エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2011年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
バンコクから LUXX at Silom
ライター渡部です。

今回のバンコクでは、(いつになるか分からないけど)自宅改装の参考になるようなインテリアのホテルにしよう、と決めたのがこちら、LUXX at Silom http://www.staywithluxx.com/

b0141474_11281695.jpg

(着いてすぐ、早朝に撮ったもの。写真がブレブレなんですが、撮り直すまで当座こちらで)(後記:取り直すチャンスを逃しました。すいません)

ウェブサイトの写真を見て決めたのだけれども、実際泊まってみるとかなりいい。
b0141474_11304100.jpg


b0141474_11294848.jpg


33平米で、天井も割と低めにもかかわらず、圧迫感がなく、ゆったりとしている。
ベンチ風に作った収納部分など無駄な装飾やでっぱりがなく、直線的にきれいにまとめていることや
チーク材を中心として渋めの色合いと柔らかいライティングの妙。
また、壁一面をガラスにし、その向こうに小石を敷いた小さなバルコニー(出れないんだけれど、窓は開く)が見えることで、視覚的な抜けがある。

b0141474_1134532.jpg


こちらは別の部屋。やっぱり、窓の向こうに小さくとも庭のようなスペースがあることで、すっと抜けた感覚。

斜めのガラス壁などで、隣のお部屋が見えそうなものだが、そこは柵を設けたり、窓に付ける格子の角度、幅を工夫し、他の人の部屋は見えないように工夫されている。

5階建ての建物に13室のミニホテル。周辺は新宿のようなビジネス街だが、少し中心から離れて静かな通り。ミニキッチン付きの部屋もあり、ホテルというよりは仮の自宅風の過ごし方ができる。

内装のデザインは誰が?と聞いたところ、ホテルのオーナー兼支配人のDusadee Srishevachartさん自身の設計だという。
聞けば建築学科卒。その後経営学を学び、IT企業に勤めた後、このホテル経営に着手。2006年にオープンした。
b0141474_11444471.jpg


「以前は自宅だったんです。引越して10年以上使っていなかったので、ホテルとして使うことにしました。ミニマルでシンプルなインテリアにまとめ、落ち着きのある木素材を多く使っています。主にチーク材なんですが、木材始め内装素材の9割はタイの国産で、新しいタイらしさを考えたんです。むろん環境に配慮した意味もあります」

ユニークなのは木のバスタブ。

b0141474_11513629.jpg


「インテリアが木材中心だということと、物理的に木のバスタブのほうが軽いということもあって、採用しました。毎日清掃をきちんとしてるので、カビやぬめりはないですね。1度、板の継ぎ目から水が漏れたことがありましたけど(笑)、すぐに修理しました。
バスタブだけでなく床、壁の木材のメンテナンスは非常に気を使っていて、1年に1回やすりをかけ直し、表面の加工をし直しています。私自身手がけた初めてのホテルだったんで、お金を掛けすぎましたね(笑)。維持費が掛かりすぎるんで、2軒目のほうは木のバスタブはやめてます」

お手頃価格なのに贅を尽くしすぎたホテル、というのは経営的に見るとNGなのだろうが、泊まり客の立場からすると最高。
Dusadeeさんの場合、経営やマネージメントの知識があるからこそ、ホテル経営ができるのだが、それ以前に建築を学んでいること、コストより先に、人が住んで心地良いかどうかを優先して作っているからこそできたホテルだ。
[PR]
by dezagen | 2011-06-28 12:08 | インテリア
バンコクにて ango工場見学
ライター渡部です。
ただ今バンコクにおります。

