもぴったりだ。
「これでいいじゃん」と、「俺って天才」まで思ったかどうかは分からないが、かなり優秀なアイデアだ。

ここまではアイデア。こっからがデザイナーの出番。
植木鉢の浮き彫りみたいのが邪魔、ということもあるけれど、この秀逸な仕組みをきちんと製品化するプロセス、ここがデザインなのだと思う。

先日羽田に行った際、喫煙室の清掃の人とちょっとお話をした。
灰皿のお掃除はなかなか大変だ。
四角い金属の箱のような灰皿の、上の穴の開いた蓋を取り、吸い殻と灰とが交じった水の入ったバケツを取り出す。お掃除用品トローリーは、ミニキッチンか?と思うような大きさで、そこに汚れた水を流し、網で吸い殻を分ける。きれいな水をバケツに入れ、上の蓋をぞうきんで拭いて戻す。

もともとの灰皿が網状だったら、水はそんなに頻繁に替えなくても大丈夫かもしれない。
深さのあるザルであれば、灰がそれほど飛び散らないので、ぞうきんで拭く作業も省けるかもしれない。
吸い殻が見えるのがイヤ?
じゃあ、そこはもう少し改善の余地がある。

アイデアは町中にたくさんある。デザイナーが関与するスペースもまだまだたくさんある。
[PR]
by dezagen | 2010-12-18 22:27 | その他
デザインに騙された話
ライター渡部です。

デザインに騙された話、などと大げさなタイトルを付けてみたけれど、
「香港のパンの形が分からずに間違った」
が正確、かつ公平な言い方だろう。

b0141474_405225.jpg


この写真は数年前に撮ったものを引っ張り出して来たもの。昔ながらの香港のパン屋というのはこんな風なようなもので、特に○○パンなどとは説明なく置かれている。
「菠蘿包(パイナップルパン、日本のメロンパンに近い)」とか「雞尾包(ココナツ餡パン)」とか名前が付いているのだが、それぞれ独自の形をしているので、地元の人は見て分かる(具がはみ出しているので分かる、ということもある)。

香港独自のパンの名称などについてはこちらのサイトが詳しいのでご参照を。
http://www.hongkongnavi.com/special/5004646

今月初めに香港に行った際、好物の雞尾包を買ったつもりがココナツ餡がない。よく見てみれば、雞尾包に似ているのだが、目印のクリームで付けた二本線がない。ただのロールパンだったのである。ああ、がっくり。

考えてみれば日本も同様で、クッキー地が乗っているものはメロンパン、グローブ型はクリームパン、しぼんだラグビーボールみたいな揚げ物はカレーパンなど、記号化している。
昨今日本では名札なしで陳列というのはあまり見かけないけれど、それでもベーシックなものは名札を見なくても分かる。

香港で地元に愛され、しかもバンバン売れていくような店では、オーブンのトレイからそのまま陳列するのも珍しくない。名札を付けてるヒマもない。

b0141474_4474478.jpg


きれいに陳列されて、名札が付いている店で買えばいいじゃないか、と言う方もおられようが、やはり地元色バリバリの、飛ぶように売れていくパン屋のほうがいい。
[PR]
by dezagen | 2010-12-18 04:58 | その他
『木版画でかわいい雑貨』ポストカードプレゼント
編集宮後です。
『木版画でかわいい雑貨』本日発売になりました。

下記の書店、ネットショップで本書をお買い上げのお客様に
本に掲載した写真でつくったポストカードをプレゼント。
デザインはセキユリヲさんです。
b0141474_22461764.jpg

b0141474_22463260.jpg


ブックカバー ;アマゾン
水玉柄    ;紀伊國屋書店
ポチ袋    ;ジュンク堂書店
洋なし柄   ;その他の書店
小鳥と家柄  ;ブックファースト
クリスマス柄 ;丸善
バースデー柄 ;リブロ
ランチョン  ;青山ブックセンター

で配布中。カードがなくなり次第終了しますので、お早めに!
[PR]
by dezagen | 2010-12-13 22:47 | | Comments(0)
ハーマンミラーストア
ライター、渡部です。

内装をトラフ建築事務所と山野英之さんの高い山が手がけたというので、丸の内に出来たハーマンミラーストアのオープニングに、宮後さんと共に行く。

見所はこち…
b0141474_5205129.jpg


こちら…
b0141474_5212515.jpg


うーむ。人多すぎ。


---------------------------------------------------------------------
宮後追記。

こちらが全体写真。
b0141474_03453.jpg


TAKAIYAMA inc.による店内グラフィック。
デザイナーの言葉が記されています。
b0141474_035027.jpg


店舗デザインのポイントは床。
コンクリートの床に、
カーペットや木材が埋め込まれています。
でも、人多すぎで肝心の床が見えない....
b0141474_031720.jpg


ショップは、12月11日にオープンしました。
平日昼間にもう一度リベンジしてきます!
http://www.hermanmiller.co.jp/
[PR]
by dezagen | 2010-12-13 00:08 | インテリア