エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2011年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧
日本チャリティ ポスター Daniel Freytag
ライター渡部です。
日本チャリティのポスター、スコットランドをベースにするDaniel Freytagさんのポスター。

b0141474_10164792.jpg


B2サイズ、£45.00。
こちらを通して販売され、瞬く間にソールドアウト。
http://www.editionsof100.com/product/japan

「今回の日本の災害でみんなショックを受けていると思う。何か小さいことでもできないかと考え、「日本」とタイトルを付けたポスターを作りました。被災した人にとってはこの活動もとても小さいことだと考えています。支持してくれる人達、私達でなんらかの基金を作れればいいと思っています」

今回は紙をFenner paperのJustin Hobson氏が無料提供。http://www.fennerpaper.co.uk
収益金の4500ポンド(約60万円)がイギリス赤十字の東北関東大震災募金に贈られた。

Editions of 100はオンラインのギャラリー兼ショップ。運営しているのはクリエイティブスタジオBERGのADであり今回のポスター作成者である、Daniel Freytagさん。プリントなどを中心に、1アイテム100個限定で販売するというもの。

BERGのサイト
http://www.bergstudio.co.uk/

Thank you, Daniel and Justin!

今回の地震に関しては、チャリティ活動にしろ、募金の集まり具合にしろ、本当に人々の行動が早い。これにはデジタルメディアの威力を感じた。
実際に震災に遭わなかった人も、映像を見て「何かしたい」「何かしなければ」と感じる。その時の衝動は日々時間が経つにつれ、薄まっていくのが普通だが、デジタルメディアを通すことで瞬時に発表、行動を起こすことが可能だ。
募金を集めるのも銀行や自治体の建物に行かなくとも、ネットを通せばすぐに行える。
これが紙媒体や、イベントなどの実体を伴うものであれば、時間が掛かり、その時には「何かしなければ」という衝動は薄まっているのかもしれない。

とはいえ、このネット、デジタルメディアは電気がなければどうにもならないものである。今回の日本の震災は、福島原発が被災したこともあり「電気がないとどうなるか」を浮き彫りにしている。
また、電気の通じない、通じにくい地域においては、紙媒体が有効でもあるし、東京においては節電を叫び始めた当初、電気を使わない娯楽として本の可能性を改めて感じた人も多いようだ。

ここしばらくデジタル媒体と紙媒体はどのように役割を持っていくか考えているが、その指標がわずかながら見えてきたような気がしている。
[PR]
by dezagen | 2011-03-31 11:01 | グラフィック
日本チャリティ Tシャツ MOMAKON
ライター渡部です。

日本チャリティのグラフィックシリーズ、こちらはトリノ在住イタリア人のデザイナー、イラストレーター、マンガ家のMOMAKONこと、Alessandro BiolettiさんのTシャツ。


b0141474_15314331.jpg
b0141474_15312316.jpg


Biolettiさん、実は大変に日本語が流暢、質問にも日本語で答えてくれた。

「このキャラクターは元気に瓦礫から出てきています。
この三人は、ここ数日外国人が描く日本人のイメージです。
老人もお母さんも軍隊(レスキューの人とか)、色んな人が、みんなと一緒に力を出して、建物を再び建てる、早く日常生活に戻る為に頑張っています。
これが終わりではなく、これから進むよ、と言う気持ちでこの作品を描きました。
日本人は本当に何回も僕を助けてくれたので、今回は僕が日本人を助ける機会です。
小さい事で申し訳ないですが、Tシャツで援助してみようと思います」


Tシャツのサイズ、素材、長袖半袖などは選べる仕組み。12.99米ドルから。詳細はこちらで
http://www.zazzle.com/頑張れ_日本_fight_japan_tshirt-235472227075276256

Alessandro Biolettiさんのサイト
http://www.momakonsite.tk/
http://momakon.exblog.jp/

Grazie Alessandro!
[PR]
by dezagen | 2011-03-29 15:43 | グラフィック
日本チャリティ ポストカード Eloise Rapp
ライター、渡部です。