本日は、主に照明器具を作っているango http://www.angoworld.com/house.html の工場見学に行ってきた。

angoはイギリス人のデザイナー、アンガス・ハチェソンさんが2003年に設立。製品は繭やラタンなど現地の素材を使い、有機的なフォルムが特徴的だ。
有機的というのも、ひとつひとつ機械ではなく、職人の手によってつくられるため。

b0141474_2141779.jpg


後ろ姿で失礼。左がアンガスさん。右がデザイナーのアオン・ベンジャマパさん。

b0141474_2142153.jpg


作ってます。

b0141474_2144574.jpg


ハンダ付け。この製品だとハンダ付けするジョイントが1000とか2000とか。気が遠くなりそう。
1個作るのに大体1週間ほど掛かるとのこと。

b0141474_21474774.jpg


b0141474_21492810.jpg


ラタンとか、繭から出て来る絹糸のふわふわとか。
意外だったのは、こうした手作り感のある作品が、CGモックアップで作られていること。
もちろん最初はデッサンや手による実験から始まるのだが、製品にする前にはかなりしっかりした製図を作っている。

b0141474_21521555.jpg


この工場、倉庫部分はかなりがらーんとしている。
売れ売れなので、ストックを置いておく時間がないそうだ。
すごい…。
[PR]
by dezagen | 2011-06-27 21:54 | デザイナー紹介
木住野彰悟「HANDMADE GRAPHIC」展 @btf
ライター渡部です。
先日、糸で綴じられた素敵なDMがやってきました。
開くと富士山のポスター。

「あら、何かしらこれ?」とよく見たら、6D 木住野彰悟さんの個展案内。
木住野さんといえば、金曜日に大学でご一緒する木住野先生じゃないですか!
というわけで、ご本人にDM持ってもらいました。

b0141474_2234395.jpg


この状態でDMが届きました。
畳まれたポスターと、情報の書いてある紙(白い部分)が、糸で綴じられています(左側)
開くと、こんな感じ。

b0141474_22345996.jpg


「日常にありふれたモノを切り取り、再構築する」
をテーマに、ハンドメイドによるグラフィック作品を展示、とのこと。
どんなものなのでしょう。まだ私には想像ができません。糸っぽいのかな。

で、ポスターの写真、木住野さんに送ってもらいました。これだと富士山だと分かりますかね。
b0141474_2026579.jpg


さらにクローズアップ。
b0141474_20273879.jpg

糸だらけ。

木住野彰悟「HANDMADE GRAPHIC」展
2011年7月1日(金)~7月31日(日)
定休日:月曜日・祝日 営業時間:11:00~19:00 お問合せ先:03-5144-0330
@btf 東京都中央区勝どき2丁目8−19

詳細はこちらで。
http://www.shopbtf.com/at/tenran_handmade.html
[PR]
by dezagen | 2011-06-24 22:38 | 展覧会
渡部千春の大学生活
ライター渡部のほうです。

ちょっとブログをご無沙汰しておりました。

今年の春から東京造形大学の専任講師になり、かなり生活が変わりました。
非常勤では、阿佐ヶ谷美術専門学校で「デザイン史」の授業を担当して5年目なので
いい加減先生業も慣れてるのかと思われそうなところですが、全然。
日々の授業準備に追われる毎日。

ライターと先生業は、基本的には、調べて(取材も含め)、図版を集め、言葉で伝える、というところは同じ。
とはいえ、成果物はライターの場合、文字を中心として雑誌、書籍、ウェブなど。
授業の場合は、図版と喋りを中心として、keynoteにまとめる。
という違いはあり、とりあえず1週間90分の授業×3コマ担当は声が枯れるので、のど飴を買おう、というところまでは学習しました。

他にも色々色々、新しい生活の発見があるのですが、それは追々。

ちらっと職場をお見せします。
b0141474_1654483.jpg


グラフィックデザイン準備室というところで、授業の合間に先生達がやってきて雑務をしたり、生徒さんがやってきて個別の相談に乗ったりする、いわばサロンです(という解釈でいいんだろうか…)。
左からグラフィックデザイナーの木住野彰悟さん、テーブルを挟んで美澤修さん、小島利之さん。
いつもは取材をさせてもらう、デザイナーさんに毎週会えるってすごいことです。
こんなナイスなメンズと一緒に仕事してるんですってば、私!フフっ!