日本チャリティーシリーズ、ポストカードという方法も。
こちらは東京とシドニーをベースにするテキスタイルデザイナー、Eloise Rappさんのポストカードセット。
相当趣味いいですな。

b0141474_10364579.jpgb0141474_10363655.jpgb0141474_10362519.jpgb0141474_1036172.jpgb0141474_1036610.jpgb0141474_10354860.jpg


6枚セット 8オーストラリアドル 収益金はすべて日本赤十字に寄付される。現在およそ1000オーストラリアドルが集まったそう。

詳細はこちらで
http://mytokyo.bigcartel.com/product/save-japan-red-cross-donation-postcard-series

Rappさんのサイト
http://mytokyoguide.carbonmade.com/ 

http://catkinandteasel.blogspot.com/

Thanks Eloise!
[PR]
by dezagen | 2011-03-29 04:31 | グラフィック
日本チャリティ ポスター Linda Yuki Nakanishi
ライター渡部です。

デザイナーやアーティストによる日本へのチャリティは、Tシャツだけではなくポスターなどの方法もある。
日系カナダ人のLinda Yuki Nakanishiさんは、3枚のポスターを作成。

b0141474_8241853.jpg


左のポスターは日本人の回復力を表したもの。泥の中から生まれ、太陽に向かって伸びていく蓮華は生、再生のシンボル。
中央は自然への敬意を表したもの。津波のように破壊的な力もあるが、自然が起こす力はどこにいつ起こるとも限らない。
右は地震発生当初、福島第1原発に残って作業を続けた50人の作業員への敬意を示したもの。

アートワークを販売するコミュニティサイト、Society6を通して販売。
http://www.society6.com/studio/nakanishi/store
ポスター(8×10インチ 20米ドル〜28×36インチ 49米ドル)、キャンバス仕様、iphoneケース、iPhoneステッカーのバリエーション。
収益金はすべて、カナダ赤十字を通して被災者のための義援金に使われる。

詳細についてはこちらで
http://quirkylotus.com/category/help-japan-posters/

Thanks Yuki-san!
[PR]
by dezagen | 2011-03-27 10:37 | グラフィック
日本チャリティ Tシャツ James Kamo
ライター渡部です。
チャリティティシャツシリーズ。3つめ。

こちらはアメリカカリフォルニア生まれ、現在イギリスコーンウォルのUniversity College Falmouthでスポーツウエアデザインを学んでいる、James KamoさんのチャリティTシャツデザイン。



Japan and Pacific Relief T-shirt Challengeの一環で、売上100%がアメリカ赤十字に寄付される。
http://causes.threadless.com/japanrelief/submission/1469/
(補足:Japan and Pacific Relief T-shirt Challengeの企画では、Kamoさんのデザインは落選。この企画については http://blog.excite.co.jp/dezagen/15110437/ を参照して下さい )

「2日間民家の屋根につかまって漂流していたところを助けられた新川広光さんをモチーフにしたもの。僕は海外にいるけれど、日本に親戚もいる。出来る限りのことをしたい」とのこと。

Kamoさんのサイト
http://www.scosurfing.com
http://www.jameskamo.com/

このイラストに関しては賛否が分かれるようだ。概ねポジティブに捉える人が多いらしいが、震災を楽しそうに描いていいのか?という声も上がっている。
むろんKamoさんが震災を茶化しているわけではない。
今回私がチャリティのTシャツを紹介したいと思ったのは、こうした日本支援の活動を広く知ってもらうことと同時に、海外から見て、今回の震災はどう見えるのか、日本はどう見えているのかを知るためでもある。ある程度選んでいるが、なるべく幅広く紹介していきたいと思っている。

Thanks James!
[PR]
by dezagen | 2011-03-26 22:40 | グラフィック
日本チャリティ Tシャツ Impress Ink
ライター、渡部です。

日本へのチャリティTシャツ、こちらはアメリカフロリダでTシャツなどにプリントを行っている会社、Impress Inkから。
http://impressink.storenvy.com/collections/21091-love-to-japan-earthquake-tsunami-disaster


b0141474_221969.jpg
b0141474_2205442.jpg



収益金の半分、15米ドルのうち7.5米ドルを赤十字に寄付。デザインは会社社長のMichael Cho氏。

Thanks Michael!
[PR]
by dezagen | 2011-03-26 22:01 | グラフィック
日本チャリティ Tシャツ Matt Spangler
ライター渡部です。

今回の東北関東大震災を受け、海外から様々な応援がなされている。
デザイナーはポスターやTシャツのグラフィックなどで応援の声を形にしている。
無名有名に限らず、そのいくつかを紹介していきたい。
(この紹介シリーズ、デザインの現場webのほうから引越しました)

こちらはサン・ディエゴ在住のイラストレーター、Matt Spangler氏のチャリティーTシャツ。



Spangler氏のブログサイトでイラストレーションを紹介したところ
http://www.mattspangler.com/2011/03/11/take-care-japan/
好評だったため、Tシャツを作成。売上はすべてアメリカ赤十字に募金するとのこと。
「僕はロボットが好き、日本が好き。日本ほどテクノロジーが詰まっている国はないから、ロボットがハグして、守って、日本を回復させてくれるというイメージ」

Tシャツはすでに売り切れ寸前、らしいが、入手先はこちら。25米ドル+送料。
http://store.littlelunarc.com/product/take-care-japan-charity-shirt

Thanks Matt!
[PR]
by dezagen | 2011-03-26 21:47 | グラフィック
日本 チャリティ Tシャツ
ライター渡部です。

今回の地震は海外でも大きく報じられ、直後よりデザイナーやアーティストによるチャリティも数多く行われている。

(本文とは関係ありませんが、余震が多いのも今回の地震の特徴なのでしょうか、とにかくパソコンに向かっていてもしょっちゅうゆらゆら揺れるのが困ります)

「これ誰」ブログの姉妹サイト、というか、本家サイト、デザインの現場web http://dezagen.net/ の「デザイナーズニュース」では、デザイナーやアーティストのTシャツ他、グラフィックの提供によるチャリティ活動を紹介していく予定。
すでに、2つの事例を紹介しているのだが、ブログとwebmagの若干の違いというかニュアンスというか、ブログ、facebook、twitterなどは、ニュースの提供者から「リンクしてOK」というのが多い割には、きちんと許諾を得て掲載、となると比較的時間が掛かってしまう。
デザインの現場webのほうでは、許諾を得、情報を得たものを紹介しているゆえ、ややタイムラグが発生してしまうのが辛いところ。

私自身の備忘録としても、こちらにまずリンクを貼っておこうと思う。

まずは、ラルフローレン
http://www.ralphlauren.com/frontdoor/index.jsp?ab=redirect

アイアンメイデン様
http://www.ironmaiden.com/index.php?categoryid=8&p2_articleid=1333

キース・リチャーズ様

http://www.keithrichards.com/Store/Product.aspx?id=SC000297-BLK&category=JapanRelief


Snoop & Neff様
http://www.neffheadwear.com/help-japan.php

こちらは救世軍用(?)のデザイン
http://www.merchline.com/thesalvationarmy/categorydisplay.4972.c.htm

チャリティTシャツデザインコンテスト
http://middleeasy.com/index.php?option=com_content&view=article&id=4112:enter-our-design-a-shirt-save-japan-contest-100-profit-going-to-the-save-the-children-charity&catid=34:organizations


Tシャツデザインコミュニティサイトによるチャリティ特設サイト
http://causes.threadless.com/japanrelief/

オンラインマーケットZazzle の救済支援サイト
http://www.zazzle.com/japanrelief

hide & seek clothing チャリティ T シャツ
http://hideandseek.bigcartel.com/product/relief-tee