木住野さんの後ろにいるのは大学院生(私の仕事を手伝ってもらい中)と奥にいる二人はいつもいつも私の仕事をサポートしてくれる頼もしい助手君2人です(他にもう1人可愛い女子がいます)。

「のんびりしてるなあ」と思われるかもしれませんが、これは授業の合間。
10分終わると、それぞれの戦場(授業)へと向かう、それまでの甘美な一瞬を味わっているところなのです。
[PR]
by dezagen | 2011-06-20 17:08 | その他
SHIBAURA HOUSE
編集者の宮後です。
先週、田町にできたSHIBAURA HOUSEの内覧会に行って参りました。

SHIBAURA HOUSEとは、新聞広告などの製版を行う会社、
広告製版社の新社屋兼地域の人たちのコミュニティスペースとして
7月から稼働する建物です。妹島和世さんが設計したと聞き、
いそいそと見に行ってきたのでした。

外観はこんな感じ。
b0141474_2522510.jpg

b0141474_2523673.jpg

b0141474_2524970.jpg


写真の網が貼ってあるところはもろに半屋外になってます。
網と網の間に隙間があり、子供が落ちそうで怖かったです。

フロアごとに仕切るのではなく、半屋外スペースを取り入れながら
1階から5階まで入れ子状にゆるやかにつながる構造の建築です。
柱は細く、三方の壁面は全面ガラス貼りでした。
エレベーターなど電気系統は中央に集められています。

1階は自由に出入りできるコミュニティスペース。
ランチを食べたり、wifiで仕事したりもできるそうです。

広告製版社のオフィスが入るワンフロアをのぞき、
基本的には地域に解放していこうという方針だそうで、
ワークショップやイベントなどの積極的に使ってほしいそうです。
人が集まると全然違う表情を見せる建物なんだろうなと思いました。

中の写真も撮ってきたのですが、施行中だったので掲載は控えます。
だいたいの感じはこちらのサイトをご覧ください。
http://www.shibaurahouse.jp/information/

6/17-18にオープンハウスがあるそうなので、気になる方はどうぞ。
参加自由だそうです。

現地/東京都港区芝浦3-15-4
JR田町駅から徒歩5分くらい
[PR]
by dezagen | 2011-06-08 02:56 | その他 | Comments(0)
スパイラルのオリジナルブランド「+S」新製品
編集者の宮後です。
先週金曜日まで、青山のスパイラルマーケットで
+Sフェアが開催されていました。

+Sとは、スパイラルマーケットが独自に開発した
オリジナルプロダクトブランドの名称です。

今回のフェアではいくつか新製品が発表されていました。
http://www.spiral.co.jp/f_guide/market/blog/market_diary/sms_vol219s.html

こちらは、高橋正実さんがデザインしたアイテム、
「MAKE A HAND」(上)と「MAKE A LETTER」(下)。
(写真提供:MASAMI DESIGN)

b0141474_10245441.jpg

「MAKE A HAND」は取っ手をペタっとはりつけることで
持ち手になったり、ラッピングになったりと
いろいろな可能性が生まれるツール。

b0141474_1025131.jpg

「MAKE A LETTER」のほうは1枚の紙を折るだけで
手紙や封筒としてそのまま送れるプロダクト。

どちらも何気ないアイテムですが、
デザインの可能性、コミュニケーションの楽しさを
感じさせるプロダクトです。

お買い求めはスパイラルマーケットでどうぞ。
[PR]
by dezagen | 2011-06-06 10:25 | プロダクト・パッケージ | Comments(0)
トラフのフェア
編集者の宮後です。
先月末から青山ブックセンター本店で、
トラフフェアが始まっています。

入口はいってすぐのスペースをいただき、
トラフ&かみの工作所スタッフの皆様と
ディスプレイをしてきました。
b0141474_13224764.jpg


奥にあるポスターは、今回の本のデザインをしてくれた
TAKAIYAMA inc. 山野さんによるものです。
(山野さんは、「これ誰」のアートディレクターでもあります)

新刊『トラフ建築設計事務所のアイデアとプロセス』のほか
『空気の器の本』『かみの工作所の本』などの書籍、
空気の器、tapehookなどのかみの工作所製品もあわせて
販売しています。

tapehookがものすごい勢いで売れていてうれしいのですが、
本も売れるといいなあ...と密かに念じてします。
フェアは6月14日までです。
よろしくお願いいたします。
[PR]
by dezagen | 2011-06-04 13:24 | イベント | Comments(0)