Tシャツプリント屋さんImpress Ink
http://impressink.storenvy.com/collections/21091-love-to-japan-earthquake-tsunami-disaster

タイの方からいただいた情報。現在調査中。
http://www.daco.co.th/thai/item/15419

グラフィックじゃないけど、22億円も集めてくれた台湾のチャリティイベントもあった。
http://believe.cts.com.tw/index.html

大小様々、地域も様々なところで日本応援中。
詳細情報と、掲載許諾をもらい次第、デザインの現場webにアップ予定。

読者の皆さんも、何か情報を見つけたら是非、こちらへ。
って、ブログ用公式連絡先がないので、ツイッターでどうぞ。

http://twitter.com/chiharuwatabe
[PR]
by dezagen | 2011-03-25 03:57 | グラフィック
DESIGN IN SCANDINAVIA
ライター渡部のほうです。

50年代、アメリカで北欧デザインブームが起こった、その1つのきっかけだったのが『DESIGN IN SCNDINAVIA』という展覧会。
デンマーク、フィンランド、ノルウェー、スウェーデンの4カ国から選ばれたデザインが、アメリカを巡回し、当時盛り上がりを見せていたグッドデザインのムーブメントとも相乗効果で人気を広めていったというもの。

当然見たことがなかった展覧会だが、なんと、本日古本屋でカタログを発見。
(実際に箱から見つけたのは上條桂子さんですが)

b0141474_19174994.jpg


感激!
[PR]
by dezagen | 2011-03-20 19:18 |
かみの工作所の本1
編集宮後です。
昨年末から準備していた、かみの工作所の本ができました。
3月末の展覧会にあわせてつくったものですが、
展覧会自体は4月に延期されるようです。
http://www.kaminokousakujo.jp/exhibition/index.html

かみの工作所とは、印刷加工会社 福永紙工とデザイナーが
紙の可能性を追求するプロジェクト。
2006年から始まり、今年で5周年を迎えます。
今までに20組近いデザイナー、建築家が参加し、
その中から約30種類の製品が誕生しました。

この本では、そうしたかみの工作所ができた経緯、
活動の様子、製品紹介、製品開発の裏側などを紹介しています。

ブックデザインは、かみの工作所ディレクターでもある
デザイナーの三星安澄さん。本の仕様やデザインなど
細かく相談しながら進めていきました。

こちらは見本が届いてすぐ撮った写真。
もったいなくてまだ組み立ててません。
b0141474_365785.jpg

b0141474_371384.jpg


本は折ごとに紙を変えて糸かがりに。
付録は、横山裕一さんにお願いして漫画を使わせていただいた
特製めいしばこ、限定柄のかみめがね、新製品うみの白黒動物の3点。

めいしばこ(写真左下)は、1枚の紙を折るだけでできる名刺入れ、
かみめがね()は、小さな穴から除くことで本物の眼鏡のように見える紙製めがね
白黒動物は、1枚の段ボールを切り取り組み立てるとできる立体動物です。
どれも楽しいので、ぜひ切り取って組み立ててみてください。

-------------------------------------------------------------------------------
『かみの工作所の本 
 紙の可能性を追求するデザインプロジェクト』

A5判72ページ、特製ケース入り
特別付録3点:横山裕一版特製めいしばこ、
特別限定色かみめがね、うみの白黒動物付き

本文用紙:
表紙:バトラー
中頁:(最初から順に)OKトップコート、
   キャピタルラップ、MTA+ −FS、OKいしかり、
   アドニスラフ、N地券紙

著  者:かみの工作所
監  修:萩原修
デザイン:三星安澄
発  売:美術出版社
発売日 :2011年3月28日
定  価:本体1800円+税
-------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by dezagen | 2011-03-19 03:14 | | Comments(0)